検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

Twitter→https://twitter.com/tokyonomadclub

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2019年09月25日

第46回 調達価格等算定委員会

こんばんは、アントレです〜!

だんだん涼しくなってきましたね〜
こうなると逆に夏が恋しくなっちゃいますw

さて、昨日は経産省にて、毎年この時期に恒例の「第46回 調達価格等算定委員会」が開催されました。

当方は傍聴予定だったのですが、めんどくさいので、イロイロあって、経産省に行けませんでした(反省)

というか、この会議はYoutubeで生配信されることになったようですね。これで今後はワザワザ霞が関まで行く必要がないカモ、ですねw

ということで、傍聴はできませんでしたが、会議はどんな内容だったんでしょうか。

会議の資料(ココ)から、勝手に論評してみたいと思います。

資料1 国内外の再生可能エネルギーの現状と今年度の調達価格等算定委員会の論点案
資料2 太陽光第4回入札(令和元年度上期)の結果について
資料3 調達価格等算定委員会の公開について(改訂案)

まず資料1ですが、いつもの資料でございます。

国民負担の状況を見てみましょう。
国民負担.png
上記の資料の中で、太陽光発電家として意識すべきことは、2030年度の買取費用総額4兆円に対し、2019年度(予測)ですでに3.6兆円まで達してしまっている、ということです。つまり、FITがスタートした2012年からたった7年で、予算を9割食い潰しちゃった、ということですね。向こう11年間、どーやって過ごすんじゃい〜?というお話です。また、我々一般家庭の電気代に対する賦課金の割合は11%に達してしまった、という事実もあるようです。我々発電家としては日本全国の電気を使っている国民の皆さんに感謝感謝、ですね。

次に、太陽光のトレンドを見てみましょう。
調達価格1.png
上記の資料の中で、太陽光発電家として意識すべきことは、太陽光は2030年度に6,400万kWの稼働を予定しているところ、2019年3月時点でFIT認定量8,230万kW、導入量は5,020万kWまで行っちゃっている、という事実です。つまり、現段階で2030年に予定している導入量に対して、78%に達していて、認定量はオーバー済み、という事実、ということですね。

ということで、一旦よろしいでしょうか。

当方が「FITの門が閉まりかけている。。。」とよく言っているのは、主に上記2つのエビデンスを根拠としております。FIT14円ってどうだかなぁ、などと言ってるバヤイじゃございません。近いうちにソモソモ参入する事すらできない時代が到来します。発電家の皆さん、今一度、ご認識のほど、よろしくお願いします。

さて、それでは2020年度のFIT単価はどーなっちゃんでしょうか?気になるページを見てみましょう。
太陽光の今後.png
まず、一つ言えることは、現在の太陽光の入札制度は500Kw以上となっているんですが、この範囲が拡大することはどうやら確実なようです。果たして50Kw未満の野立てもその対象に入るのか、入らないのかが今後議論されていくことでしょう。次に気になるのは資料にある以下の文言です。

「小規模事業用太陽光発電について、災害時のレジリエンス強化等にも資するような、資源・エネルギーの地 域循環の実現に向け、地域における活用を促すためには、どの規模の案件に対して、どのような制度(一定 の要件設定か、一定のボーナス設定か)を設計するか。」

おぉ、これは昨今の千葉の台風災害のような、災害時に地域貢献できるようなスキームを組んでいく方向性が出てきているようです。ボーナスという言葉も出てきてますね。恐らくですが、災害多発地域や電力網の弱い地域などへの設置については、自立運転スキームを必須とする代わりにボーナスがあるカモ?という方向になるカモ、ですね。コレはいいですね〜

最後に、先日行われた大規模案件の入札結果が出てましたので、UPします。
太陽光の今後2.png
な、なるほどぉ。落札63件(196MW)で平均落札価格は12.98円/kWh。そして特筆すべきは、最低落札価格10.50円/kWh!!!つ、ついにFITも10円台に突入ですかぁ。コレは経産省も鼻高々、カモですね。

参考として資料2に載っているトップランナー達をUPしておきますね。
太陽光の今後3.png
トップオブトップのロイッグ・ア グウット・ホセ・フィデルさんとは一体何者なんでしょうか?ホセということはメキシコ人??いやー、気になりますね〜(笑)


ということで、総括します。

2020年度の我々野立てチームのFIT単価については、入札制度がこの小規模案件まで及んでくるのか、という点と、災害発生時の地域貢献性という一つのテーマが乗っかってくる(カモ)という、この2点が大きなポイントになろうかと思います。

で、気になるFIT単価はどうなるのか?

毎年外しまくっている(笑)、アントレ予想としては、、、、

基本、12円!!!ただし、災策性が高い地域は14円継続!!!

という感じでございます。

果たしてどーなるんでしょうか?

皆さんもアレコレ予想してみてください〜!!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
UATはココw
大好評のUAT2はココw
融資コンサルタントはココw
太陽光融資希望の方はココw
日本ノマド倶楽部はココw

※編集後記※
9/30スタートの保険のお申込み、大変ありがとうございます〜!保険料&消費税の値上がり前の駆け込み需要ということで、今回だけで合計58基、100契約以上のお申し込みを頂いてしまいました!今後日本は日増しに災害大国になっていきますからね。皆さんの発電所を保険という形で微力ながら日々サポートさせていただきたいと思います。頑張ります〜!
この記事へのコメント
なるほど!ご教示いただきまして、ありがとうございました〜<_ _>
Posted by ゆり at 2019年10月09日 21:32
ゆりさん、コメントありがとうございます〜!IRR(≒実質利回り)を維持する形で単価が下がりますので、12円になっても14円と利回りは変わりません。ただ、20年間の総売り上げは単価低減分下がってしまいますので、ある程度の売り上げを上げたい場合は買う基数をより増やしていく必要が出てしまう、というお話になります。
Posted by antre at 2019年10月09日 00:03
12円だと、さすがに、利回りは下がりますでしょうか。
Posted by ゆり at 2019年10月04日 21:39
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9236405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック