検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2019年11月20日

【続】分割案件が早速厳格化に!!

スミマセン、先ほどの記事の補足です。

経産省通知の資料(ココ)をよく読むと、今回の分割案件の厳格化に際して、以下の気になる文言がございました。

分割4.png

コレは、何を言っているかというと、例えば、14円案件ですでに認定取っていたとして、その名義が業者名義であった場合、今後どこかで購入者名義に変更するんですが、その変更の際に、分割案件だったら変更申請は認めない、と言ってますよね??

つまり、一度認定が下りていても、名義変更やパネルの変更も認めない!というコトになろうかと思います。

こ、こ、コレはインパクトデカすぎじゃないですか???

つまるところ、経産省は過去分も遡及して認めない、というようなコトを言っているようです。

コレがどいういうコトかというと、、、、

14円以上、つまり、18円、21円、24円、27円、29円、32円以上も対象になる!

というコトになりますよね???

コレは寝かしているエア発電案件はすべて対象になるというコトですよね。

特に名義変更ができないのが影響デカいですし、パネルも旧パネルを引っ張り出してやらざるを得ない、という感じになろうかと思います。

コレ、業者死んじゃいませんか??

け、経産省、、、、本気出してきた。。。。

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
コレはちょっとインパクトデカすぎやしませんかねぇ。って、上記は経産省通知の文章を精査した当方の見解でございますので、当方の見解が間違っている場合もあるやもしれません。正しくは、JPEAに何度も電話してご確認をお願いします。JPEAは担当者によって回答が違ったりしますので、3人くらいと話した方がいいです。
この記事へのコメント
織部光悦さん、コメントありがとうございます。やはりそうですか。今後イロイロ明らかになってくるとは思いますが、コチラサイドとしては最悪のシナリオを想定しておいた方がよさそうですね。それにしても、今回のとばっちりは怒り心頭です。
Posted by antre at 2019年11月22日 09:24
経産省に聞いたら分割案件と判断されたIDは名義含め一切変更不可とのこと。
認定内容そのままで自分で所持するしかないです。 
Posted by 織部光悦 at 2019年11月21日 15:40
コメントありがとうございます〜!作った後の名変も大丈夫なんですかね。例えば分割案件で片方の名義がAさんで、片方がBさんだったとして、事後的にBさんのをAさんに名変しようとしたらその名変を受け付けない、というコトになろうかと。いずれにしても折を見てJPEAに確認したいと思います。それと名変の際に登記簿上の地権者の部分をどのくらいまで見てくるのか謎ですね。それとご指摘の通り、金融機関的には審査NG要素に十分なりえますね!
Posted by antre at 2019年11月20日 23:49
作った後の名義変更は可能なはずですよ。

つまり分割分譲の銀行および公庫融資はほぼ閉じられたことになります。

クレジットか現金になりますね。後は業者の建て売りですがそしたら自社発電所としてセカンダリにした方が儲かりますね
Posted by ガンガン at 2019年11月20日 20:48
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9438232
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック