検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3〜
I群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
J茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
K茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
L群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
M横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
N栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2020年07月03日

再エネ追い風吹きまくり〜!

こんにちは、アントレです〜!

いよいよ、東京都知事選も最終局面に来ちゃいましたね。
本ブログでは友人である小野泰輔氏を全面的に応援しております。
皆さま、清き一票、是非ともよろしくお願いしますm(__)m

さて、今日の日経新聞が賑やかでしたのでUPしておきたいと思います。

まずは、1面。

61B4A1E9-20DA-4303-A828-E50B11B2BA5E.jpeg
送電網、再生エネ優先
普及へ利用ルール見直し

遂に原発組が確保している送電網が再エネに開放される模様です!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いやー、ようやくですよ。ようやく。
本ブログではその不公平性を散々書いてきた気がするんですが、原子力ムラという既得権益組が無駄な踏ん張りをしてきたのでしょうか。低圧FITの門が閉じてしまった、今頃ということで、遅すぎやしませんかね、しかし。記事に書いてあるポイントは3つ。

@再エネ事業者が送電網を優先的に利用できる仕組みを構築
A送電量が大幅に増えた場合に、再エネの発電を抑制する現在のルールを見直し
B低効率の石炭火力発電所の休廃止を進める

いいですねぇ。特に我々低圧発電家にとってはAが気になりますね。恐らく出力抑制は無くなっていきますね。コレは。ということは、我々が自腹を切って、後付けて設置したアノ出力抑制装置は一体何だったんでしょうか。加えて、電力会社側にも抑制をコントロールするシステムや人手が掛かっているワケで、つまるところ、莫大なコストが無駄に投下されている、という感じになってしまっております。

経産省さん

再エネ賦課金の増大で国民負担ガーーーーっと言ってる前に、もっともっと世界の潮流を意識したクレバーなエネルギー政策を打ち出して行きましょうよ。コンナ場所に無駄なコストを投下する暇があったら今回の様にルールを先に変えた方が時間もお金も人もかなりセービングできる、というお話は小学生でも通じる件かと思います。ガンバレ、トーダイ生!

次、3面です。

D8F1C503-7512-4C91-8C8D-AE820763575B.jpeg
石炭火力 抑制に転換
低効率100基、休廃止方針

ハイ、当然の流れですね。ってか、送電網開放含めて遅すぎます。FITが始まったのが8年前ですので、5年は遅いですね。一体何やってたんでしょうか。ただ、欧州は全廃の方針を取っているようで、マダマダ甘いです。

で、記事をよく読むと電力会社の気になるコメントがございました。

71036B77-6ADC-42B0-88C2-52244060D888.jpeg
「石炭を廃止する以上、国が原子力発電所の新増設を後押しすべきだ」

アホですか?レベルが低すぎて話になりませんねw

ということで、原子力ムラのしぶとさも垣間見られてますが、再エネにはかなりの追い風が吹き始めているのは事実でございます。

太陽光発電家の皆さん、止めようなくそう原子力発電精神で引き続きガンガン発電していきましょう〜!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココ
お勧め太陽光保険はココ
お勧め保険見直しはココ
お勧め減税対応はココ
お勧め不動産コンサルはココ
個別面談ご希望の方はココ
UATはココ
大好評のUAT3はココ
融資コンサルタントはココ
太陽光融資希望の方はココ
日本ノマド倶楽部はココ

※編集後記※
Twitterの方で東電が太陽光発電所を大人買いしようとしている件を書いたのですが、背景にはコレがあったんですね。石炭火力がオワコンになり、原発も当然ながら中々進まずというコトで、ようやく再エネに的を絞り始めた、というコトでしょうか。ってか、遅すぎますよね。本来であれば、既存の電力会社コソが、FITなどの制度の前から新しいエネルギー分野である再エネに突っ込んでいって技術開発等、再エネ発電のパイオニアとして業界を引っ張っていくべき役割なんでしょうが、原発や火力といった既得権益の確保にしか頭が使えないという何ともオソマツなお話でございます。コンナ電力会社たちから電気を買っていること自体、恥ずかしくなってきますね。というコトで皆さん。そんな彼らに鉄槌を落とすべく、ご家庭の電気契約に付き、新電力に切替えをしちゃいましょう〜 以下のURLからお願いします〜m(__)m

https://looop-denki.com/low-v/?INTRO_CODE=1vnz7u
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9996835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック