検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2020年03月26日

来年度FIT正式確定〜当方のパブコメはどーなったの?

こんにちは、アントレです!

東京オリンピックが中止になった途端にバタバタ動き出している大人たちがヒジョーに醜いですね。
都民の健康よりオリンピックが大事、国民の命より経済が大事というコトでしょうか。
大の大人が何やってんだか、何だか情けなくなってきちゃいますね。

さて、話は変わって、来年度FITの件です。
我々太陽光発電家のオフィシャルサイト”なっとく”に以下のリリースが出ておりまして、どうやら正式に決まったようです。

FIT制度における2020年度の買取価格・賦課金単価等を決定しました

内容としては今まで議論されてきた通りでございまして、

@事業用太陽光発電(10kW以上50kW未満)は13円+税 ※自家消費型前提
A事業用太陽光(50kW以上250kW未満)は12円+税
B事業用太陽光(250kW以上)は入札制


今まで一世を風靡してきたいわゆる低圧野立てジャンルは完全に試合終了というコトになります。

で、例外的に一部生き残るのが低圧ソーラーシェアリングでして、コチラは自家消費しなくてもOKで、上記@の13円+税となりました。ところが、ソーラーシェアリングって営農コストや専用架台のコストが高く、とてもじゃないけど13円では難しいのと、経産省の計算にミスがあって、本来でしたら13円以上にならないと辻褄が合わない状況でした。で、当方的にヒジョーに腑に落ちないので、以前記事にした通り(ココ)、パブリックコメントという制度を通して経産省に文句を言った次第でございます。

で、今回のFIT確定に合わせ、その結果も出ておりました。

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案等の概要」に関する意見公募の実施結果について


それでは当方の指摘に対する経産省の反応を見てみましょう。

•意見公募の結果について

当方の指摘はNo30に以下の通り、ございました。

pabukome.png

で、経産省の回答は以下でございます。

kekka.png

全然回答になってない、、、ダメだこりゃw

要は負担金が爆発していて、区分を細分化すると買取費用が上がるので(意味不明)、なるべく大きな区分にして、その中でより効率的な(意味不明)案件からの導入して国民負担を抑制したい。営農とか関係なく、委員会が低圧は13円になったから営農も13円にした、、、と、ゆーよーなことを言っているようですが、解答の質が入社1年目の新入社員レベルですね。全く以って何言ってるのか分かりませんでした。さらに、最後の文章で、逆に農業政策上の便益もあるよね的な、カウンタージャブも打って来る始末。。。ダメだこりゃw

てか、せっかく制度設計の不備を指摘してあげたのに、意味不明な回答を打ち返して試合終了って、このパブコメという制度はどーゆー意味を持ち合わせているんでしょうか。全く以って意味不明でございます。

まあ、予想通りと言えば予想通りだったんですが、何とも腑に落ちない結果でございました。

とゆーコトで、低圧野立ては正式に試合終了でございます。

14円の既認定案件も刻一刻と売れて行ってますので、引き続き頑張りましょう〜!!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココ
お勧め太陽光保険はココ
お勧め保険見直しはココ
お勧め減税対応はココ
お勧め不動産コンサルはココ
個別面談ご希望の方はココ
UATはココ
大好評のUAT3はココ
融資コンサルタントはココ
太陽光融資希望の方はココ
日本ノマド倶楽部はココ

※編集後記※
首都封鎖になったら新規の発電所の契約や視察が中々難しくなってしまいますね。既に売電中の発電所もパワコン落ちなどがあったら、現地に行けないぢゃないですか。まあ、他の業界と比べたらかなりぜーたくな悩みカモですが、イロイロ心と体の準備が必要そうです。
この記事へのコメント
モデモデさん、コメントありがとうございます。ですね。想定はしていたものの、もう少しまともな回答を頂きたかったですね。つまるところ、低圧野立て全量は完全に閉じたいという姿勢なんでしょうかね。コチラも切替えて前に進むしかないですね〜!
Posted by antre at 2020年03月29日 09:24
なのは☆なのさん、コメントありがとうございます〜!そうですね。低圧野立てFITの門は完全に閉じてしまいました。。。9.9kwは恐らく全量売電できないかと思います。つまりNon-FITという形ですね。であれば規模のメリットを狙ってやはり大きめの土地で攻めた方がよろしいかと。ただ、コストメリット出すためにもう少し様子見る必要あるとおもいます。
Posted by antre at 2020年03月29日 09:22
おはようございます

核心部(営農の自家消費は考慮せず)はハグラカシ、総論部(賦課金が多い)での回答ですね
全く質問の回答になってないですね。
最後の営農での・・・算定が難しいって言ってますが、質問趣旨をわかってての回答でしょうけどね。

まあ想定内の回答だったかもです

お疲れさまでした。
Posted by モデモデ at 2020年03月27日 10:33
いつも見させて貰ってます。いよいよ低圧が駄目になってしまいましたが、良く見ると10kw以上50kw未満となってます。と言うことは9.9kw申請でパネル過積載だと、まだ申請は通ると言うことでしょうか?
それなら小さな土地で少ない資金からでもやりやすいのかなと…
Posted by なのは☆なの at 2020年03月26日 19:54
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9730846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック