検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして!2016年3月末でサラリーマンを卒業し、太陽光、不動産、節税を中心に継続活動中です〜。
ここ1,2年は太陽光が熱いです!以下の2つのサイトで勝ち組発電家達のブログを是非見てみてください〜!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市  90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2021/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田 80Kw  21円 2022/3末まで
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
合計       1535Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@東京都港区港南  タワマン区分 89u
A東京都港区港南  タワマン区分 32u
B東京都港区港南  タワマン区分 58u(売却済)
C東京都港区海岸  低層区分   51u
D東京都港区海岸  低層区分   37u
E東京都港区芝浦  タワマン区分 84u
F東京都港区白金  タワマン区分 48u
G東京都目黒区大橋 タワマン区分 30u
H東京都渋谷区鶯谷 低層区分   49u
I東京都足立区皿沼 低層区分   39u(売却予定)
J神奈川県横浜市  RC一棟   600u
合計家賃収入 約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
Dガチャガチャ     検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2016年12月28日

ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)

こんばんは!アントレです。

今日は記事を書きまくってますが、ご容赦ください。暇なんです(笑)

いやー、このタイトル。ウルトラマン vs メカゴジラって感じで、とてもシュールですね(笑)

またしてもアホな計算をしてみたいと思います。

アントレ憧れのメガソーラー。その定義は簡単に言うと、1000KWの高圧発電所となります。

高圧線用の設備の導入や電気技術者の確保など、低圧に比べてコスト高になるのですが、大量発注による設備費のコスト低減により、利回りについては、50KWの低圧案件とほぼ同等といったスペックになります。

つまり、低圧50KWの発電所に比べて、そのまんま、全てが相似形でほぼ20倍。と言った話になります。

ということで、典型的な低圧案件は50KW、2000万ですので、メガソーラーは1000KW、2億と言った感じになります。

メガソーラーだけに図体がデカく、中々過積載やスーパー過積載を導入することは難しいと思いますので、仮にそのまま20年間進んだとして、前回記事にしたウルトラスーパー過積載と比較してみることにします。

前回の記事の通り、ウルトラスーパー過積載は、40円単価で20年間で約3.8億の売上を計上できる可能性があることが分かりました。

では、普通のメガソーラーはどうなんでしょうか?

こちらも何度も記事に書いてますが、低圧であれ、メガであれ、太陽光発電は導入コストの2倍の売上を上げることができます。つまり、2億で導入したメガソーラーは4億の売上となります。売電単価がいくらであっても利回りがほぼ同じなので、そうなります。

ってことは、、、ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)は売り上げ面では何と、ほぼ互角!!!となります。

とはいえ、若干メカゴジラ(笑)の方が優位なのですが、導入コストを比較すると、驚愕の事実が!!

メガソーラーは先ほど書いた通り2億の投資です。

ウルトラスーパー過積載は2000万でスタートするものの、24時間発電するためのパネルと蓄電池の導入が必要になります。アントレのイメージ的には、普通の低圧案件の3倍の規模のパネルと電池があれば、24時間行けるのかな。と感じています。昼間は3基が全て稼働して、1基はそのまま売電します。残り2基の内、夕方から深夜までの売電を1基が担当し、深夜から朝方までの売電をもう1基が担当する、といったイメージです。

ということで、簡単に言うと3基分を導入することになるので、6000万の投資。と言ったことになります。

メガソーラーは2億の投資で4億の売上。
ウルトラスーパー過積載は6000万の投資で3.8億の売上。


土地の面積は格段にウルトラマン(笑)の方が小さくて済みます。通常20分の1ですが、3基分なので、20分の3の面積で済んじゃいますw

さて、どちらがお得なんでしょうか???

いやー、燃えてきました〜(笑)





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5764176
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック