検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして!2016年3月末でサラリーマンを卒業し、太陽光、不動産、節税を中心に継続活動中です〜。
ここ1,2年は太陽光が熱いです!以下の2つのサイトで勝ち組発電家達のブログを是非見てみてください〜!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市  90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田 80Kw  21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
合計       1535Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@東京都港区港南  タワマン区分 89u
A東京都港区港南  タワマン区分 32u
B東京都港区港南  タワマン区分 58u(売却済)
C東京都港区海岸  低層区分   51u
D東京都港区海岸  低層区分   37u
E東京都港区芝浦  タワマン区分 84u
F東京都港区白金  タワマン区分 48u
G東京都目黒区大橋 タワマン区分 30u
H東京都渋谷区鶯谷 低層区分   49u
I東京都足立区皿沼 低層区分   39u(売却済)
J神奈川県横浜市  RC一棟   600u
合計家賃収入 約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2016年12月06日

【続】太陽光発電設備の法人への移管

こんばんは!

今日は、太陽光発電設備の法人への移管の続報を書いてみたいと思います。

税理士さんと相談しました。

太陽光発電を活用した消費税還付における、アントレ的悪だくみ(笑)ですが、どうやら、理論上、可能なようです。

概要を公開しちゃいまーす!ただし、税務署による見解は様々ですので、あくまで当方のイメージ案としてお考えください(笑)

アントレは個人で太陽光を6基運営中で、今年は課税売上が1000万を軽く突破してしまい、2年後に強制的に消費税の納付事業者になってしまいます。多分毎年1500万くらいの課税売上が上がるので、このまま放置しておくと、太陽光だけで120万の消費税を親方に毎年上納する必要が出てきます。

これは、まずい(笑)?ということで、対策としては、個人で所有してる太陽光設備を法人サイドに移動しちゃえー!!といったアイデアがまず出てきました。設備もそうですが、売上自体を法人に移してしまおう、そうすることで個人の課税売上が減り、納入する消費税も減る、という話になります。1500万の売上を例えば2つの法人に移しちゃえばいい話かなと。

で、それを検討する過程で、個人→法人の売却の際に、消費税還付のスキームが使えるんじゃね?と思い、税理士さんに相談した結果、普通にできる。との心強い見解をいただきました。

ということは、例えば2000万の設備を個人から法人サイドに売った場合、160万の消費税が法人サイドに還付されます(個人側はまだ課税事業者になってないので無風)。で、2年間は消費税を親方に納税する必要があるのですが、2年分の売上はざっくり500万。なので、40万の納税となります。つまり、差引120万の利益。で、課税事業者をやめるということになるのですが、その瞬間に、またほかの法人に売っちゃうと、買い取る側の法人としては、まあ、時価も下がっていると思いますが、パネルやパワコンの劣化により売り上げも下がってるので、先ほどの差引利益は、恐らく100万くらいになるのかな、と。

で、これを2年おきにずーっと繰り返す場合、上述した、差引利益の劣化率を2年ごとに20万と見積もると、、、

初年年度(n)→120万
n+2年→100万
n+4年→80万
n+6年→60万
n+8年→40万
n+10年→20万
n+12年→0

となり、10年で420万の利益をひねり出すことが可能となります。
10年間で設備の時価がどれくらい下がるのか、に依存しますが、17年で償却する設備ですので、まあ、ざっくりこんな感じでしょうか。

実はこれってすごいことで、2000万の設備を購入した場合、消費税還付のスキームを使って、キャッシュで420万、つまり、利回り21%GETという、アホみたいな話になります(笑)

アントレは、これを、

太陽光における、消費税還付を活用した、複数法人による、バケツリレー節税

と命名します。ナゲー名前(笑)

というか、もはや節税ではありませんね。収益が生まれるしかないので、

太陽光における、消費税還付を活用した、複数法人による、バケツリレー投資

としたいと思います(笑)

アントレは6基保有してますので、3つか4つの法人で上手くローテーションすれば約2500万のキャッシュゲットとなりますね。中古フェラーリ2台分です(笑)

不動産投資の消費税還付のスキームは正直、親方にかなり塞がれてしまいました。
太陽光は制度自体、出来立てですので、塞がれる前にまだまだイロイロとやれることが多そうです。

日々勉強ですね〜!

PS@.こういうことって、関係法人間での回転売買としてまずいんですかね。どなたか詳しい方がいらっしゃったらコメントお願いします〜!

PSA.10年も回転させるのは無理があるかもですが、太陽光発電をやるうま味の一つが新たに加わりました。皆さん、24円単価はもうじき終焉を迎えます。アクセル踏みましょう!

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5689941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック