検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年03月09日

太陽光業界の今後!

こんにちは、アントレです!

これから羽田にGOです〜!

さて、昨日は太陽光業者さんとの呑みでしたw

ある意味、プロ同士呑みw

いやー、盛り上がりました〜

挙がったトピックをいくつか。

FITが終了したら業者はどうするか?
これは業者にとっては死活問題です。死活問題。。。でも、本当に死活問題でしょうか?40円FITは15年後に終了します。FIT終了をチャンスと捉え、15年後にバタバタするのではなく、今から新しいソリューション、考え方をもっとかんといけませんね。FITに甘える業者は生き残る術はなくなりますw

FIT終了後のソリューションとは?
発電所を買い取ってその瞬間の最新の技術、仕組みを導入して洗い替え。新しい発電所としてリニューアルさせる等のOPPはいくらでもありそう。スキームレベルでは今から準備せんといかん。また、太陽光発電所を単に作って売る、というアクティビティだけでなく、再エネを取り巻く色々な取り組みに積極的にチャレンジしていくべしw

その間に出来ることは?
既存発電所のパワリング等、日本全国に散らばった発電所に対するコンサルテーションが1つのキーとなる。業者は単に売るだけではなく、既存発電所の効率化をコンサルするようなコンサル会社になるべき。全国には何万件という発電所があるわけで、そのオーナーすべてを顧客と捉え、発電効率UPコンサルのような取り組みが出来たら、ヒット間違いなしw

今やれることは?
後から増設は禁止になっている。18円であっても蓄電池前提で過積載500%とか、敢えて高めに申請をする等、今から工夫をしておくべし。パネル90Kw前後等、いわゆる普通の過積載発電所を申請してしまっては時すでに遅しとなる。あらかじめ低圧200Kwとか300Kwとかの発電所をいくつか申請しておくなど、業者も先進的な取り組みにパイロット検証、先行投資すべし。また、角度可変式架台を導入して年に4回の角度調整でお金を頂く等、発電所も業者も需要家もwinになるような施策に注力すべし。キーワードは、蓄電池、可変式架台、オプティマイザー、ストリングスの再構成、等。既存発電所の過去の発電実績を分析し、トータルで発電量UPできる、コンサルテーションのようなものが絶対に受けると思われるw また太陽光業界全体はもっともっと世界のコスト競争にさらされるべきで、その先陣を切って徹底的なコスト削減を行い、18円でも利回り一律12%とかの商品を提供できる業者が現れるべきである。10%あたりで利回り調整している場合ではないw

いやー、上記はその一端ですが、業界の表話、裏話等、イロイロ盛り上がっちゃいまいた〜!

アントレは卒業サポートと称して太陽光購入支援のコンサルをやってますが、恐らく来年あたりは既存発電所に対する発電効率向上コンサル(成功報酬型)みたいなことをやってしまいそうな予感がしていますw

皆さん、その際はよろしくお願いします〜!!!

不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7410932
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック