検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2017年11月08日

太陽光は儲かるのか?

こんばんは、アントレです!

読者さんより素朴な疑問を頂きましたので、回答を共有します。

質問
太陽光発電投資は儲かるのか?

回答
はい。儲かります。
細かい収益分析はググっていただければすぐにわかると思うので、ちょっと違った観点で回答すると、何故儲かるかというと、、、国策だからw です。

震災で原発が止まり、代替エネルギーの最有力候補として再エネが挙がり、とはいえ、戦略産業として成長させるためには国から特別な優遇政策を与えないと産業として発展しない。なのでFIT固定買取制度が誕生。って流れを見れば一発です。ちょっと言い方を変えると、、、、

絶対に損はしない
(あ、国が亡びるとか天変地異とか太陽が消滅するとか悪徳業者に引っかかるとか、そういう可能性はゼロでは無いので絶対は言い過ぎですね(笑))

のです。なぜなら国策だからです。FITなどは異業種含めて他の産業から見ると、超絶に優遇された制度ですよね。発電家の利益が全て国民負担となっているようなもので、本来であればこうした優遇制度は一般ピーポーには落ちてこないのですが、落ちて来ちゃったんです。色々あって(笑)

株とか不動産投資とかって、リスクを取って儲かるかもしれませんし、損するかもしれません。

それが投資としての醍醐味であり、不安要素であったりもします。

つまり、絶対はないのですw

ただ、くどいようですが、太陽光投資は国策です。他の投資商品とな比較できないくらい、絶対なんですw

単純な話として、損する制度なら、誰も参加しませんw

損するか得するかわからない制度でも、誰も参加しませんw

絶対に得する制度であって、初めてみんな参加するのですw


普通に考えて20年間も現時点の固定単価で国が買取保証するって、異常ですw

国が滅びたり天変地異があったり太陽が消滅したら、太陽光も痛手ですが、不動産や株も大暴落なので同じコンディションですしねw

ということで、参入した投資家が損をする。などというような制度設計にソモソモなってないので、他の投資商品と比べること自体がナンセンスw

ゆえに太陽光発電はおいしいのですw

※応援Wクリック、お願いします〜!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
なるほど。そこまでチェックしていませんでした。
さすが国策。一応最悪の事態は回避できるようになっているのですね。
まあ、将来のどうなるかは実際になってみないと分かりませんが、心配の種が少し減った気がします。
ありがとうございました。
Posted by solar24 at 2017年11月11日 13:53
solar24さん、コメントありがとうございます〜!
現時点のFIT価格は21円なので既に市場価格まで下がってますねw
ということは、今後インフレ等で上がれば新電電へ、下がれば利幅が増えていく形になると思いますよ〜!

また、FITの再エネ特措法には(法第3条第8項)があり、以下の解釈です。

「一旦適用された価格は、「物価その他の経済事情に著しい変動が生じ、又は生ずるおそれがある場合において、特に必要と認められる場合」(法第3条第8項)の他は、変更されることはありません。「物価その他の経済事情に著しい変動」とは、急激なインフレやデフレのような例外的な事態を想定しております。」

ということで、インフレやデフレでも事業者が大損しないような仕組みが一応入っているようですよ〜! 

Posted by アントレ at 2017年11月11日 12:31
アントレさん、早速丁寧な回答ありがとうございます。
でも、FITをやめてしまうと市場価格ですよね?
FITは市場価格の数倍の値段で売電できるからそれなりのリターンがありますが、市場価格になるとリターンがかなり少なくなってしまうと思います。(実質価値として)
実は、インフレリスクを考えると、FITの買取価格が安い方がリスクが小さいので、あと2,3年待った方がいいのでは? と思ったりしています。
18円でも15円でも、表面利回り10%は維持されることを期待して。
でも実質の儲けはどんどん少なくなってしまうので、悩ましいです。
Posted by solar24 at 2017年11月11日 02:14
solar24さん、コメントありがとうございました〜!確かに気になりますよね。全くの私見ですが、ブログ記事で回答しましたのでご確認をお願いします〜!
Posted by アントレ at 2017年11月10日 21:49
はじめまして。いつも参考にさせていただいています。
私も太陽光は国策でかなり固い投資だと思っているのですが、1つ心配なのはインフレです。
FITはインフレに全く対応できない制度だと思います。
日銀は物価を上げようとしていますし、国の借金を考えると円安で物価上昇の方向だと思うのですが、いかがでしょう?
Posted by solar24 at 2017年11月10日 20:32
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6947704
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック