検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

Twitter→https://twitter.com/tokyonomadclub

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2018年03月30日

主力としての責任w

おはようございます、アントレです!

今日もお天気最高〜!
本日は2017年度最後の営業日ということで、皆さん、お疲れさまでした!
来年度も本業に副業にガンガン行きましょう!

さて、今日の日経1面トップですw
IMG_20180330_083427.jpg

再エネ 主力に
2050年戦略 原発比率示さず


先日も同じような内容を記事にしましたが再び1面TOPで再登場ですw

政府は2050年までの政策の方向性として、再エネを主力にすると明確に定義するようです。

「パリ協定に基づく脱炭素社会に向け、太陽光などの再生可能エネルギーを主力電源化する方針を明記」

いやー、中々いいですね〜w

今まで、当ブログは、この日本のイケてない原子力政策を敢えて痛烈に批判し、再エネをガンガン推進することで、きっと未来の子供たちに資するクリーンなエネルギー環境が構築できるのでは?というスタンスで運営を進めてまいりました。

原子力政策の闇を知れば知るほど毎回毎回憤りを感じつつ、いわゆる一般国民の無関心さは低俗なマスコミ(特にテレビ)によるブレインウォッシュであると、マスコミにもその批判の矛先は向いてしまっておりました。

それと同時に、やはり、日本も捨てたもんじゃないですね。と感じてきているのも事実でして、例えば小泉元首相や自民党の河野太郎、原発に猛反対する知事さんのような、良識のある政治家がいたり、東京新聞さんのように原発の闇をしっかりと補足・報道しようとしている一部マスメディア、そして何より、全国に散らばっている反原発のオジサンたちの草の根活動等々、当方のアンテナが経てば経つほど、実は原子力政策に対して同じような憤りを感じていらっしゃる方が一定量いらっしゃって、そのエネルギーは福島の事故の経過とともに衰退するどころか、むしろその勢力は拡大していっているように感じてしまっております。

ということで、これら活動家の皆さんと継続して反原発の活動に力を入れて行きたいと思う一方、もう、原子力政策や産業は衰退の一途をたどっていくことは、どうやら、放っておいてもそーなっていきそうな感じがしてきました。

つまり、原子力ムラの解体、という時勢が、刻一刻と近づいてきているのではないでしょうか。

少なくとも、彼らにはこの状況を打開するだけの知能は存在していないことは明白です。

ということで、何が言いたいかというと、主役の交代です。つまり、再生可能エネルギーが主役となって日本のエネルギー政策をけん引しないといけない時代がやって来てしまいました。

その再エネの中でも主役は明らかに太陽光w

皆さん、追い付け、追い越せの時代はどうやら終焉する模様ですw

これからは日本のエネルギー政策の主力として、けん引する側として責任をもってこの発電事業に取り組んでいかねばなりません。

日本の再エネ事業はマダマダ生まれたばかりです。

FIT期間中はもとより、FIT終了後も含めて、全てが勝負と捉え、発電家として日々研鑽していいくくらいの気概で進めて行きたいですね!

引き続きよろしくお願いします〜!

PS. このムーブメントw ということは、ということはですよ〜、金余りの金融機関の融資姿勢も変わってくる可能性大です。なにせ国策、主力電源、世界の潮流と、ポジティブ要素ばかりですしね。逆にコレに乗ってこない金融機関は単なるバ〇という感じですね。

応援クリックもお願いします〜!
不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7493533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック