プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして!2016年3月末でサラリーマンを卒業し、太陽光、不動産、節税を中心に継続活動中です〜。
ここ1,2年は太陽光が熱いです!以下の2つのサイトで勝ち組発電家達のブログを是非見てみてください〜!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw

お勧め税理士さんはココw

お勧め草刈り業者さんはココw

お勧め新電力はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市  54.9Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 調整中
G群馬県前橋市   268Kw 24円 調整中
H栃木県日光市   80Kw 24円 調整中
I栃木県那須郡   50Kw 24円 調整中
J茨城県常陸大宮 150Kw 21円 調整中
K茨城県常陸大宮 150Kw 21円 調整中
L茨城県常陸太田 80Kw  21円 調整中
M茨城県那珂市   90Kw 21円 調整中
N栃木県那須郡   90Kw 21円 調整中
O鹿嶋増設     36Kw 32円 2018/5〜
合計       1400Kw(目標2M) 

【太陽光発電用土地】
@埼玉県加須市    1600u 32円  売却済
A栃木県那須郡    1800u 24円  取得済
B栃木県那須郡    1650u 24円  取得済
C栃木県日光市    1700u 24円  契約済
D群馬県安中市    2444u 27円  契約済
E群馬県前橋市(高圧)6000u 24円  契約済
F茨城県常陸大宮   2319u 21円  契約済
G茨城県常陸大宮   2082u 21円  契約済
H茨城県常陸大宮     704u 21円  契約済
I茨城県常陸大宮     804u 21円  契約済
J茨城県常陸大宮     417u 21円  契約済
K茨城県常陸太田   1161u 21円  契約済
L茨城県那珂市    1551u 21円  契約済
N栃木県那珂川町   2413u 21円  取得済
O栃木県那珂川町   1502u 21円  取得済
P茨城県那珂市    1600u 18円  交渉中

【所有不動産】
@東京都港区港南  タワマン区分 89u
A東京都港区港南  タワマン区分 32u
B東京都港区港南  タワマン区分 58u(売却済)
C東京都港区海岸  低層区分   51u
D東京都港区海岸  低層区分   37u
E東京都港区芝浦  タワマン区分 84u
F東京都港区白金  タワマン区分 48u
G東京都目黒区大橋 タワマン区分 30u
H東京都渋谷区鶯谷 低層区分   49u
I東京都足立区皿沼 低層区分   39u(売却予定)
J神奈川県横浜市  RC一棟   600u
合計家賃収入 約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
Dガチャガチャ     検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
検索
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2018年01月07日

風力発電 送電費用が壁

おはようございます、アントレです!

今日も清々しい朝ですね〜!

さて、今年最初の日経新聞の記事紹介ですw

風力発電 送電費用が壁
DSC_0687.jpg

風力発電のお話ですが、太陽光発電家としては注目要の記事かと思いますw

日本という国はご存知の通り、島国でして、特に海岸線には強い風が年中吹く地域がいくつもあります。
そういった場所は海岸線や丘陵地が多く、太陽光発電というよりは、確実に風力発電の方が適している、ということになるのは容易に想像ができますw

日本って再エネ=太陽光って発想があると思うんですが、実は欧米では再エネ=風力なんですよね〜。
経産省の以下の資料を見ても一目瞭然w 
再エネ比率.png
下から3段目、主要再エネの欄を見てください。日本とイタリア以外の国の再エネ主力は全て風力となっていますw

では、なぜ日本では風力の導入が進まないのか?ってとこが記事に書いてあるんですが、ポイントは2つ。

@建設コストが高い
A負担金(送電関連の増強コスト)が高い


まあ、@は風力はまだそれほど普及が進んでないので、FIT等で国策として優遇しつつ、事業者側も切磋琢磨すべしといった問題かなと思いますが、Aが大きな問題ですw

太陽光発電家としては負担金って、数十万くらいのイメージがありますよね。キロワットあたり概ね1万円前後、安いと10万円でOKみたいな場合もあります。一方、風力発電は、、、キロワットあたり約4万円! ドイツの3倍との事。それがここ最近、10万円くらいに跳ね上がっているとの事w

太陽光に当て嵌めると、90Kwの低圧過積載発電所を導入しようとすると、負担金が900万とかになっちゃうことになりますw あ、パワコン側のKwで算出なら500万か。でも誤差ですね、誤差w

これさ、単なる嫌がらせですよねw

風力発電家の皆さん、本当にご愁傷様です。太陽光発電家としても明日は我が身で他人ごとではありませんw

また、記事には、実は既存の送電網はガラ空きの高速道路状態。とありますw

え?

東北電力や北海道電力の送電網の利用率は2割以下との事w

おいおいおいおいおい!!!

原発や火力発電所がフル稼働することを想定していて送電線が遊んだままとの事w

もー、これ、いい年こいた大人がやってるんですよね?

幼稚園児のA君がおもちゃをたくさん持っていて、友達のB君が「ひとつちょーだい!」って言ってきても「ダメ!」って言っちゃう、アレじゃないですか〜w

レベルが低過ぎてお話になりませんw

いやー、どうやらトカゲがウジャウジャいるようです。

今まで本ブログをお読みいただいている方はご存知かもですが、この記事(ここをクリック)に書いた通り、送電網は経産省、資源エネルギー庁の電気・ガス事業部の「電力基盤整備課」が牛耳っていますw

この電気・ガス事業部には、その名に反して、「原子力政策課」と「原子力立地・核燃料サイクル産業課」、「放射能廃棄物対策課」、いわゆる原発チームが同居しており、つまり、原発と送電網が一蓮托生といったバカみたいなチーム編成がなされているのですw

これって、黒い奴らの陰謀以外何物でもないのですが、この国の電力政策、エネルギー政策が全て原発中心に設計されているということが容易に想像できる一方、こんな時代遅れな体制は秒速で解体しないと世界の潮流からドンドンドンドン遅れて行ってしまうという、由々しき事態である。ということも容易に考えられます。

記事には、こんなコスト高状態、見通しも立たない状態ではビジネス計画自体が成り立たない。といことで、日本の有力企業が海外に目を向け始めているとの事w

つまりは、本来は日本で育つはずの企業や人材が海外に出て行ってしまい、以前より、より一層ガラパゴス化が進んでしまう、と締めくくっていますw

もーさ、原子力は辞めようよw ゴミ箱もないしw

百害あって一利なしってまさにこのことですよねw

皆さん、立ち上がりましょう!

※ここまでお読みいただきありがとうございました。やっぱり原発ってヤバいよねwっとお感じになられましたら以下ダブルクリックお願いします〜!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7167850
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック