検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ

2019年10月17日

時代はFITからFIPへ

こんばんは、アントレです〜!

ここ最近天気悪いっすね〜。
東京は向こう1週間、ほとんど雨予報になってます。。
太陽が待ちどおしいですね。

さて、昨日ですが、経産省において以下の小委員会が執り行われました。

総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会(第2回)

FITの今後を占う非常に重要な会議となりました。今までは経産省に足を運ぶ必要があったんですが、この会議はYoutubeで一般生公開が行われました。いやー、便利な世の中になりましたねw

ということで、資料(ココ)を元に、アレコレ書いてみたいと思います。

まず会議の論点ですが、
再エネ会議.png
という感じで、再エネをどのような形で主力電源化していくのかという、方向性の大枠の議論という形になりました。

まず最初に、我々の電気ってどのようなスキームで一般消費者(=需要家)に供給されているのか、という点です。
FIT以外.png
コレは非常にわかりやすい絵ですね。一般的な発電事業者は上記の図のような形で電気が取引されており、大きく以下の3つの観点がございます。

a.kWh価値  →実際に発電した電気の価値
b.インバランス→電気の需要増減に合わせてバランスを取る発電
c.環境価値  →発電した電気の非化石価値

ここでポイントとなるのは、発電家はいわゆる売電金額であるa.kWh価値以外にもc.環境価値というものを売買できる仕組みとなっている点と、電気の需給バランスを取るためにb.インバランスとして、いわゆる電力会社が機能している、という点ですかね。なるほど、太陽光などは晴れた昼しか発電しませんからね。雨の日や夜はb.インバランスが活躍しているんだな、という点と、アレ?c.環境価値って一体何だ?という部分は、、、

FIT.png
上記がFIT事業者の場合の絵となります。なるほどなるほど、我々FIT事業者は単に発電によるa.kWh価値を享受するだけで、b.インバランスやc.環境価値は対象外、というスキームになっていたんですね。特にb.インバランスが厄介で、発電事業者は前日までに該当日の発電計画を提出して電力会社と調整しながら、その計画通りに電気を供給する義務があるようで、コレは非常にめんどくさい。毎日の作業になりますからサラリーマン投資家には到底対応できない領域のお話になろうかと思います。

以上のように、このあたりのソモソモ的な仕組みの部分を、我々発電家としてはしっかり押させておかないと、卒FITの時代についていけない、というコトになろうかと思います。皆さんもぜひご参考にお願いします。

で、今後の方向性についてですが、

FIT方向性2.png

ほほう。やはりFITの自立化ということで、先ほどのb.インバランスを負わせる方向でc.環境価値は帰属させましょう、というコトに、どうやらなっていきそうです。また、a.kWh価値についてはFIP制度の導入がほぼ確実な書き方になってますね。よいよFITからFIPの時代が到来というコトなりそうです。

ということで、FIPってなんだ?

という部分ですが、簡単に言うと、

FIT(フィードインタリフ)  →再エネ電気を国が決めた固定価格での買取制度
FIP(フィードインプレミアム)→市場価格にプレミアムとして補助金が上乗せされる制度

という感じでしょうか。図にすると以下のような感じでして、
fip.png
基準価格と参照価格の差をプレミアムとする、プレミアム変動型FIPの方向性になるようです。

ということで、ソロソロおなか一杯になってきましたので閉めたいと思います。

・FITからFIPに、時代の流れはどうやらそうなっていきそうだ
・FIPに移行することで、発電家はプレミアムと環境価値をそれぞれの市場で享受可能になる
・逆にインバランス清算が義務化される見込み(発電計画を提出して計画通りに売電要)


現時点では大きくこんな感じでしょうか。

我々が意識すべきはFIP導入によって、どのくらいの旨味の享受ができるか、という点ですね。
インバランスがめんどくさそうですが、その部分を代行するようなアグリゲーターが出現するそうで、手数料を払って丸投げが可能になりそうとのことです。RE100という流れの中、再エネ電気が争奪戦になりそうなのは自明の理で、FIPのオークション形式のような形態の方が実はFIT固定買取より有利になってくるのでは?という部分と環境価値の売買もできちゃいますので、その部分がどのくらいの旨味が出てくるのか、非常に気になる所でございます。場合によっては、稼働済みのFITから敢えてFIPに、もしくはFIPアグリゲーターに切り替えたほうがベター、というお話になるやもしれませんね。いやー、再エネ業界、やっぱり目が離せませんね〜。

引き続きキャッチアップしていきたいと思います〜!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
ちょっと先ですが、11/14前後にアントレセミナーin宮古島を開催調整中です。別途ご案内予定ですので、ご興味ある方は日程調整のほど、よろしくお願いします〜!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9317471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック