検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして!2016年3月末でサラリーマンを卒業し、太陽光、不動産、節税を中心に継続活動中です〜。
ここ1,2年は太陽光が熱いです!以下の2つのサイトで勝ち組発電家達のブログを是非見てみてください〜!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市  90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田 80Kw  21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
合計       1535Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@東京都港区港南  タワマン区分 89u
A東京都港区港南  タワマン区分 32u
B東京都港区港南  タワマン区分 58u(売却済)
C東京都港区海岸  低層区分   51u
D東京都港区海岸  低層区分   37u
E東京都港区芝浦  タワマン区分 84u
F東京都港区白金  タワマン区分 48u
G東京都目黒区大橋 タワマン区分 30u
H東京都渋谷区鶯谷 低層区分   49u
I東京都足立区皿沼 低層区分   39u(売却済)
J神奈川県横浜市  RC一棟   600u
合計家賃収入 約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2018年01月08日

太陽光発電家 成長の軌跡

おはようございます、アントレです!

今日はあいにくの曇天、こういう日もありますね〜w

昨日は今年初めの乗馬に行ってきました〜!
OI000024.jpg

さて、最近は初心者向けセミナー等を開催する中で、多くの太陽光発電家予備軍の方にお会いする機会が多い一方、元々初心者的であった人がいつの間にかセミプロ?みたいになっている方もいらっしゃる中で、アントレもそうだったんですが、太陽光発電家はどんな感じで成長していくのか、ちょっと整理してみたいと思います。完全なるアントレの主観で書いてますので、え?俺は違うんだけど、、、という方もいらっしゃるかもですが、ご容赦ください〜w

フェーズ0
不労所得に憧れて、金融商品や不動産など、何に手を出そうか悩んでいるフェーズ。そんな中でひょんなことから太陽光発電を知ったという状況。しかしながらまだ何もアクションを起こしていないフェーズ。

フェーズ1
ネットや書籍等で色々な情報に触れる中で、太陽光発電ってアリなんじゃね?っと気づき始めたフェーズ。ただ、いざ購入に動こうにも、業者も多くどう動いてよいのかわからないフェーズ。

フェーズ2
清水の舞台から飛び降りる感じで、ようやく業者を選定し、1基購入予約。土地の視察や購入、設備の契約等、一連の流れを掴むと同時に、20年間の収支シミュレーションをエクセルで自作し、夜な夜なニヤニヤしてしまうフェーズ。

フェーズ3
エクセルをこねくり回し、これ、どー考えても得するよね?ということに気が付き、うーん、まだ売電して無いけど、これはもう1基いっちゃった方がいいのかな。という気持ちになってしまうフェーズ。ただ、軍資金と信用枠の兼ね合い等、中々上手く進めそうにない場合も多く、イロイロ悩みが多い。経産省のグデグデシステムのおかげで購入予約はしたが売電ができない状況が半年くらい続き、生殺し状態になってしまうフェーズ。

フェーズ4
ようやく1基売電にこぎつけ、正式に発電家デビュー。思っていたよりメンテに手間がかからないのと、リアルにチャリンチャリンと売電収入が入ってきて、うーむ、やはりこれは複数基行った方が絶対いいよねとリアルに感じ始めるフェーズ。奥さんにも実績報告ができて一安心♪

フェーズ5
売電実績も出てきたし、何としても追加購入したくなってしまうフェーズ。追加購入に成功し、経験値が上がり、不動産業者や地主さんとの関係構築もでき始め、発電家としての幅が広がっていくフェーズ。

フェーズ6
売電実績も更に充実し、FIT固定買取制度の本質やエネルギー業界の潮流、トレンド等も理解。人脈等も増え、これは土地を仕込んだほうが良いのでは?ということに気が付き始めるフェーズ。土地の目利きもあるので、条件反射的に土地を抑え始めてしまうフェーズ。

フェーズ7
土地は抑えても設備が買えないと本末転倒。土地代は太陽光等のキャッシュからの捻出が可能だが、設備はさすがに融資前提。となると、融資戦略が重要であるとリアルに気が付き始めるフェーズ。一方、過度な節税は融資に不利になるということにも気が付き始める。

フェーズ8
土地の購入、上物の融資手配も順調に行き、合計で10基以上の発電所オーナーになってしまうフェーズ。法人決算も黒字で数回回り、潤沢なキャッシュ、信用力を武器に、キャッシュが更なるキャッシュや信用を生むサイクルに突入し、どんどん買い進められるフェーズ。人によってはメガクラスに突入し、このフェーズでサラリーマン卒業は楽勝になる。

フェーズ9
投資家から事業家になるフェーズ。単なる太陽光投資家として自分の利益を追求するのではなく、業界全体の発展に貢献したくなり、自らアクションを起こし始めるフェーズ。日本のエネルギー政策のイケてない点(再エネの推進、原発問題等)にも敏感になり、再エネ事業家として独り立ちするフェーズ。

フェーズ10
潤沢なキャッシュ、豊富な経験と人脈、再エネ発電家としての志、そして有り余る時間という要素がミックスされ、残りの人生を賭けても良いと思える社会貢献性の高い事業、若しくは活動を展開してしまうフェーズ。心地よい忙しさに浸りながら人生を最後まで謳歌。


以上、ばーっと書いてみましたw
皆さんはどのあたりのフェーズにいらっしゃいますか?

因みに現在も展開させていている卒業サポートは、概ねフェーズ1,2,3の方を対象にしているのですが、可能な限り審査や購入の手前で相談頂けますと幸いです。最初のボタンのかけ方が非常に重要となりますのでw

かく言うアントレはフェーズ7あたりにいますが、時間があるのでフェーズ10あたりを先行して妄想し始めている状態です。

また、長々と書いちゃいまして、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ご参考になりましたら、是非ダブルクリックお願いします〜!

不労所得→人気ブログランキングへ
セミリタイア→投資でセミリタイア生活ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7171609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック