検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

Twitter→https://twitter.com/tokyonomadclub

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2018年01月17日

太陽光パネルって劣化するの?

おはようございます、アントレです!
今日は曇天、雨が降りそうですねw
雨はパネルを掃除してるので、たまにはガッツリ降っちゃってください(できれば夜に(笑))〜!

さて、昨日記事にした、太陽光パネルの劣化について、ですw

太陽光の業者さんは基本コンサバな方たちが多いようで、その発電シミュレーションには毎年0.7%とか1%とかの劣化率を入れ込んでます。しかも複利で劣化させているようですw

本当にそんなに劣化するんでしょうか?

ということで、ちょっとGoogle先生にイロイロ聞いてみましたw

その結果、日本にある以下の2つの発電所が目に留まりましたw

@佐倉ソーラーセンター(千葉県)
Aシャープの壷阪寺つぼさかでら(奈良県)


両者ともに、30年以上稼働しているそうです。凄いですね。我々の大先輩ですw

現在どんな状況なんでしょうか。1つ1つ見てみましょう。

@佐倉ソーラーセンター(千葉県)
京セラのパネルを使って、1984年から34年間稼働中。このサイト見るとわかりますが、30年間での出力低下率はわずか13%です。

え?

これって、パネルだけでなくケーブル等のその他設備込みで13%劣化率。30年以上安定稼働しているのも驚きですが、この劣化率で済んじゃうって凄くないですかね?

次に、シャープですw

Aシャープの壷阪寺つぼさかでら(奈良県)
まずは以下の記事をご覧くださいw

稼働33年の壷阪寺の太陽光発電パネルの性能は? 産総研が調査 奈良

奈良県の発電所で、こちらも34年以上稼働してますが、設置から28年後の平成23年に性能評価の試験が行われたものの、「劣化割合が極めて低く、製造時と同レベルの高性能を維持していることがわかった」との事w

凄いですねw

ということで、実は太陽光パネルって、比較的新しい技術・産業なので、ソモソモ長期運用の実績・実例があまりないようなのですが、上記2か所の発電所の状況を鑑みるに、パネルの耐久性(発電持続力)はかなり高いと理解ました。

しかも1984年当時の技術のパネルや設備ですよ?旧世紀の技術ですw

今は新世紀です。そりゃーもちろん技術面は向上してるに決まってますねw

ということで、まあ、未来予測なので何とも言えない部分が多いんですが、20年程度の期間という意味ではパネル劣化は実はそれほど起こらないはずだと、勝手に判断してしまうアントレでしたw
少なくとも業者のシミュレーションのように複利で劣化していくなどはほぼありえないですねw

因みに、いわゆる低圧過積載案件でパネル劣化が殆どないと仮定した場合の売電売上の押し上げ効果を計算したのですが、その効果は、20年間で400万程度になるようです。

うーん、やはりどう見ても太陽光発電は、おいしいですね〜!

皆さん、アクセル全開でガンガン行きましょう〜!

PS.イロイロ調べていて、やはり過去は日本のパネルメーカーはすごく頑張っていたようです。でも今はほとんど聞かなくなってしまいました。何で外資に席巻されてしまったんでしょうかね。何ででしょう? どこかの対米従属政権が、変なエネルギー政策を推し進めたからに他なりません。皆さん、立ち上がりましょう〜!

不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7206899
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック