検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2017年02月06日

法人化についての質問〜

こんにちは、アントレです!

今日もいい天気ですね〜。

さて、今日の記事は法人化(ここをクリック)(ここもクリック)について、読者さんからイロイロ質問が来ておりますので、Q&Aを参考として書いてみたいと思います。


【Q@】法人を作ってすぐには銀行融資は厳しいのではないでしょうか?
→【A】新規法人を作って、すぐにその法人で融資を引く場合、銀行審査が見てくるのは個人の与信枠となります。銀行的には下手に事業をやっている法人をアレコレ審査するよりは、新規法人の方が、審査を通しやすいといった考えもあり、銀行によっては借りやすい、という場合も大いにあります。

【QA】その場合、個人で抱えているローンが大きいと融資は難しいでしょうか?
→【A】読者さんの資産背景や、ご年収と融資の金額によります。普通のサラリーマンの方でしたら一般的に年収の10倍くらいまでなら住宅ローンであれ投資ローンであれ投資できそうですのでその範囲内の金額にて個人の与信枠を使って法人での借入することができると思います。

【QB】融資をもらう信用を得るために、決算を2期ぐらいプラスにする必要かと読ませていただきましたが、どうやってプラスに持っていきますか?
→【A】新規法人で太陽光を2,3基購入することに成功すると、1基あたりの売り上げは大体250万前後なので、700万前後の売り上げを上げることができると思います。経費を200万程度とした場合、利益は500万程度となり、これは年収500万程度のサラリーマンが1人生まれた状況とみることができ、その年収のさらに10倍程度の借り入れを利用した購入や事業ができる。ということになります。最初は個人の枠で借りて、その後法人枠で借りる、といったイメージですね。それとポイントとなるのが、1年目より2年目の決算数字をよくすることです。銀行の担当者もシナリオを作りやすくなりますのでw

【QC】太陽光設備を法人に分割で売却する際、個人の太陽光ローンはそのまま払い続けることになりますか?すると個人の与信を回復するのは難しいのでは?
→【A】個人の太陽光を法人に移管する場合は、個人にローンを残すパターンと、法人サイドで新たに借り入れを行って、個人の借金を一括返済してしまうパターンがあります。本来は後者がきれいなのですが、せっかくの借入を新規物件に回せないので少々微妙です。まだ個人に枠があるなら、一括返済する必要がはなく、太陽光で得たマージンを個人の繰り上げ返済に使い、個人枠を徐々に拡大していく戦略をお勧めします。

【QD】個人の太陽光ローンにその設備と土地の担保が紐つきの場合、法人への売却は厳しいですか?
→【A】担保の移動が難しいのと、登記が発生しコストも手間もかかりますので、土地についての売買はお勧めしません。土地は個人から法人に年間10万で賃貸する形をとることをお勧めします。また、設備については、個人から法人に売却するものの、法人サイドにお金がない場合は個人が法人にお金を貸してあげてそれを原資に法人が購入するといった形を取ります。担保については基本そのままで、東電や経産省との契約を個人から法人に変えてしまって、個人/法人の売買契約書と売買代金の借用書があれば税務処理上大丈夫なのかな、と考えてますが、ここは少々グレーです(笑)ので、自己責任でお願いします〜!

以上、他の読者さんにも有用なネタかと思い、共有させていただきました〜!


【!注意!】銀行や信販会社の法人に対する融資姿勢は、銀行、支店、担当者、時期によって、180度変わるケースもあるようです。上述した話はあくまでアントレの経験上のお話となりますのでその点ご留意ください〜!


引き続きガンガン行きましょう!

投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

太陽光発電事業を始めたい方はこちらまで!

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5910603
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック