検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

Twitter→https://twitter.com/tokyonomadclub

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2019年10月15日

不動産投資における立地の重要性2

たびたびアントレです〜!

前回からの続きです。

さて、ハザードマップの確認といっても、具体的にどーやるんでしょうか?

国土交通省作成の以下のサイトでは、調べたい地域の災害性が簡単に確認できちゃいます。

ハザードマップポータルサイト

それでは早速見てみましょう。

まずは東京を中心とした関東全体です。

ハザードマップ.png
どーでしょうか、皆さん。

シンプルに言うと、、

利根川、江戸川、荒川、墨田川、多摩川近辺はマズイ、ということです。

そりゃそうですよね、水害のハザードマップなんですから(笑)

ヤバそうな地域でも高台もあるでしょうし、一概にマズイとは言えないのですが、ただ、その高台だけセーフでも周辺のインフラがやられちゃったら被害が出る訳で、やはり河川の近辺はマズイ、というコトになろうかと思います。

次に、東京を中心に見てみましょう。当方の最寄り駅、JR品川駅を中心にしてみました。

2ハザードマップ.png
おぉぉ、やはり、江戸川、荒川、墨田川は凄いことになってます。多摩川もその河口と川から2,3キロのレンジでマズいです。誤解を恐れず言ってしまうと、これらの地域って、投資以前に、住んではいけない場所なのでは?っと感じてしまいました。

さらに今回水害があった二子玉川駅周辺を見てみましょう(尺度500m)。
nikotama.png
あちゃー、アウトな場所やん。

次は武蔵小杉駅周辺です。
musako.png
アウトー!

因みに、当方が住んでいる品川駅周辺は、、、同じ尺度(500m)で、
shinagawa.png
全くもってセーフティーゾーンでございました。新駅周辺のマンション群も全くもって大丈夫そうです。

ということで、皆さんよろしいでしょうか。

既に上述してますが、このような水害地域で不動産投資してしまうと、一度大規模な水害に遭ってしまったら一発アウトとお考えいただいてよろしいかと思います。客が付かずに価値が下がるというダブルパンチを食らっちゃいます。それと、従前よりアラートを出させていただいている、不動産の2022年問題(ココ)も鑑みると、関東とはいえ、郊外における不動産投資は、トリプルパンチを食らう、というコトになろうかと思います。

これからの日本は地球温暖化の影響で、より災害大国になっていくこと確実です。つまり、50年に一度や100年に一度といったような大規模災害が毎年のように起こってしまう可能性が高いのは言うに及びません。これから不動産投資を検討されている方はこの災害性を十分に認識の上取り組んでいただきますようお願いします。また、不運にもマズイ不動産を所有済みの方は、売るなら今、というコトになります。災害が起きてからでは遅いですよ〜!何事も合理的にクイックアクションで行きましょう〜。

このハザードマップですがグーグルマップのように簡単に住所検索で水害情報が一発で把握できます。しかも今回分析した水害に加え、土砂災害や津波情報も重ねて表示が可能となっていて、超絶に便利です。

皆さんのお住まい地域や投資先は大丈夫でしょうか。

是非ともご活用ください〜!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
今回のハザードマップに加え、古地図で確認する等もアリですね。昔沼だった地域とか結構あろうかと思います。それと、イロイロ調べてみると、地名ってとても大事なようです。

具体的には、、、

川、池、谷、溝、沼、袋、沢、その他サンズイの漢字

などが付く地名は昔から水害が多かった地域のようです。

逆に、

高、山、台

などが付く地域は高台で地盤がしっかりしている地域が多いようです。
モチロン、一概には言えませんが参考程度に。

以下の国土地理院が出しているサイトも是非ご参考ください〜
地名と水害
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9308715
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック