検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

Twitter→https://twitter.com/tokyonomadclub

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2019年10月15日

不動産投資における立地の重要性

おはようございます、アントレです〜!

台風19号の爪痕が徐々に明らかになってきましたね。
政府は激甚災害に認定したそうですが、特に関東地方でこれほど大きな被害が出た台風って当方も記憶にないですね。被害に遭われた方の一刻も早い復旧をお祈りいたします。

さて、今回の台風被害について、投資家目線でイロイロ書いてみたいと思います。

ご存じの通り、

・多摩川全体的に水没地帯多数
・二子玉で堤防が無い個所から浸水し、駅周辺が水没
・武蔵小杉で駅周辺が水没し、タワマンが停電状態、エレベーター使えずトイレも不可
・茨城の那珂川が氾濫し、水戸で広範囲に水没
・栃木の秋川が決壊し、広範囲に水没

等々、上記以外にも多くの地域で河川の氾濫による水没がございました。

実際に現地はどんな状態だったんでしょうか。

イロイロ報道で情報は入ってきますが、実は当方、台風一過の翌日に、多摩川をチャリで行ってまいりました。

多摩川.png

やはり印象に残ったのは、普段目にすることのない多摩川の水量と、河川敷の荒廃ぶり、そして周辺家屋への被害、でございました。
DSC_0164.JPG
DSC_0161.JPG
DSC_0169.JPG
DSC_0176.JPG
DSC_0174.JPG
DSC_0167.JPG
DSC_0175.JPG
既に水は引いてましたが、多摩川周辺にかなりの泥水が広がってしまった模様を伺うことができました。

ということで、投資家目線で今回痛烈に感じたのは、不動産投資においてはその立地が非常に重要である、というコトです。今まで、立地というと、住環境、駅からの距離、土地のブランド力などを重視してしまいがちでしたが、今回の水害を受けて、今更ながらに災害性も非常に重要な点だと認識させれてしまいました。

不動産は資産性が重要視される投資ですからね。水没しちゃったらその資産価値や、未来永劫、「水没地域の物件」というレッテルが貼られてしまい、利回りどころの騒ぎではございません。

一方太陽光投資においては、しっかり保険に入っておけば(動産保険+休業補償)、どんなに復旧に時間がかかっても、コストがかかっても、ほとんど金銭的な負担なく復活できるんですが、不動産は無理ですよね。太陽光は水害が起きてもFIT単価は変わりませんが、水害不動産は家賃を下げざるを得ません。そりゃそうですよね。場合によっては「死ぬかもしれない」物件に、そう簡単に入居者が入るワケがございません。転売しようにも絶対に足元を見られちゃうわけでして、つまり、そういった物件を持ってしまうと、インカムゲインもキャピタルゲインもダダ下がりの袋小路に入ってしまうリスクを負ってしまう、というワケです。

では、そういった不動産を掴まないために、我々投資家は何をすればよいでしょうか?

まず簡単にできるのはハザードマップの確認、ですね。

続きは、、、ちょっと長くなったので、いったん切ります。

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
いやー、当方の身近な範囲でいうと、武蔵小杉のタワマンは大変そうですね。。。地下に電気設備があると、一発アウトのようです。エレベーターは使えませんので上層階はシャレになりません。緊急時なのに。しかもオール電化だったりすると、調理もお風呂もダメ。水道設備も一部電気なのでトイレが使えません。もちろん立体もアウトで車も使えず外に出れませんし、ムサコの改札も水没のようで、電車に乗ろうにも、長蛇の列。ムサコは元々平常時でも駅キャパが住人キャパに追いついてませんでしたからね。つまり何が起きているかというと、、、無人島状態。うーん、タワマン投資家としてはコレは教訓にしないといけませんねぇ。ムサコのタワマン住民の皆さん、復旧に向けてもう少しの辛抱です。頑張ってください〜!

でも、資産価値下がっちゃうんだろうなぁぁぁ

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9308596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック