検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

Twitter→https://twitter.com/tokyonomadclub

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2019年10月16日

やっぱり保険って大事ですね

こんにちは、アントレです〜!

台風19号の件が連日のように報道されてますね。
一度水が被ってしまった家屋はその復旧に相当大変になろうことが想像されます。

そのような中、保険屋でもある当方なのですが、この保険の重要性について、改めて再認識しております。

まず、不動産においては、建物の火災保険家財保険。コレ重要です。

水災はオプション的な面もあるので、皆さんの保険契約はどうなっておりますでしょうか。
念のため保険証を確認しつつ、特に昨日UPしたハザードマップで水害地域にお住まいの方は、水災への対応を絶対付保された方がよろしいかと思います。

建物と家財に水災が付保されていれば、今回の台風のように、最悪、すべてが流されてしまっても、全額保証される、という形になります。要は建物5000万、家財1000万とか掛けていれば、事故認定後、保険会社からキャッシュで6000万が振り込まれる、というコトになります。そりゃそうですよね、保険ですから(笑)

後、何気に大事なのが施設賠償保険となります。これは、屋根の瓦が吹き飛んで、家や人に当たって損害が出た場合、最高1億円までが保証される、というような保険でして、掛け金もそれほど高くございません。また、家屋だけではなく、例の台風15号で倒壊した市原市のゴルフ練習場のような設備にも有効で、あの練習場が施設賠償保険に入っていればかなりの額がカバーされる、というお話になろうかと思います。

また、自動車保険も鉄板ですよね。洪水で水を被ってしまったら完全アウトなんですが、車両保険に入っていれば事故認定後、キャッシュがチャリーンと入って新車が買える、という形になろうかと思います。

ということで、特に水害地域にお住まいの方に置かれましては、皆さんの保険契約につき、今一度再確認のほど、よろしくお願いします。

また、太陽光発電所の保険については、今までさんざん書いてきてますが、少しおさらいすると、動産保険に入ることで、自然災害はほぼカバーされますので、大丈夫。そして休業補償に入っていれば、事故発生から修理復旧までの売電売り上げがほぼカバーされますので、コチラはマストアイテムかと思います。この2つに入っていれば、今回の台風による洪水で発電所が跡形もなくきれいさっぱり流されてしまっても、金銭的マイナスはほぼ無い形で新品の発電所に生まれ変わってしまう、というコトになります。10年後くらいにきれいさっぱり流されてしまうと、その時点の最新のパネル・パワコンを具備した発電所に早変わり。うーん、なんだか流されてほしくなっちゃいますね(笑)

後、上記でカバーされないのが、地震、津波、噴火となりますが、そこをカバーするのが地震保険、となります。保険料は年間数万円と高価になっちゃうんですが、特に津波地域に設置されている方は一考の余地があろうかと思います。

また、上述した施設賠償保険も発電所にとっては重要だと思ってます。台風でパネルが吹っ飛んで人に当たったらシャレになりませんからね。保険料も年間数千円の世界なのでコレは発電家のマナーとして、ご加入されておいたほうがよろしいかと思います。

ということで、保険の重要性について、再認識させられる今日この頃でございます。

最近は自然災害が多く、今後も保険料はドンドン値上がり傾向になっていくのは確実です。賢明なる読者さんに置かれましては、安い今のうちに、極力長期の契約を結ぶ、というアクティビティがクレバーかと思っております。当保険事務所におきましては、皆さんの不動産、発電所にマッチした素晴らしい保険のご提供をさせていただいておりますのでご興味ある方はtokyonomadclub@gmail.comまでご連絡のほどよろしくお願いします〜

っと、最後はお決まりのマネタイゼーションになってしまいましたが(笑)、よろしくお願いします〜!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
11/1付保開始の太陽光発電所の保険ですが、ソロソロ締め切りが迫っております。ご用命の方は以下のサイトよりエントリーのほど、よろしくお願いします〜!!

http://fanblogs.jp/antre/archive/983/0
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9313929
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック