検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2016年12月31日

太陽光発電所の購入シミュレーション!!

再びアントレです!

先ほどのお勧め物件の購入シミュレーションをしちゃいます!
ただ単に買うとこうなる。だけではなくて、アントレなりの節税テクニックを混ぜ込んでやってみたいと思います!

まず、前提として以下をおきたいと思います。
・年収1000万のサラリーマン
・物件は土地代が500万、設備等が1500万
・予測発電量は20年平均で80,000kw/年
・単価は24円
・ローン金利は2.1%で15年間


この状況で年明け早々に物件が購入でき、28年度内に物件が稼働したとしましょう。

まず、ローンですが、対象は設備代となりますので、土地代については最初は自分で用意する必要があります。ここが最初で最大の難関になります。要は手元に現金、もしくは他で借り入れが可能な方が前に進めることができるのです(ただし、裏技がありますので、最後までお読みください〜)。

まずは月額のCFから見てみましょう(端数は省略)。

1500万を15年、2.1%で借りるので、月額の返済は9.7万。一方売電収入の方は80,000kw×24円×消費税(8%)なので、年額200万、月額17万となります。ゆえに毎月のCFは17万ー9.7万で、7.3万といった結果になりました。毎月7.3万がチャリンチャリンと入ってくることになります。

ローンは15年で終了なので、最後の5年間は年額200万がチャリンチャリンと入ってくることになります。年金も真っ青の金額ですね。CFの総額は7.3万×12か月×15年+200万×5年ということで、20年間で2300万となります。

土地代500万で、合計2300万が純利益として入ってくるという計算になります(もちろん20年以降もその時の設定されている単価で売電ができるので、純利益はドンドン増えていきます)。

で、最初の話に戻ります。

土地代500万のねん出がきつい。。。

気持ちはわかります。アントレもきついです(笑)

そこで、裏技です。

裏技と言っても、合法なんですが(笑)、消費税還付生産性向上設備投資促進税制を使います。

まず、前者。1500万の設備を購入するということは120万の消費税を払います。消費税還付のスキームを使うとこの払った消費税に対してもらった消費税(東電からの売電収入にかかる消費税)を控除した分を取り戻すことが可能となるのです。初年度の収入は200万なので、消費税は16万。なので、約100万を取り戻すことが可能となります。

次に、後者。生産性向上設備投資促進税制は設備投資に対してその費用の50%を当該年度中に償却できるといった制度であり、28年度内に稼働する物件が対象となります。つまり、設備代1500万の半分、750万を来年度に償却できることになります。

設備代の償却ってサラリーマンにかんけーないじゃん?

と思われるかもですが、、、かんけーあるんです

個人事業として青色申告しちゃえば、なんとなんと、給与所得と損益通算できちゃうんです!!!!

前提は年収1000万の方ですので、所得税、住民税は合計でざっくり約30%となります。つまり、300万を親方に自動的に持っていかれているんですが、さきほどの750万を損失として計上できますので、年収は250万の人となり、所得税、住民税は限りなくゼロに近い数字にならいます。所得税は源泉徴収となってましたので、約300万が再来年の春に税務署から返金されることになります(厳密には住民税は返金ではなく、翌年度以降がほぼゼロになります)。

かなりざっくりした部分もありますが、上述の通り、消費税還付と生産性向上設備投資促進税制で約400万を取り戻すことが可能となり、土地代500万への充当が可能。と言った話になります。

つまり、土地代は100万で済む。ということですね。

消費税還付はまだ当分先まで大丈夫ですが、生産性向上設備投資促進税制の50%償却は28年度、つまり来年の3月末で締め切りですので、これを知っている太陽光投資家(特にサラリーマン)は、買い急いでいる。と言った状況になっているのです。

24円単価の締め切りと生産性向上設備投資促進税制の締め切りが、くしくも同じタイミングになっちゃってます。


皆さん、急ぎましょう!アントレのお勧めもありますが、以下のサイト等で探すのもOKです。
色んな物件情報に触れてリテラシーを磨きましょう〜!

投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5773201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック