検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

Twitter→https://twitter.com/tokyonomadclub

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2016年12月15日

【続】太陽光発電所の法人移管

おはようございます!
アントレです!

今日も天気がいいですね!今日はタワマンの内見に行ってきます〜!

さて、以前記事にした本件ですが、昨日税理士さんと相談して、完全に方向性が見えちゃいました(むふふ)〜!

その全容を書いちゃいます。

まず、アントレは個人で太陽光発電所を6基運営してます。
現時点では免税事業者なので、売電収入における消費税は全て頂いている状況です。
ですが、今年の確定申告で課税売上が1000万を超えてしまいますので、2年後に強制的に課税事業者となってしまい、2年後以降は頂いた消費税を親方に納税しないといけなくなってしまいます。

ということで、6基の発電所を徐々に法人に移動しちゃえ〜。といったアイデアが出てきたわけです。

■個人から法人への移動ってどうやるの?
設備を売却します。いくらで売るのか、ですが、時価となります。ただ、太陽光の中古市場はまだそれほど活発ではないので、時価は簿価で算出します。つまり、購入価格から売却時点までの減価償却を控除した価格となり、譲渡益や損はほとんど発生しない形になります。

■経産省や東電へは?
太陽光発電所の運営者の変更(個人→法人)として、軽微変更の手続きを取ります。1週間もあれば簡単に変更できます。

■土地はどうするの?
土地は売りません。売ってもいいのですが、登記費用が掛かりますし、ここでの時価算出には不動産鑑定士などの手配が必要となり、モロモロめんどくさいからです。なので、年10万の賃貸となります。

■移すタイミングは?
来年中です。個人の方では再来年から課税事業者になっちゃいますので、その手前で移動してしまいます。その結果、再来年の課税売上はほぼゼロとなり、強制的に課税事業者になるものの、納税する消費税がなくなっちゃった、、、と言った状況を作り出します。

■法人サイドに軍資金や銀行からの融資が必要では?
不要です。個人⇔法人でローン契約を結びます。法人は売電収入から毎月返済するだけでOKとなります。

■個人サイドのローンはどうなる?
6基全てフルローンで購入してますが、ジャッ〇スのABLが2基あり、そこには設備の質権が設定されているはずで少し厄介です(が、抜け道を模索します)。その他4基は無担保ローンですので、そのまま放置で全く問題なし。この4基から切り崩しに入ります。

■いくつ移すの?
6基全部移すと結局法人サイドでも売り上げが1000万を超えちゃいますので、1法人あたりMAXで4基と考えています。なので、発電所4基ごとに法人を1つ作っていくイメージです。

■消費税還付は受けるべきか?
悩ましい問題です。というのは、消費税還付を受けるためには敢えて消費税の課税事業者となり、結局、売電収入における消費税を初年度から親方に納税する必要があるからです。2年後には免税事業者になる権利が生まれるので、還付される消費税と納税する消費税の差益を見積もって判断が必要です。で、見積もった結果、4基移動すると300万くらいのプラスになることが分かりましたので、やっちゃいます(笑)

■2年後にどうするか?
これも以前記事にしましたが、理論上は2年ごとに他の法人に移動することによって、ただそれだけで消費税還付の利益を得ることができちゃいます。いわゆる「太陽光における、消費税還付を活用した、複数法人による、バケツリレー投資」ってやつです。このスキームの実現性はもう少し税理士さんと相談していきたいと思います。

■アクションアイテムは?
ってことで以下の4つですね。
@設備の売買契約書(個人→法人)
A土地の賃貸契約書(個人→法人)
B設備代のローン契約書(個人→法人)
C経産省、東電への変更手続き(個人→法人)

ご参考までに〜!





この記事へのコメント
すすきのさん、コメントありがとうございます〜!はい、理論的にはそうです。ただ、当局に消費税逃れと思われないような確固たる理由が必要だと思います。税理士さんと相談ください〜!
Posted by antre at 2018年08月30日 23:37
今晩は。
個人から法人への振り替えを調べていて辿り着きました!

消費税還付バケツリレーですけど、先ず個人で消費税還付を受けて、2年後に個人が免税事業者に戻った時に法人を設立して法人に太陽光を売却、法人で再び消費税還付と言う方法も考えられそうですよね。
Posted by すすきの at 2018年08月30日 22:52
すさのさん、コメントありがとうございました! 中々順調に拡大されているようでGOODですね〜!租税回避を指摘されるリスクは当然あると思いますよ〜w そのリスクをどうやって極小化するかがポイントと思いますが、ちょっと紙面では書けませんね(笑)
また、金融機関の法人貸付についてはもちろん、実績があるに越したことはありません。
法人or個人へと、貸出をハンドリングすることは、一般的な話かと思ってます。目的がしっかりしていれば大丈夫と思いますよ〜!
Posted by アントレ at 2017年10月04日 07:53
興味深いブログ、拝見させていただきました、
私は現在50kwを3基、法人で運営しております。
もしよければご教授頂きたいのですが、
最近追加で低圧の80kwを、6基追加の計画しております、それで、今の法人にあと1基までは追加しても売り上げ1000万に届かないのですが、2基追加してしまうと1000万越えてしまいます、
そこで、追加の2基目以降は個人で所有しようかなとも考えてるのですが、
税務署から「消費税逃れるために個人でやったのですか?」など、租税回避を指摘されるリスクもあるのかなと思いました、
その辺りどのようにお考えでしょうか、

それと金融公庫や、銀行など融資機関は、やはりすでに実績の出ている、法人への貸し付けの方が積極的に検討してくれるのでしょうか、それともそれはあまり関係ないのでしょうか、
節税のために、1基目は法人に、2基目以降は個人に貸してください、などと言うのはやはり心証を悪くされますでしょうか、もし経験おありでしたらご教授頂けたら幸いに存じます。
Posted by すさの at 2017年09月19日 23:25
千原さん、コメントありがとうございます!
また、いつもお読みいただきうれしい限りです。

ご質問の件ですが、個人側の方が免税事業者であれば問題ないですよ〜。
このスキームは個人と法人で免税/課税事業者を異にすることがポイントとなります!
Posted by アントレ at 2017年05月08日 10:41
アントレさん、初めまして 千原といいます いつもブログ拝見させていただいてます
一つ質問なんですが、個人から法人に移す時に消費税還付うけるスキームなんですが、法人が還付受けても、結局個人の方が消費税納めなくてはならないのでは、ないでしょうか?
それで、結局±0円てことでは、ないでしょうか?
Posted by 千原 at 2017年05月08日 10:09
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5721564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック