検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3〜
I群馬県安中市   77Kw 27円 2020/11〜
J茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2020/9〜
K茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2020/11〜
L群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
M横浜屋根     12kw 27円 2021/3末まで
N栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
㉑福島県いわき市  80Kw 21円 2021/3末まで
㉒福島県いわき市  80Kw 18円 2021/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2016年11月27日

潮来の実績と太陽光発電のうま味について

こんにちは!アントレです!

先ほど、アントレが所有する6基の発電所の10月の売電実績を記事にしましたが、そこに書きました通り、結果としては何とか黒字を維持したものの、過去最低の成績でした・・・。

太陽光、実はそんなにおいしくなくね?

と思われてしまっては悔しいので、アントレが最初に購入した1号機、潮来発電所の過去実績を公表しつつ、アントレの太陽光発電に対する思いを熱く書いちゃいます!!

プレゼンテーション1.jpg

この発電所は2014年からの稼働で3月下旬より売電開始となったため、最初は赤字スタートしたものの、その後は黒字街道まっしぐら!
2014年はこの発電所だけで71万の利益(税引き前)でした。
2015年も赤字11月の1カ所(恐らく東電の出力抑制が入りました)のみで、トータル85万の利益
2016年も9月は苦戦しましたが、トータルで80万程度は行くと思われまます。

この物件は、ア〇ラスさんで金利2.7%の15年間フルローン、2200万で購入しました。支払総額は約2677万になります。

売電単価は40円で20年間続きます。仮にですが、過去3年分の実績を鑑み、今後も毎年80万の利益が出たとしましょう。

15年間の合計利益は80万×15で1200万。その後5年間はローンが終わってるので売上=利益となります。まあ、劣化もあるでしょうから、年間200万とすると、5年分で1000万。ということで、20年間の合計で2200万の利益。ということになります。

10年分の動産保険と休業補償は価格に含まれていてますが、10年以降は自腹になるのと、パワコンの故障なども考えられますので、20年間でざっくり2000万の利益は上がる、と踏んでいます。

おしなべると年間100万。年に1,2回の草刈りに行くだけで、年収100万が手に入るということになります。

もちろん、不動産投資のような、空室リスクなんてものはございません。機械の不具合もメーカー保証と業者の保証と保険でカバー。しかも休業補償もついているので、故障しても、機械は保険で直し、停止していた分の売電も保険会社が補償してくれる、といった、感じです。大地震や太陽が消滅しない限り、かなりリスクは極小化されてるのではないでしょうか(まあ、何億年と照り続けてきた太陽が、ちょうどこのタイミングで崩壊するなど考えられませんよね(笑)。そんな事態に陥ったら、他の投資商品も全滅です(笑))。

このような発電所を10基取得すると、年収1000万となるわけです。
(20年間限定ですが、まあ、年収1000万を初っ端(初任給)から20年間もらえることって凄いですし、これだけで生涯年収2億ですからね。十分です。)

いわゆるエリートサラリーマンと同等の年収なのですが、やってる作業は草刈りだけです(笑)

というと、なんだかさぼっているようですが、原子力や化石燃料に頼らない、自然エネルギーの普及について多大なる貢献をしているということになります(また、空いた時間を使って、自分のやりたいことや社会貢献に時間を費やすことができることになります)。

震災後は、節電節電と、日本全体が真っ暗になりましたが、太陽光発電の普及により、エネルギー不足の話は一切なくなりましたしね。

また、上記で20年間限定的な書き方をしていますが、20年以降もその時点における適切な単価で電力会社が買い取ってくれることになりますので、例えば半額になったとしても、年収500万は維持されることになります。これは機械が壊れない限り、というか、機械が壊れても交換OK。ということで、一生。というか、子や孫やその先まで受け継ぐこともできる可能性が高いということです。(これはこれで制度設計に考慮不足があると思いますが、こういう制度になってしまっている以上、仕方ないですよね。親方)

繰り返します。

土地を購入して、設備を作って、売電の認定を受けることができた瞬間に、20年間毎月安定したキャッシュフローをゲットできるだけでなく、その設備や権利をいわゆる”資産”として、継続して未来の子供たちに引き継ぐことができる。

これが太陽光発電なのです。

ただし、この”資産”は、不動産や車といった、いわゆるフツーの資産ではなく、未来永劫、毎月安定したキャッシュフローを生み出してくれる不労所得、と言い換えることができます。機械の交換ができちゃいますので、未来永劫も不可能ではありません。

さらに、20年後、とは言わず、10年後であっても、太陽光パネルやパワコン、周辺機器は劇的に技術進化を遂げる可能性が高いです。1カ所でも区画を持っていたら、その区画から、今の数倍以上の発電が可能になってしまうかも知れません。

そーなると、10基持つというよりは、たった1基持っているだけでも、全然違うよね。ということになるわけです。

5基も10基も持つのはハードルが高いなぁ。と思われる方もいらっしゃると思いますが、1基だけでも将来が違います。

0基か、1基か。

この違い、とんでもなく大きいですよ!

ということで、サラリーマンの卒業には、太陽光発電を行うことは決定事項であります。しかも年収500万で勤続3年もあれば2000万の案件をフルローンで購入可能です。たったのそれだけで、上で書いたように今の年収に100万プラスでき、50%の償却で、所得税と住民税を2年間くらいはゼロにできちゃったりします。

アントレがクドクドと皆さんにお勧めする背景はここにあります。
正直な話、現時点では不動産投資よりは絶対に太陽光をお勧めします。ご存知の通り、太陽光は国の買取単価が下落していく関係で、参画が遅くなればなるほど、うま味が薄れていきますので。

これを読んだ方はすぐにアクションを起こしましょう。

とはいえ、何から始めていいかわからない人は以下のサイトがお勧めですが、アントレもお勧め物件の情報を持ってますのでコメント欄にて連絡をいただけますとすぐに紹介できます。




皆さん、一緒に勝利を勝ち取りましょう!


この記事へのコメント
ふるさわさん、コメントありがとうございます!何せ4年前の記事ですからね。突っ込みどころ満載です(笑)
Posted by アントレ at 2020年09月14日 20:43
リアルタイムでこのブログ見てたら速攻コメントしてたのに泣
Posted by ふるさわ at 2020年09月11日 13:36
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5662111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック