検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2020年02月10日

ソーラーシェアリングにおける経産省の制度設計ミスの件

こんばんは、アントレでございます。

今日はお天気よかったですね〜!
この調子でガンガン発電お願いしたいですね!

さて、従前より記事にしてきた件で、単価予想を外した腹いせにネチネチ行きたいと思いますw

低圧FITの2020年度単価はご存じの通り、13円と確定しましたが、ソーラーシェアリング部分について、経産省の設計ミスがございますので、改めて問題提起しておきたいと思います。

ご存じの通り、2020年度以降の太陽光の事業用低圧(10〜50kW未満)については、

@地域活用要件+自家消費50%前提
A地域活用要件+ソーラーシェアリング

の2パターンしかやってはイケないことになっております。FIT単価13円で。

で、その算出根拠となったパラーメータは、経産省の資料より、以下となっております。

2020年度.png
皆さん、この表をよーく見てください。

2020年度は2019年度よりシステム費用が上がっています(18.2→21.2万円/kW)。
加えて地域活用要件具備に要する費用として0.3万円/kWも追加されています。

コレを鑑みるに、その他パラメータが変わらなければ、FIT単価は2020年度は19年度に比して上がる、となるワケなんですが、今回新たに、「自家消費分の便益」という、自家消費50%前提なので、その分電気代が安上がりになるよね?的なパラメータが追加になっておりまして、その額18.74円/kWh。

つまり、システム価格は上がったんですが、自家消費分の50%は18.74円/kWhで事実上の買取があるワケで、結果としてFIT単価は13円/kWhでいいよね(偶然2019年度の14円よりわずかに低下)というのが、ロジックとなっているようです。

まあ、その計算ロジックは分からなくなないんですが、ではソーラーシェアリングはどうでしょうか?

ソーラーシェアリングは上述の通り、その要件は地域活用要件のみです。

つまり、自家消費前提の「自家消費分の便益」を享受することが出来ません。

即ち、上述の18.74円/kWh分はFIT単価に還元してあげないとイケないわけで、単純計算で16円位になるはずとなります。

経産省さん、コレ、制度設計ミスだよね?

皆さん、もっともっと声を上げていきましょう〜!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT3はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
2/12(水)に開催予定のUAT3カットオーバーパーティーですが、現時点で当方サイド入れて8名のご参加となっております。エントリーされた皆さん、当日は盛り上がっていきましょう〜!場所等の詳細は明日ご連絡します。また、まだ若干名募集OKですので、ご興味ある方はココからエントリーのほどよろしくお願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9623565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック