検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2017年11月22日

メガの入札結果!!!

おはようございます、アントレです!
今日もお天気良さそうですねw

今回の記事は本日の日経新聞の抜粋です。

メガソーラー 外資席巻

DSC_0280.jpg

遂に出ました! 入札結果w

ご存じない方もいらっしゃるかもですが、現在、新設される大規模メガソーラー(2M以上)については事前に決めれた単価による固定買取になってませんw

低圧や小規模メガについては、ご存知の通り本年度は21円固定となっていますが、大規模メガについてはそれを入札制度、つまり、自分たちで安い固定買取価格を国に提案して、国が了承した業者が事業をスタートできる。といった制度になっていますw

太陽光もソロソロ国からのミルク補給から卒業し、立ち歩き位できるようになりましょう。ということですw

まぁ、合理的な仕組みですねw

今回はその入札制度になってからの初の結果となります。では、結果を見てみましょう。

売電価格最安値:17.2円

なるほどw

個人的な感覚として、思ったより高いですねwww

この記事を読んでいる皆さんは、

大規模メガソーラーでしょ?俺には関係ないかなぁ

って思っちゃいけませんw

何故か? 何故かというと、この入札価格は、、、

来年度の低圧の固定買取価格に大きく影響する

からですw

つまり、大規模メガソーラーを企画、運営する会社はそれなりに経験もあって、事業遂行力があります。その会社達が提案した単価の最安値が17.2円である。これが現時点での日本における太陽光事業者の先頭走者の実力値ということになります。ということは、大量発注が不可能な小規模発電所、つまり大量発注によるコストメリットを受け辛い低圧の発電所の来年度の売電単価は少なくとも17.2円よりは高くしないと、事業推進は難しい。というロジックになるはずですw

では幾らか?

今回落札した9企業の単価の平均を出してみましたw

売電価格平均値:19.5円

なるほどなるほどw

以前記事(ここをクリック)にしました通り、同じく日経新聞の発表で、来年度の低圧の単価は20円弱になる。という報道がありました。これって、16円〜19円のレンジになるんですが、上述した考察を鑑みるに、来年度の単価は、、、、

19円になる!!!!

ってのがアントレの予想です〜!

まだまだ太陽光投資の旨みは残っていきそうですね〜!

皆さん、アクセル全開で大丈夫そうですよ〜!

ただし、予想が外れたらごめんなさい〜(笑)

PS 外資席巻という言葉もちょっと引っかかってます。太陽光は国策なのにその利益(=国民負担)が外資に流れて行ってはいけません(まあ、原発も国策で、じゃぶじゃぶア〇リカに国富が流れて行ったんで同じ構図ではあるんですが(笑))。日本企業、日本人の皆さん、頑張りましょう!

※応援Wクリック、お願いします〜!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6995360
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック