検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2020年01月07日

Non-FITゲリラ軍を考察してみる!

おはようございます、アントレです〜!

最近Twitterでちょいちょい呟いているNon-FITゲリラ軍について考察してみたいと思います。

ゲリラ2.png

まずは言葉の定義から。

Non-FITゲリラ軍とは?
国策のFITに頼らず、FITが無い前提で野立て発電所を作って電力会社や新電力に売電する、地産地消型の太陽光発電家集団。当方の造語ですw

ご存じの通り、低圧FITは今年度末を以って、単価14円で試合終了となります。今年度末というコトはマダちょっと粘れるよね?っと思っちゃう人もいるやもしれませんが、もう時すでに遅し。電力会社や経産省への申請期限は昨年の12月いっぱいを以って終了となっているので、

現時点で、新たな土地権利を探している業者は皆無

と言っても過言ではありません。

繰り返します。

2012年、FIT40円から始まった土地権利争奪戦は、現時点で完全に試合終了

というコトに、業界はなっているコトをまずは認識しましょう。

つまり、FIT発電家は、昨年末までに認定された単価14円を争奪戦して終わり。後は高単価の売れ残りやセカンダリーを狙うしかない

というような状況になっております。

で、ソンナ太陽光業界ではございますが、コレから登場してくるであろう、主役を担っていくであろう発電家集団が、当方が定義したNon-FITゲリラ軍になるであろう、と、当方は考え始めているというコトになります。

いわゆるFIT軍は、原発や火力に真っ向から対決する国家的軍隊、言うなればFIT正規軍であるのに対し、Non-FITゲリラ軍は国の力に頼ることなく、日本全国にゲリラ的に散らばって、地産地消型の発電を行って行き、ソノ勢力をじわじわと拡大して原発や火力にゲリラ戦を展開していく軍隊という感じでしょうか。FIT正規軍もNon-FITゲリラ軍も、目標としている部分は再エネによる電力制覇、社会貢献で一致しているんですが、正規軍は20年間ぬるい戦い(笑)を強いられますので、Non-FITゲリラ軍は先発隊とでも言うんでしょうか、のっけから戦闘モード炸裂となります。まあ、20年後の時代は全てNon-FITゲリラ軍になっていくことは決まっていて、国(=経産省)も実はソレが本来あるべき姿である、と目論んでいることは周知の事実でございます。FITはあくまでスタート時の単なるミルク補給ですからね。

で、コノNon-FITゲリラ軍ですが、果たして軍隊として成り立つんでしょうか。

皮算用してみたいと思います。

まず、太陽光発電所の大部分を占める設備代ですが、材工の分離発注によって、今では100Kwの低圧発電所は1000万くらいで作れちゃいます。

え?俺が買おうとしている発電所って100kwで2000万くらいするんだけど。。。

っと思ってしまう方もいらっしゃるカモですが、ソレには旧価格の設備代や業者のFIT権利代が入っているので、その価格になっているワケで、実際に土地権利を持っていてノウハウがある発電家は、相見取ったり、自分で部材発注したりして、大体100Kwを直近の相場では1000万くらいで発電所を仕上げます。

で、Non-FIT発電家は土地代は二束三文で買えますので、要は、ほぼ100kw、1000万くらいで発電所が作れると仮定しましょう。

パネル100kwの発電所は場所にもよりますが、ざっくり大体年間100,000Kwくらい発電しますので、コレに単価を掛ければ利回り等々が勝手に出てきてしまう、という感じになります。さっそく計算してみましょう。

電力会社や新電力と交渉の結果、キロワットあたりの売電額が、

20円の場合→利回り=100,000Kw × 20円 ÷ 1000万円 = 20%
15円の場合→利回り=100,000Kw × 15円 ÷ 1000万円 = 15%
10円の場合→利回り=100,000Kw × 10円 ÷ 1000万円 = 10%
5円の場合 →利回り=100,000Kw × 5円 ÷ 1000万円 = 5%

というような結果になりました。

既にご存じの方も多いと思いますが、家庭用のFITが昨年の秋よりいち早く卒FITしており、既にいわゆるゲリラ軍化しているのですが、その買取価格は概ね10円前後となってますので、

アレ?今時点で既に利回り10%くらいのNon-FITゲリラ発電所を作れるんじゃね?

といったような状況になっております。また、RE100の動きもアリ、コノ売電単価は恐らく下がることはなく、今後上げ基調で行くことは確実な様相を呈してきております。

また、もう一つ重要な観点は、Non-FITゲリラ軍はその名の通り、FITは関係ございませんので、20年間の売電単価保証は無いものの、電力会社が指定する一定の電気設備的要件を満たせれば、パネル容量をいくつにしようが、蓄電池を入れようが、認定取り消しを食らう、というようなリスクは一切ございません。アノ憎たらしい分割案件の制限も一切ございません!つまり、簡単な要件を満たせばやりたい放題、というコトになろうかと思います。ゲリラ軍なので当然ですねw

ということで、皆さん、よろしいでしょうか。

日本全国に散らばっている野立てに適した土地は、2012年から昨年末までは太陽光業者による土地権利争奪戦で完全にレッドオーシャン化しておりました。土地によっては500万以上とか、ありえない金額になった時期もございましたが、今はその業者たちが一斉に引き上げましたので、完全にブルーオーシャン状態になっています。つまり、FITが終わった今なら、10万円とかで野立て用の土地を仕入れることができる可能性が出てきており、ライバルは一切見当たらない、という状況になっています。ということは、コレを勝機と捉え、権利ナシ土地を一切合切買い占めて今後のゲリラ戦に備える、という活動も、もしかしたらアリかもね、というお話は賢明なる本ブログ読者さんに置かれましては、ピンとくる、といった状況になっているのではないでしょうか。

本件は当方にとっても非常に興味深い取り組みとなっておりますので、引き続き継続してゲリラ化を狙ってみたいと思います。

道筋が見えた暁には、皆さんも一緒にゲリラになりましょう〜w

そして原発・火力から電力覇権を奪い取りましょう〜!!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
ピンチの裏にはチャンスアリ、というお話はどの業界にも共通してますよね。太陽光業界は歴史が浅いので、マダ誰も気が付いていない要素が色んな個所にいくつも含んでいる気がしております。コレからの発電家の皆さんに置かれましては、業者案件を必死に比較検討して、信販で買う、という時代はもう終わりました。いわゆる事業家として自立して事業計画を練って、ステークホルダーと交渉して、金策もして、発電家としてFITから乳離れして立派な大人な発電家になるといったシチュエーションに、実は今現在、既にそーなっているのではないでしょうか。当方も持ち前の暇をフル活用して、ソンナ時代の先陣を切ってみたいと思いますので、引き続きよろしくお願いします〜!!
この記事へのコメント
たまじろうさん、モデモデさん、コメントありがとうございます〜!そうですね、我ながら面白い観点かなと思ってますが、モデモデさんのおっしゃる通り電力会社がどう対応してくるかがこのスキームの大きなポイントとなってます。基本、前例もあるようですし、FITの手続きも電力会社→経産省の流れなので、FITを使う、使わないは事業者側で判断できるはずなんですが、アノ電力会社ですからね。意地悪してくる可能性も否定できませんので、要チェックだと思います。近いうちに電力会社に直電で聞いてみたいと思います〜!
Posted by antre at 2020年01月08日 14:28
そうですね〜

でも、その場合にそもそも連携してもらえるの?
Posted by モデモデ at 2020年01月07日 17:27
アントレさんの記事は面白いです。やっぱ、ブルーオーシャンに見えますね。中途半端な分譲案件買うよりか、FIT以外での売電方法でやれば、ありありですね。金策は置いといて。
Posted by たまじろう at 2020年01月07日 15:31
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9540892
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック