検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2016年05月26日

年金の相談に行ってきた!

こんにちは!アントレです!

今日は増上寺の横にある、港区立芝公園にやってきました!
とてもいい天気で気持ちがいいですね。
IMG_1954[1].JPG
さて、何故この公園に来たかというと、港区役所に行ったからです。
何故、港区役所に行ったかというと、国民年金の相談です!

今までは会社が払ってくれていたので、あまり意識していませんでしたが、サラリーマンを卒業すると、年金を自分で払う必要があります。

アントレは3末で卒業したので4月分からは自分で納付です。そして、気になる納付金額は、、、ズバリ16260円/月となります(ちなみにこの納付額は自営業の方は一律同額となります。みなさんもサラリーマンを卒業すると、この額を納付要です!)。
アントレは配偶者がいるので、倍額の32520円/月となります。ということは、年間約40万になりますね。

結構、でかい!

IMG_1955[1].JPG
(まるで札束のような振り込み依頼用紙。。。各月分と、ご丁寧に上期分、下期分、全期一括支払い分の用紙がズラリ。加えて奥さんのも同じ分だけあります。)


さて、アントレは市役所で具体的に何を相談したかというと、ズバリ、保険料納付の免除!です。

これは、収入や扶養家族の人数等、一定の要件を満たせば、保険料の納付が免除もしくは減額になる制度で、たまたまネットで調べていたら出てきたので、慌てて相談に行ったのが、今日でした。

そして、相談した結果は、、、、

28年4月〜6月→全額免除、7月〜3月→3/4免除

という、予想以上の勝利でした!

相談に行かなければ、年間40万払っていたところ、相談に行った結果、73170円になりました。

これは別に不正をしているわけではなく、アントレは収入は多いのですが、不動産の経費や減価償却が半端なく計上されていて、そして何よりでかいのが、太陽光発電の一括償却で、所得はほぼゼロに近い状態です。これに3人の子供もいるということで、このような結果となりました。

前出の札束は、担当者さんから「今すぐ破棄いただいて、結構ですよ〜、奥様分も♪」と、ありがたいお言葉をいただきました(担当者は結構ノリの良い女性です)。

不動産と太陽光、恐るべしです。特に太陽光のグリーン投資減税はやばいですね。うまくやれば所得税ゼロ、住民税ゼロ、年金ゼロにもっていけます。

ちなみにこの納付免除ですが、将来もらえる保険料が多少、少なくなってしまいます。つまり65歳になったときにもらえる年金が恐らく数千円少なくなってしまいます(ま、そもそも制度が破たんする可能性もありますし、ノープロブレムってところです)。

さらにちなむと、免除期間は未納扱いにならず、しっかり納付期間としてカウントされるのと、免除期間でも国が半分出してくれているとのことでした。さすが親方日の丸です!

さらにいうと、年金は300か月(25年)の納付期間があれば受給資格が生まれるとのことです。299か月だと、1円ももらえません。逆に300か月を超えると、納付額に応じて受給年金額が増えていくことになるそうです(ごくわずかですが)。
また、年金額は毎年見直され、値上がりしていく見込みだそうで、一度納付してしまうと、免除要件を満たしていても、返納は絶対にできないとのことでした。免除要件に該当するかは、窓口に問い合わせないと教えてくれないとのことです。知らずに払っちゃったら取り返しがつきません。親方もそこまで融通は利きません(笑)。今回はタマタマ情報をキャッチしたアントレですが、知らず知らずで払い済み、払い中の方も多いのでは???

日本の年金制度、皆さんはどう思われます?

アントレは、極力免除要件を満たしつつ、きっちり300か月で納付をストップして、65歳でささやかな年金をもらう(年金なんかあてにせず、不労所得を積み上げて、海外移住する)のが一番クレバーかな、と思ってしまいました(笑)。

今日は暇だったので、役所の担当者さんに年金について根掘り葉掘り聞いちゃいました。
担当者さん、キュートな笑顔が素敵でした!お忙しい中親切に説明いただき、ありがとうーー!




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5100295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック