検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年01月30日

太陽光 お勧めの保険!!

度々アントレです〜!

今回は太陽光発電所向けの保険についてのご案内ですw

以前記事にしましたが(ここをクリック)、太陽光発電所は大きく以下の5つの保険を考える必要があります。この保険は不動産投資で言うと、家賃保証のような感じでして、発電家としては是非とも検討すべきと考えています。

@動産総合保険
A施設賠償責任保険
B休業損害補償保険
C地震保険
D出力抑制保険


既に発電所を運用中の方は何らかの保険に入っていると思いますが、実はリスクに対して過度な保険に入っていたり、ソモソモ入り忘れていたりしているのではないでしょうか。

また、これから発電所を運営予定の方も、保険ってぶっちゃけ良くわからないかな、という方も多いのではないでしょうか。

そんな、皆さんにお答えすべく、この20年間を一番最適な形で過ごす上でどのような形の保険に入るのが適切なのか、という観点でアントレ独自視点でこの数年間、グリグリやってきましたw

その結果、太陽光発電所の保険って、FITも始まってまだ5年ということで保険会社サイドも実はあまり良くわからならしく、ありきたりなパッケージ商品を提案してきているようです。つまり、リスクに対して、かなり高めの保険料を払っている感じですねw 一方で、休業補償などは入り漏れもあるようですw

で、アントレの知人に某日本最大の保険会社の代理店をやっている方がおりまして、太陽光発電家向けに、最適プランを作ってもらいましたw(正確に言うと、作らせました(笑))

この方、太陽光発電所については全くの素人だったんですが、アントレが彼と、某大手保険会社のシミュレーションツールと一緒にサイドバイサイドでグリグリやった結果生み出された商品となりますw

恐らく太陽光発電としては無駄なリスクは完全排除しつつ、最低限担保すべき部分は守っている感じになってます。結果として、業界最安値的な最適商品になったのかな、と思っています。

ちょっとまだ設計中段階なのですが、一例として、茨城県の上物1500万程度の施設でざっくり以下の保険料になってますw

@動産総合保険    →年間3万円前後
A施設賠償責任保険  →年間5千円前後
B休業損害補償保険  →年間4千円前後
C地震保険      →見積中
D出力抑制保険    →見積中


金額は保険期間、支払い方法、免責事項、補償内容、補償金額等によって変わってくるのですが、アントレが考える最適解をパラメータとした場合が上記です。もちろん皆さんのご意向によってカスタマイズは可能となっています。

ということで、もう少し煮詰めたうえで、申し込み方法等、詳細のアナウンスをさせていただきたいと思ってますのでよろしくお願いします。

ぶっちゃけ保険料はそれほど高額では無いですが、20年というタームを考えた場合、やはり安いに越したことは無いですからねw

既に他社で加入されている方も、ノーコストで乗換が可能となってますので、是非是非ご検討をお願いします〜!

以上よろしくお願いします〜!

不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7257146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック