検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年03月12日

借入で太陽光をやると不動産投資に影響が出る件

ども、アントレです〜!

今日もオアフ島はお天気最高〜!
カイルアビーチというとてもキレイなビーチに行ってまいりましたw
IMG_20180310_142807.jpg
IMG_20180310_142804.jpg

いやー、海がキレイすぎてため息が出ちゃいますね。

さて、今回の記事は、最近読者さんからチョイチョイ質問が出る件です。

「太陽光を信販や銀行から借り入れると将来の不動産投資に影響が出ますか?」

お気持ちわかりますw

アントレは不動産→太陽光の順で買い進めましたので、不動産投資は普通に無風でやれて来ました。一方、その後の太陽光は信販を中心に買い進めてきましたが、信販は単純に個人の属性しか見て来ず、銀行からの借入は重要視しませんので、こちらもほぼ無風でグイグイ総額で1億以上借り入れに成功してきました(これはこれでやりすぎですが(笑))。

で、質問は太陽光→不動産の順の場合はどうなるか?

ですが、結論から言うと、短期的には影響アリ、中長期的には影響ナシ

かなと思っています。

ココでポイントとなるのが、実績、です。

まずは短期的のお話をしましょうw

例えば年収1000程度の方が過積載の低圧太陽光5基の購入に成功した場合、1500万×5基ということで、7500万の信販/銀行の借入が発生してしまいます。

不動産の一般的な信用枠というのはご年収の10倍が目安と言われています(50倍程度にする技もあるんですがここでは割愛)。

ということで、前述の人はご年収の10倍、1億に対して既に7500万の借入があるということで、不動産投資したくとも、2500万程度の枠しかなくなってしまう。ということになってしまいます。

まぁ、金融機関によって考え方が違う部分もあるのですが、多かれ少なかれ、影響が出ると言えば出る。ということになりますね。

では、中長期的にはどうでしょうか?

金融機関は前述の通り、実績、というものを重視しますw

2,3年も経てばそれぞれの発電所の売電実績が積み上がってきますので、その売電実績を、実績、つまり、ご年収への加算要素として見てくれる可能性が高くなります。

加えて、2,3年間、確実に返済を遂行してきた部分も、実績、として見てくれます。金融機関にとって返済実績はとても大きな要素です。

ということで、前述の例で5基購入であれば、売電収入は年間約1000万。コレを実績として年収1000万に足されるので、この方は年収2000万分の枠を持っている形になります。

ということは2000万の10倍ということで与信枠は2億w

その内、7500万は使ってしまっているので、残りは、1.25億。というような感じになっちゃうんですよね〜!

ということで、中長期的には影響ナシ。というか、いい意味で影響アリって感じになっちゃうんですよね〜

太陽光は国策で絶対に(ちょっと言い過ぎ(笑))逆ザヤにならないというのがミソです。かぼちゃの馬車ではこう上手くは行きませんw

以前より記事に書きまくってきてますが、アントレは不動産は2022年問題が非常に深刻になってくると思っており、不動産投資をやるなら、最低でも3年後以降と考えています。

おや? 

今から太陽光をやって、実績を積み上げるのにはまさにドンピシャなタイミング!!!!

今は太陽光にアクセル全開で、3年後くらいに狼狽売りの不動産に与信枠いっぱいに投資して、晴れて卒業!勝利の美酒に浸る。という必勝パターンが見えてきましたね〜w

ということで、皆さん、いつもワンパターンで恐縮ですが、ガンガン行っちゃいましょう〜!

PS1. 住宅ローンについても同じような感じですが、直近で実需購入をお考えの方は早めに住宅ローンを組むことをお勧めします。上述の通り、短期的には信用棄損により、2,3年住宅ローンが組み辛くなってしまう可能性もあります。

PS2.上記はあくまでアントレの経験則です。銀行や支店、担当者によって考え方は大きく変わってくる部分がありますのであくまでご参考としてお願いしますね。

不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7422290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック