検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3〜
I群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
J茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
K茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
L群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
M横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
N栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2019年06月24日

【契約申込開始】UAT2〜!@

おはようございます、アントレです〜!

今日もジメジメ天気ですが、一日頑張りましょう〜

さて、昨日UAT2の契約申込を開始させていただきました〜!

早速多くの反響を頂いておりまして、本当にありがとうございます。

いくつか質問も飛んでますので、この場を借りてお答えしたいと思います。

■UAT2は法人と個人どちらでやるのが得策か?
UAT2には大きく契約が2つあります。@金融機関との契約とA当方とのコンサル契約になるんですが、皆さんの置かれている状況でそれぞれの契約名義を考慮・検討していく必要があるかと思います。それぞれのパターンを俯瞰して見てみましょう。

(1)@→個人、A→個人の場合
UAT2の収益は雑所得に該当しますので、個人の確定申告で税務処理が必要になります。税率は約20%で雑所得は分離課税に該当しますので、給与や太陽光との所得と損益通算はできません。単純に(売上ー経費)×約20%という感じになります。また、個人で太陽光やその他事業を個人事業としてやられている場合は、当方のコンサル報酬を、事業側の経費扱いにすることも可能と思います(名目は要相談)。その場合給与所得を含めて損益通算が出来ますので、個人事業をやっていて20%よりも個人の所得税の方が断然高い方はそのスキームがよろしいかと思います。

(2)@→個人、A→法人の場合
上述の通り、UAT2は雑所得として扱われ、当方へのコンサル契約が法人ならば、コンサル報酬は個人側の経費にはできません。つまり、UAT2の売上がそのまま利益になり雑所得として約20%課税される、という形になります(飲食代や交通費等の経費は引けますけどね)。一方、法人側にはコンサル報酬をガッツリ経費にできますので、法人の成績が好調の場合、Aは法人がお勧めです。また、法人は赤字を数年間繰り越すことも可能ですので、その部分も多少のメリットとなります。

(3)@→法人、A→個人の場合
UAT2の売上はほぼほぼ法人側の利益になります。法人側が赤字の場合は相殺が可能、という感じになりますが、黒字の場合は約30%の法人税が課される感じになります。一方で、当方のコンサル契約が個人ですので、上記の(1)の効果が個人側で得られる、という感じになります。総じて赤字法人を所有されている方向けの特殊なやり方かなと思いまして、UAT2の収益は個人の雑所得(約20%)に当てたほうが得策かなぁという感じです。

(4)@→法人、A→法人の場合
全て法人側の世界になりますので、分かりやすい形になります。UAT2の売上から当方のコンサル報酬が経費として控除され、所定の法人税(約30%)が掛かる、という感じになります。

■@についての考慮点
次に、@の金融機関との契約の考慮点です。UAT2の利益は法人の場合、毎年その決算月に評価計上しないとイケないルールとなっています。つまり、未決済ポジションもその時点で決済した前提で、益出しして課税される、という形になります。一方で、個人の場合は評価計上しませんので、単純に年末時点の口座状況を元に確定申告処理を行います。コレはやはり個人の方が得策かなぁ。

■Aについての考慮点
次はAの当方とのコンサル契約の考慮点です。既に契約を頂いている方も何人もいらっしゃいますが、ぶっちゃけ、個人でも法人でも後付けで契約書を直せちゃいますので、現時点ではどちらでも大丈夫です。年末までに決める、というようなスタンスでOKかと。当方のコンサル報酬は毎年年初に確定しますので、それを前提としてどちらサイドに計上すべきか、年末までにご検討お願いします。但し、中にはどうしても年内に清算したい、という方もいらっしゃるカモ知れません。個人で進める場合や法人の決算月が12末の方、ですね。そういう方につきましては、概算ご提示の前払いということで、対応をしますので、11月頃にご連絡をお願いします。

■で、結局どーすりゃいいのよ?
はい、そうなりますね(笑) コレは当方の完全な主観ですが、UAT2の収益はやはり税率20%の個人で受けたほうがベターかと。よっぽどの赤字法人を持ってるなら別ですが、法人は毎年利確の上納税しないといけませんので。故に@は個人、となります。次にAについては、個人事業をやられている方なら、個人。やってないなら、法人。両方やってるなら成績が良い方で、という感じでしょうか。コチラは上述の通り、マダ検討する時間がございますので、焦って決める必要は無いです。ちなみに1年目は個人、2年目は法人等も柔軟に対応いたします。

■Aの契約を柔軟にするためにも・・・
太陽光のコンサルや保守運用コンサル(保険)、不動産コンサル、等々、当方との様々なコンサル契約をご契約いただいていたほうが、契約書、領収書共に、イロイロ”目くらまし”がやりやすい、形になります。というコトで、UAT2以外につきましても、当方のコンサル契約につき、よろしくお願いします〜(笑)

っと、最後はまたしてもマネタイズの悪い癖(笑)が出てしまいましたが、以上、ざーっと整理してみました。当方もまさに考え始めたばかりですので、イロイロ考慮漏れがあるかもしれません。その際は都度この記事を更新したいと思いますので、よろしくお願いします。

UAT2でガンガン行っちゃいましょう〜!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
UATはココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
大好評のUAT2はココw

※編集後記※
今回の記事の内容ですが、あくまで当方の主観ということでお願いします。当方が誤解している点や考慮漏れの点もあるやもしれません。あくまで参考として、皆さんの方で知識武装されて、正しくは顧問税理士の方にご確認をお願いしますね〜。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8915130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック