検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年02月04日

【結果分析】太陽光 発電能力アンケート

おはようございます、アントレです〜!
ようやく、お受験戦争が終戦となりました〜!

これで肩の荷が少し下りた感じです〜

さて、以前皆さんにご協力いただいた、太陽光発電所の発電能力のアンケート結果を分析してみたいと思います。

太陽光 発電能力アンケート


結果として、34件のデータが集まりました!
アンケートにご協力いただきました皆さん、ありがとうございました〜!

ということで、結果ですw

アンケート.png

フムフム。おさらいですが、データは2017年1年間のパネル1Kwあたりの発電量(年間合計発電量をパネル容量で割り算した数字)となっています。

以前記事にした通り(ここをクリック)、アントレの発電所で一番成績が良かったのが鹿児島の発電所で、その値は1284.5kwでしたw

で、皆さんの回答の結果で一番多かったのは、

4: 1200〜1300Kw未満 9件(26.5%)
5: 1100〜1200Kw未満 9件(26.5%)

となっており、全体の50%以上を占めておりましたw

まあ、このレンジであれば、平均的な発電所ということが確認できると思います。

で、気になるのが、上記1,2,3ですねw

No1の方が1つ、以下のコメント頂いているのですが、恐らく計算方法がちょっと間違っちゃっているようでして、年間の発電量÷パネルの容量とはなっていないようです。

「1年間で27万5千円発電します。1KWあたり38円ですので、7236KW発電します。」

ということで、このデータは対象外として、もう1件の方はコメントなしでしたので、今回は分析対象とはしないこととします。

次いでNo2(1400〜1500Kw未満)です。

こちらも2件のデータを頂きまして、1件のコメントがありましたw

「ソーラーフロンティア 48.96kwオムロン 44kw真南 20度 長野県」

まあ、シンプルな話として、長野県にソーラーフロンティアとオムロンで20度架台の構成される発電所は買いかもね、というお話かもですねw

続いてNo3(1300〜1400Kw未満)です。

埼玉北部、Qセルズ(低圧77.2kw)、架台30度、他5設備あるが同程度
群馬県、ソーラーフロンティア(73.4KW)、架台10度、南東、過積載率150%近いわりに優秀 
栃木県、ソーラーフロンティア(73.4KW)、架台30度、南西
群馬県、カナディアン(63.2KW)、架台20度1300kw
長野県 ソーラーフロンティア、架台20度、南、東に森


No2と合わせて考えると、ソーラーフロンティアが検討しているようです。また、架台はやはり20〜30度が良さそうですね。

ということで、結論です。
発電所はその置かれた立地等に影響され、やはりこれだけのデータでは精緻な分析はできませんでしたが、なんとなーく見えてきたことを書いてみます。

@年間のパネル1Kwあたりの発電量が1100〜1300Kw程度の発電所であれば、平均的。
A1300Kw以上の発電所であればかなり成績が良い部類。
B架台は20〜30度が良さそう
C立地は北関東が良い(かもしれない)
Dパネルはソーラーフロンティアがよい(かもしれない)


といったところでしょうかね。

将来的にはこのパネルあたりの発電量が技術革新によって上がってくることを期待したいですねw

すみません、ちょっとアバウトな分析でしたが、ご参考にお願いします〜!

不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7274866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック