検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2019年12月02日

お進め不動産投資投資法!

おはようございます、アントレです〜!

よいよ12月に突入してしまいました。今年も後1か月切りましたね〜
最後の追い込み、ガンガン行きましょう〜!

さて、低圧FITも終焉方向というコトで、不動産投資について改めて書いてみたいと思います。

不動産投資.png

基本的な当方のスタンスとしましては、

・不動産の2022年問題
・少子高齢化問題
・融資環境の悪化
・物件価格の高止まり状態


というようなマイナス要素があり太陽光のようにガンガン買い進めていくことはお勧めはできない、という部分はスタンスとして変わっておりません。

しかしながら少々見方を変えることで、不動産投資をしていない人(特にサラリーマン中心)に、「ウン、そのようなスタンスなら不動産投資もアリかな」と思っていただけるようなスキームについて、書いてみたいと思います。

ということで、さっそく結論です。

1000万未満の物件を個人と法人で1つずつ買う

以上、終了w

ものすごい簡単なお話でして(笑)、なんのひねりもなくね?っと思われてしまいそうですが、解説してみたいと思います。

まず、狙っているのは、不動産投資をソレ自体でバシバシ収益を上げていく、という観点ではなく、以下のサラリーマン卒業スキームへの貢献のみに特化した形でとらまえていく、という点です。

サラリーマンを3年で卒業する手法!


上記のスキームは個人の方にも太陽光を1基買って、個人サイドで節税をしやすくして、その分を給与所得に損益通算で所得税、住民税の還付を狙うというお話だったんですが、ソコに安めの不動産も絡めてみる、という形になります。

まあ、割とシンプルですよね。

ただ、正直不動産ってリスク高いし、心配だなぁ

という声も聞こえてきそうですが、今回のスキームの特徴は、

1000万未満の少額案件を狙っている点

→物件価格がソモソモ安いので大損はしません。加えて今後起こる可能性もあるかもしれない不動産ブームに対する練習案件として打って付け

太陽光に不動産が加わることで経費幅の増大
→経費は物件価格に比例しません(しないようにしちゃう)ので効果大。投資実績ができるので地方への旅行不動産視察や海外旅行不動産の視察の経費も違和感ナシ

消費税還付が狙える
→課税売上の太陽光がいるので不動産の物件部分の消費税還付が可能(金取引が使えませんのでその代替として太陽光を使います)

といったような点となります。

ということで、リスクが小さくて、経費もバンバンできて、消費税還付もできて、練習にもなる、という一石四鳥的なイメージになります。

また、基本的にはそれほど大きな収益は狙いませんが、仮に上手く回りだしたら同じような再現性の高い物件を買い進めていくのも手としてはあることでしょう。

ということで、上記のような観点に特化した不動産コンサルをスタートさせてみたいと思います。

主なサービス内容は以下となります。

・物件や業者紹介、吟味(当方紹介物件がマストではございません)
・上記スキームの節税部分のアドバイス(実際の税務処理は税理士さんにご相談ください)
・本スキームを理解した税理士さんのご紹介
・銀行融資のアドバイス
・物件の運営管理に関するアドバイス
・物件の転売時における当方とのタイアップ(ブログ経由で買いたい人をご紹介します)

コンサル料は物件価格の〇%という形を想定しておりますが、物件価格が小さいのでコンサル料もソコソコ、という形になります。

ご興味ある方はココからエントリーのほど、よろしくお願いします〜!!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
ということで、太陽光も不動産もUATも引き続きガンガン行っちゃいましょう〜!!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9467848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック