検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3〜
I群馬県安中市   77Kw 27円 2020/11〜
J茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2020/9〜
K茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2020/11〜
L群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
M横浜屋根     12kw 27円 2021/3末まで
N栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
㉑福島県いわき市  80Kw 21円 2021/3末まで
㉒福島県いわき市  80Kw 18円 2021/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入      約330万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2017年04月14日

太陽光発電を活用した相続税対策!!!

こんばんは、アントレです!

今回の記事は、節税カテゴリーでの投稿です。

皆さん、相続税って知ってますか?

あ、もちろん、知ってますよね(笑)

簡単に言うと、お金持ちが死んだときにその資産が子孫に譲渡されるんですが、その際に親方に上納するお金。っとアントレは理解しています。

税率はざっくりと、1億円くらいで30%。6億超えると55%ってな感じになっちゃいますw

ということなんで、6億の資産を持っている人が死んでしまった場合、何にも節税対策しなければ、3億円以上、親方に取られてしまう。という話になります。

かなりの金額ですねw

いやー、わかるけどさぁ。発電所をいくつか程度持っている俺には関係ないよね〜w

って思われる方も多いと思います。

でも、ちょっと待ってください。実は関係あるんです!

まず、理解しておくべきことは、相続が発生する際の資産の評価方法です。

例えば現金が一番わかりやすいですよね。6億円持ってたら評価額も6億円です(笑)

なので相続税は3億円程度になってしまいますw

では、家はどうでしょうか?

家というのは土地と建物でできてますので、土地については路線価、建物については固定資産税評価額をベースに評価額を出すわけです。

まあ、路線価も固定資産税評価も、実際に流通している価格よりは低くなるので、その差を狙って節税するってのが、富裕層で流行ったりしていますw

つまり、6億円の現金を持ってたら、3億の相続税。でも6億円をアパマンやマンションに投資したら、税務的な見かけ上は、4億とか5億とかの資産を持っている体になるので、相続税はその分低くなる。ってことになるんですねw

例えば、以前結構記事にしてきた、タワマン節税(ここをクリック)。これも同じ話でタワマンの上層階は、税務的な見かけ上の評価額よりもかなり高い値段で流通しているわけで、そういうような、高く売れるんだけど、税務的には安くなってしまう。的な投資対象が相続税対策として富裕層に人気が出てしまうことになりますw

いやー、だからさぁ。資産なんてない俺には関係ないでしょう。

ってまたしても思われちゃいますが、ここで太陽光発電所の相続について考えてみたいと思います。

例えば、20年後w

太陽光の上物(パネルやパワコン)は17年で減価償却しますので、20年後は税務上の価値はゼロということになります。

また、土地の路線価は、もともとゼロ的な場所なので、余程の都心や別荘地なんかでやってない限り、評価額はほぼゼロですw

つまり、20年後は発電所はほぼ評価額ゼロな設備にもかかわらず、20年以降も5〜10円の売電単価で買取制度は続きますので継続した収益が出るって話。要は相続税はゼロにもかかわらず、子孫に安定したキャッシュを残せるというツールになるわけですw

おー、なるほど。こりゃいいねw

ってなると思います。

ということで、太陽光発電所は相続税対策に打ってつけのツールなんですよね〜。

ただ、話はココでは終わりません!

こんなおいしいツールを富裕層が見逃すわけがないんです!

どういうことかというと、20年後、太陽光発電所を売却するとしましょう。

今この時点では、

まー20年後なら売れても100万くらいかなーw
廃棄も面倒だし買いたい人がいるんなら、売りたいかなw


って感じでしょう。固定買取期間終了している状況なのでw

でも、ちょっと待ってください!

上述した富裕層があなたの発電所を狙ってくるんです!

ここまで書いちゃうと既にお判りの通り、償却が終わった発電所は実は富裕層にとっては強力な節税ツールになっちゃうんです!

ということは、100万で売れると思っていたものが、例えば300万、500万、っと、オークション形式で値が上がって行くんです!予想ですが(笑)

当然、仲介ブローカー的な奴が出現して、発電家達からは安く買い取って、富裕層に高く売る。なーんて輩も出始めますw

つまり何が言いたいかというと、太陽光は相続税対策の絶好のツールである。不動産投資に比べて出口が見えないという意見もあるが、富裕層の節税ツールという地位が確立される場合、変な話、20年の買取期間の終了後でも500万とか1000万とかで売れてしまうような可能性を秘めているんです!

いやー、これがまさに権利ビジネスの真骨頂ですよね!

2000万で買った発電所が、20年で2000万の純利益を生み出してくれ、出口で1000万で売れてしまうwww

こんなおいしい投資商品、世の中見渡しても、皆無です。

皆無w

※応援Wクリック、お願いします〜!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

posted by アントレ at 19:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 節税
この記事へのコメント
皆無!
って言ってる時のニヤケ顔が目に浮かびます笑
Posted by 坂上二郎 at 2020年10月02日 22:44
たまじろうさん、コメントありがとうございます!
なるほどですね。2年で償却ということは、4年落ちの外車的な感じですよね。外車は収益生みませんが、太陽光は引き続きチャリチャリしますので、富裕層の大好物なツールになる予感がしてます!また、お褒めのお言葉、本当に感謝です。引き続き異才を放てるように(笑)、頑張ります!
Posted by アントレ at 2017年04月29日 19:17
このブログを拝見して、おっと思ったので知り合いの税理士に聞きました。耐用年数を過ぎた資産を購入すると、購入する側の会計処理はどのようになるか。回答は二年で償却するそうです。と言うことは、金持ちの節税対策にもなると考えられます。やはり、土地は購入ですね。ブログ内容が他の方と違って異才をはなっているので、楽しみにしています。
Posted by たまじろう at 2017年04月27日 19:35
おはようございます!いつもの通り、ちょっと大げさに(笑)書いてますが、出口も十分あると思ってます〜!緑の贈与は平成 31 年6月 30 日までのようですねw
https://www.env.go.jp/press/files/jp/25814.pdf
ただこれって確か住宅向けのようなので、野立てでは難しそうですw
Posted by アントレ at 2017年04月15日 09:43
こんばんわ〜

そこまでうまくいくと20年後の出口もありそうですな。

そういえば『緑の贈与』って税制改革あったな〜
子や孫に資金贈与が非課税、これってまだ継続だったかしら?


http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20150113/398522/?rt=nocnt
Posted by モデモデ at 2017年04月14日 21:45
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6166657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック