検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2017年01月27日

法人化について

こんばんは、アントレです!

今回の記事は、熱く書きたいと思いますw

最近、セミナーや読者さんからの質問で多いのが、法人化についてです。タイミングやメリット・デメリット等、考える要素が多いので、お悩みになるのは解ります。アントレも、その昔はそんな感じでした。

で、結論から言いますw

この記事を読んだ瞬間から、1秒でも早く、法人設立してくださいっ!!
(え?ちょっと待ってよ。作り方もわからんし、そのあとの決算や税務処理もイメージ沸かない!!って方も多いと思いますが、アントレご用達の格安の設立代行会社や税理士さんを紹介しますのでご安心ください!コメント欄かtokyonomadclub@gmail.comまでお願いします〜!)

で、本題。

何故1秒でも早くなのかを解説します。

巷であふれている、いわゆる節税対策としての守りの法人化ではなく、攻めの法人化のお話ですw

まず、この記事を読まれている読者さんを年収500万のサラリーマンの方と仮定します。
昨今、鋭意開催中のセミナーを通してアントレなりに解ってきたこととして、

@既に不動産投資や太陽光で数千万円やってらっしゃる方
A大きな借り入れは無く、これからどーやって資産構築していくか検討中の方

の、大きく二つの属性の方が多いことが解ってきました。

まず、@の方について解説します。

@の方は恐らく法人設立しても、新規法人として、新たに銀行や信販会社から借り入れをすることは難しい、もしくは借りれたとしても、不動産等の担保の範囲や、本当に少額になってしまうことは確実です。何故なら個人の与信枠をかなり使ってしまっている状況の中、金融機関の目線としてはそんな個人の新規法人に新たに貸し出す理由は無いからです。

いわゆる一般的には、金融機関が法人に融資するには、2期分の黒字決算が必要だと言われています。脱サラしてラーメン屋さんを始めたい!っと熱い事業主さんなら別ですが、金融機関の審査プロセスにおいて、サラリーマンの新規法人における投資性案件に対する理解はそんな感じになってます。

ということは、結構借り入れが進んでしまっているサラリーマンにとっては、1秒でも早く法人を立上げ、決算を2期分回して、新たな与信枠を作る。といった作業が必要になるわけで、早ければ早いほど、投資スピードを落とすリスクが少なくなる(=卒業のスピードも速まる)。と言った話になります。

もしくは、自分のサラリーマン年収を倍にするといった手法もありますが、、、難易度高いです(笑)

次にAの方です。

このケースの場合、個人の与信枠をフル活用して、新規法人で借り入れができる権利を有している。ということになります。金融機関は個人で買っても、新規法人で買っても、結果としては個人の余力を見てきますので、@の方とは違って、個人に大きな借り入れがない状況であれば、どちらでも審査は通る可能性が高くなる。と言った話になります。このような状況の方は、投資初期段階なので、法人投資と言った話は難易度が高くなってしまうのですが、そこはグッと勉強して、ぜひとも新規法人での投資活動にチャレンジしてもらえればと思います(個人で買い進めてはもったいないです!!)。

ということで、

@であれAであれ、1秒でも早く法人を設立して投資活動にいそしむべき

といった結論に至っておりまして、

恐らくどんな誰に何を言われようとも、このメリットは絶大である。とアントレは考えています。

ちなみにアントレは、勉強不足が故、法人は節税の道具としてしか考えておらず、個人で数億円規模を借り進んでしまい、@のパターンに陥り、太陽光フィーバーのこの時期に、投資スピードを落とさざるを得ない。と言った悲しい状況になってしまいましたw

この状況をクイックに打開するには、持っている物件を全て売り払うか、すぐに法人を作って個人の所有資産を法人に移すかの2択しかありません。現在、アントレは不動産の売却と法人への移管の両面で進めつつ、法人2社の黒字運営を目指している状況になります。

このブログの読者さんには、そんな失敗を経験してほしくなく、1秒でも早く法人を作ってもらいたいと思っています。

アントレは比較的年収は高い状況でしたので、個人のパワーでかなり買い進めることができましたが、年収500万くらいの方でしたら、個人ではすぐに融資の限界に到達してしまいますので、最初の投資から法人でやることを検討すべきと感じています。

もし、今アントレがAのサラリーマンであれば、まず最初に一気に法人を2、3個作ります。で、その法人ごとに太陽光と不動産をいい感じに分散して買わせていくといった戦略を取ります。
これによって、個人の与信枠はずーっと汚れないわけで、理論上、物件の数だけ法人を作ってすべて黒字にしてさらなる投資を進めていくといった法人を活用した複利の投資といった手法がとれるわけです。

少し別のいい方をします。

法人を活用した複利の投資の戦略を取った場合、年収500万の方でも、理論上、太陽光や不動産を10件どころか100件買え、資産規模を数十億にすることが可能になります。その分法人を作る必要がありますがw

そのあとポイントになるのが、法人から個人への利益移転や法人と個人間における売上と経費のコントロールですが、そこは上級者向けのノウハウがあります(笑)ので、セミナー等でお話できればと思います。

繰り返します。

この記事を読んだ瞬間から、1秒でも早く、法人設立してくださいっ!!

法人は10日もあれば作れます。

以上長文失礼しました。

引き続きガンガン行きましょう〜!

投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

太陽光発電事業を始めたい方はこちらまで!


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5869444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック