検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市   80kW 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91kW 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O茨城県常陸大宮 169kW 21円 2021/6〜
P横浜屋根     12kW 27円 2021/6〜
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2021/7〜
R群馬県前橋市   267kW 24円 2021/10〜
S茨城県那珂市   86kW 21円 2021/11【予】
㉑福島県双葉郡   90kW 14円 2021/12【予】
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2023/1【予】
㉓栃木県日光市   59kW 14円 2023/1【予】
稼働済合計 1.65M(目標2M)

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  4000万/年

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2021年09月25日

第3回アントレアンサー

こんばんは、アントレです〜!

今日は朝からチャリで遠出をしようとしたんですが、寝坊で断念。。
1日中家でボーっとしてましたw

さて、アントレクエスチョンの取組でございますが、ここにきて続々と質問を頂いております。
読者さんもエンジン掛かってきたみたいですね〜!
というコトで、3回目のアンサーです。

■質問者
長野県にお住いの30代男性ペンネームKettsuさんより

■質問
いつもお世話になっております。
早速ですが、インボイス制度が2023年度に導入されるみたいです。我々太陽光発電事業者も、課税業者にならざるを得なく(非課税の恩恵を受けられなく)なるのでしょうか?また、これに対し何か対応策はありますでしょうか?よろしくお願いします。

■アントレアンサー
ご質問ありがとうございます!ハイ、インボイス制度気になりますよね〜。
制度の詳細はグーグル先生にお聞きください。「インボイス制度 太陽光」で検索するとザクザク出てきますので。で、簡単に言うと、質問内容の通り免税事業者が強制的に課税事業者に成ってしまう、という感じでして売電収入で益税として得ていた10%分を消費税として毎年国に納付する必要が出てしまいます。というコトは売電収入を1000マン未満にして、1000マンを超えそうなら2つ目の法人を作る、、、といったスキームは無駄になってしまいます。法人を複数持っている方は分ける意味がなくなるので、1法人にまとめてしまった方が統合によるコスト削減もありますので、準備をしておいた方がよろしいかと思います。また、現状1法人で売上1000マン未満の方は簡易課税制度を活用しましょう。コレによって仕入れの消費税が自動的に算出される(太陽光事業の場合は70%)になるので、例えば売電売上がギリ1000マン未満の場合、今までは消費税納付ゼロでしたが、インボイス制度後は30マンほど納付要、というような感じに成ります。つまり免税事業者の方は最大で年間30マン程の出費がかさむ、とお考え下さい。また、当方の様に経費を付けまくっているような方に置かれましては、簡易課税ではなく原則課税がお勧めです。例えば売上が1000マン、経費が1000マンでプラマイゼロ的な方は原則課税がお勧めとなります。あと、発電所を追加購入して消費税還付を受ける場合は原則課税でないと、還付が受けられないのでご注意ください。

というコトで、強引にまとめると、、、

売上1000マン未満など気にすることなく、1法人で発電所を買いまくって、原則課税で経費を付けまくって、消費税還付をしまくるべし!

以上でございます笑

消費税とたくさんもらってたくさん払って日本経済を回していきましょう〜!

引き続き、アントレクエスチョン(ココ)よろしくお願いします〜!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

卒業サポートご希望の方はココ
お勧め太陽光保険はココ
お勧め保険見直しはココ
お勧め減税対応はココ
お勧め不動産コンサルはココ
個別面談ご希望の方はココ
大好評のUAT3はココ
従量電灯化サービスはココ
ジャプラス向け団信型保険はココ
激安遠隔監視装置はココ
激安除草・メンテはココ
当方へのご質問はココ

※編集後記※
インボイス制度はまだ制度として正式に始まっておりませんので、詳しくはご担当の税理士さんに確認お願いします。当方の強引な回答も、当て嵌まる人とそうでない人がいると思いますので、その点も正確には税理士さんにご確認ください〜!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10992849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック