プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして!2016年3月末でサラリーマンを卒業し、太陽光、不動産、節税を中心に継続活動中です〜。
ここ1,2年は太陽光が熱いです!以下の2つのサイトで勝ち組発電家達のブログを是非見てみてください〜!


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市  54.9Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市  67.6Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩  40.5Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦  50.0Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市  43.9Kw 32円 2016/5〜
F群馬県前橋市  3-400Kw 24円 2018/4〜(予)
G茨城県常陸大宮  150Kw 21円 2018/4〜(予)
H茨城県常陸大宮  150Kw 21円 調整中
I茨城県常陸大宮  60Kw 21円 調整中
J茨城県常陸大宮  60Kw 21円 調整中
K茨城県常陸大宮  50Kw 21円 調整中

【太陽光発電用土地】
@埼玉県加須市   1600u 32円  売却済
A栃木県那須郡   1800u 24円  取得済
B栃木県那須郡   1650u 24円  取得済
C栃木県日光市   1700u 24円  交渉中
D栃木県大田原市   500u 21円  交渉中
E群馬県前橋市   6000u 24円  契約済
F茨城県常陸大宮  2319u 21円  契約済
G茨城県常陸大宮  2082u 21円  契約済
H茨城県常陸大宮   704u 21円  契約済
I茨城県常陸大宮   804u 21円  契約済
J茨城県常陸大宮   417u 21円  契約済

【所有不動産】
@東京都港区港南  タワマン区分 89u
A東京都港区港南  タワマン区分 32u
B東京都港区港南  タワマン区分 58u(売却済)
C東京都港区海岸  低層区分   51u
D東京都港区海岸  低層区分   37u
E東京都港区芝浦  タワマン区分 84u
F東京都港区白金  タワマン区分 48u
G東京都目黒区大橋 タワマン区分 30u
H東京都渋谷区鶯谷 低層区分   49u
I東京都足立区皿沼 低層区分   39u(売却予定)
J神奈川県横浜市  RC一棟   600u

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
Dガチャガチャ     検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
検索
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2017年03月15日

太陽光発電 まずいニュースが・・・

こんにちは、アントレです!

今日は不動産の売買契約に行っちゃいました〜!
詳しくは別途記事にします。

さて、今日の記事は日経新聞からの抜粋ですw

今までの傾向として、太陽光関連の日経の記事は大抵、

・売電単価が下がってきているので、参入業者の旨みが減ってきている。
・販売業者の倒産が相次いでいる。

ってな記事が大半を占めてました。

これまた、ブログに書いてきてます通り、マスコミメディアがそう煽れば煽るほど、太陽光発電家はライバルが減っていい物件を安く買えることになるので、個人的には大歓迎の記事でした。

しかしながら、今回の記事はアントレが一番恐れている内容ですw

DSC_1063.JPG

簡単に言うと、国民全体で負担している「再エネ発電賦課金」が、標準家庭で毎月100円増えるって内容なのですが、再生可能エネルギーのカラクリを知らない人にとっては???な話。しかしながら、このテーマが日経新聞という大きなメディアに取り上げられ始めると、発電家にとってはまずいことになり始めます。

どう言うことかというと、太陽光発電家の利益はどこから来るかというと、国民全体の負担から来ます。

決して、電力会社が負担しているとか、国が負担しているとか、そー言った話ではありません。

我々発電家の利益の大半は国民負担となっているのです。これがカラクリですw

太陽光発電は国を相手にした権利ビジネスだー!っと声高に叫んでいるアントレですが、もう少し具体的に言うと、

太陽光発電家が国民全体から利益をかき集めることを国が法律として認めた権利ビジネス

ってな感じですw ちょっとややこしいですが(笑)

で、どういう形で負担してもらっているかというと、毎月の電気料金への上乗せです。

税金で徴収すると国民の大反発を受けますので、シレっと電気料金に上乗せする法案にしちゃったんですよね。親方もやりますね〜(笑)

んで、その名目が、「再エネ発電賦課金」となりますw

皆さんも、電力会社から毎月届くお手元の検針票を見ると、その名目が書いてありまして、きっちり徴収されている、ということになっています。

当初は微々たるものなので、ニュースにもなってませんでしたが、ここ5年のうちに、10倍になってしまいましたと記事にはあります。

また、記事の後半に苦しい話が書いてありまして、売電単価が下がってきているので国は安く買っていきますよ。って書いてます。

確かに単価という意味では安くは買えますが、発電能力が上がっているので、結果的に発電家サイドの利回りは一緒。なので、総額という意味では実は安くなってないんですよね〜(笑)

さらに今後いくら単価を落としても技術革新による能力UPがありますので、国民負担は今後もグイグイ増えていくことになるはずですw

そーなっていくと、どうなるか?

マスコミメディアにガンガン取り上げられて、国民が怒り出すw

そして、どうなるか?

簡単に言うと、

固定買取制度の廃止

ってことになるでしょうね。

もしくは20年の買取保証期間が、10年になるとか

ボロ儲けしている発電家がモザイクでテレビに出ちゃって、「いやー、やったもん勝ち状態ですよ〜w毎月口座にザクザクお金が入ってくるんですw」ってな話や、地方に乱立しているドス黒い太陽光パネルがクローズアップされちゃって全国ネットで放送されちゃう感じになるかもですw

アントレ的には、向こう5年くらいで固定買取制度自体が無くなってしまうんじゃないかと感じています。

なぜなら上述の通り、ここ5年で10倍ということは向こう5年で100倍。

5年前は標準家庭で年間800円だったのが今では8000円。これが5年後に8万円になっちゃったら、さすがに怒るでしょう〜。どんなに優しい家庭でもw

逆に言うと、20年の固定買取という奇跡の制度があるのは今のうち。という見方もできます。

まあ、こんなやったもん勝ち&ローリスクハイリターンな投資商品がそんなに長く存続できるなんて、世の中そんなに甘くはないですよ。ってことですかねw

固定買取制度の廃止、と書きましたが、現行制度のもと、すでに事業を開始している事業者は保護されるはずです。過去を遡及して制度を変えるという事例は他の投資商品含めありません。がゆえに、これからやろうとする投資家はどこかのタイミングでシャットアウトされてしまうと思いますよ〜w

皆さん、ではいつやるか、今でしょ(笑)!!!

応援クリックもよろしくお願いします〜!


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6054858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック