検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P栃木県那須郡   64kW 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1060kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2021年02月15日

除草メンテの料金について考察してみる

おはようございます、アントレです〜!

今日の東京はあいにくの雨模様。。。
しょうがないですね。

さて、卒サポメンテ隊の件です。
おかげさまでかなりの皆さんの挙手頂き、よいよコレからサービスの標準化等を進めていくことになるんですが、除草メンテの料金体系につき、少々考察してみたいと思います。

まず、考慮しないといけないのは、実は発電所って一つ一つかなり個性がある、という点です。

地域柄は元より、土地の面積や形状、元々雑草が生えやすい/生えにくい、防草シートや砕石が敷いてある/敷いてない、除草剤の効果が出やすい/出にくい、架台の高低、、、等々、発電所が100か所あったら100か所分の顔を持っている、というコトになろうかと思います。そりゃそうですよね。当方が鹿嶋に所有する発電所などは、土地が砂地になっていて、雑草が生えずらいようで稼働から一切草刈りは不要だったり、牛渡の某電〇ソリューションズ案件などはいつも草ぼーぼーでパネルの間から木が生えていた等、実際にございます。

ということで、当方が提携している激安除草業者さんに当方が茨城県に所有する3か所の発電所の年間定期管理の見積もりをお願いしてみたところ、以下の回答を頂きました。

◆定期管理(5月下旬・7月下旬・10月下旬に除草剤散布)
 ※コスト重視で年3回のみの除草剤散布となります
 ※除草剤の効果の確認はございません
 ※訪問時にパネルの状況パワコンの状況を確認
 ※雨上がりなどの急激な雑草の生育には対応できない場合もございます

  発電所Aの場合 76,800円/年
  発電所Bの場合 32,000円/年
  発電所Cの場合 69,600円/年

◆完全管理(4〜11月までの間に4〜5回の除草剤散布)
 ※除草のことは安心してお任せください
 ※除草剤の効果の確認あり
 ※訪問時にパネルの状況パワコンの状況を確認
 ※3カ月に2回+近くで作業があった際などに現地確認

  発電所Aの場合 99,600円/年
  発電所Bの場合 41,600円/年
  発電所Cの場合 86,800円/年

うーん、やはりかなり開きがございます。一番大きいのが土地面積、あとは交通費が大きいような気がします。にしても安いですね〜(笑)

というコトで、卒サポメンテ隊の料金体系も、一律年間〇万円、という形には行かないような気がしてまいりました。

例えば、、、(金額は当方の単なる肌感です)

@目視確認  →年5千円(1年に1回何かのついでに見に行く程度)
A緊急駆付け →1万円+交通費(目視確認や必要に応じてブレーカーの立上)
B除草剤散布 →2万円+交通費(1000u程度の土地)
C草刈り作業 →3万円+交通費(1000u程度の土地)
Dパネル洗浄 →3万円+交通費(1000u程度の土地)
EPV点検   →5万円+交通費(パネル50kW程度)


といったような料金テーブルがあって、請け負う発電所の状況やエンド顧客のご依頼に応じて、上記の組み合わせが発生する、というようなイメージです。ソレと交通費も例えばCとDを同時に対応する場合はダブルで発生しないワケで、顧客が違ってもメガ分割型発電所の5か所を対応する場合は交通費はカナリお安くなる、という形になろうかと思います。また、保険の様に、長期割引や一括前払い割引のようなものも検討要素として出てこようかと思います。

この辺りは、実際に動き出してみないと分からない点もあり、難しいですねぇ

結局、

めんどくさいから年間一律6万円にしちゃえ〜(笑)

という形になってしまうカモですね(笑)

というコトで、このあたりの点につき、卒サポメンテ隊の皆さんと相談しながら料金体系を決めて行きたいと思います。

除草メンテについては、日本全国色んな業者が群雄割拠しておりますので、卒サポメンテも顧客獲得のために何かしらの差別化要素を持っておかないとイケません。C2Cのコンセプトはヒットすると思ってますが、やはりまぁ、やっぱりコスト面が大きいかと思いますし、他の差別化要素としては一体何があるんでしょうか。引き続き考察していきたいと思います〜!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココ
お勧め太陽光保険はココ
お勧め保険見直しはココ
お勧め減税対応はココ
お勧め不動産コンサルはココ
個別面談ご希望の方はココ
UATはココ
大好評のUAT3はココ
融資コンサルタントはココ
太陽光融資希望の方はココ
従量電灯化サービスはココ
ジャプラス向け団信型保険はココ
激安遠隔監視装置はココ
除草メンテサービス(卒サポメンテ)はココ

※編集後記※
本日、四国にお住いの卒サポ生の方から、地元の生ガキを一斗缶で頂いてしまいました〜!
Kさん、ありがとうございます!美味しく頂いちゃいます〜!!

31A5F10A-E121-49B8-977D-719461B5072D.jpeg
C3FF1EAB-5152-4312-947E-E83F41860895.jpeg
A4F71825-DFDD-42CF-B162-C19CF6B1AABD.jpeg
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10540196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック