検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P栃木県那須郡   64kW 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1060kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2021年02月26日

2021年4月1日より、小出力発電設備についても事故報告が義務化になります。

こんばんは、アントレです〜!

イヤー、法人×2決算と個人確定申告真っただ中でございます。
税理士さんに頑張っていただき、明日には結果が出る感じです〜

さて、久々に我々太陽光発電家のオフィシャルサイト、”なっとく”を覗いてみたところ、以下の案内がございました。

2021年4月1日より、小出力発電設備についても事故報告が義務化になります。

な、なるほどぉ

高圧案件は以前から対象になっていたんですが、この度低圧案件も対象になる、というお話の様でございます。

で、どのような場合に報告が必要になるかというと、、、

@感電
感電によって人が死亡もしくは入院した場合

A電気火災
風車ナセルや太陽光パネルなどの設備が原因で発生した火災が該当

B他者への損害
太陽光パネルや架台、風車ブレードなどの破損により、他社へ損傷を与えた事故。例えば、太陽光パネルの飛散や敷地内の土砂崩れによる土砂流出など、他社へ損傷を与えた場合が該当

C設備の破損
設備の破損により運転が停止する事故。例えば、風車タワーの倒壊や風車ブレードの折損、太陽光パネルの破損、パワコンの焼損等が該当


な、なるほどぉ

よくよく読んでみると、例えば太陽光パネル1枚が台風によって飛んでしまい、近隣の家屋や車、人にぶつかってしまった場合でも報告対象になるようです。

で、気になる報告タイミングですが、

事故を覚知した時から24時間以内に概要(速報)報告、30日以内に詳細(詳報)報告、と書いてありました。

結構タイトやねぇ〜

で、万一報告を怠った場合は、、、

報告義務.png

ば、罰金ですか、なるほど。

ということで、本ブログをお読みいただいている皆さんの多くは低圧発電家の方であると思いますが、4/1から新ルールとなりますので、罰金刑にならないように、気を付けて行きましょう〜

また、コノ話に触れる中で、いわゆる保険屋の血が騒いでしまいました(笑)

なぜなら上記は全て完全に保険適用に事象になるから、ですね。

当方の保守運用コンサル(保険付き)は、その名の通り、太陽光発電所の稼働後のの主運用全般についてのコンサルに保険が付帯するといったスキームを組んでおります。

この度の新ルールについても、保険契約の事故申請と合わせて側面サポートさせていただきたいと思いますので、ご興味ある方は以下の記事よりエントリーよろしくお願いします〜!

アントレ保険、リリースします!

保険は毎年毎年値上がり傾向にありますので、極力早期に長期にご加入をお勧めします。

引き続きよろしくお願いします〜!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココ
お勧め太陽光保険はココ
お勧め保険見直しはココ
お勧め減税対応はココ
お勧め不動産コンサルはココ
個別面談ご希望の方はココ
UATはココ
大好評のUAT3はココ
融資コンサルタントはココ
太陽光融資希望の方はココ
従量電灯化サービスはココ
ジャプラス向け団信型保険はココ


※編集後記※
よいよ2月も終わってしまい、今年度も残すところあと1カ月。銀行融資などは最後の大勝負という期間に突入です。当方も2億の不動産融資の借換(金利3.5→1.9)に挑戦してます。ガンガン行ってみたいと思います〜!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10564339
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック