検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

Twitter→https://twitter.com/tokyonomadclub

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2019年06月13日

FIT終了カモの件

度々アントレです〜!

例のFIT終了カモの件ですが、見事に今日の日経の一面を飾っておりました!

DSC_0189.jpg
太陽光や風力発電
買取から入札へ
事業者に競争促す

いやー、業界は蜂の巣を突いたような感じになっちゃってますね〜

特に太陽光業者は動揺を隠せないのではないでしょうか。

しかしながら、マダマダ柔らかい部分も多々あるようで、当方なりに整理してみたいと思います。

■FIT法改正は2020年度末のFIT抜本改革での施行になる(ハズ)
以前記事(ココをクリック)に書いてますが、今回の改革はある意味既定路線でして、実際の施行は2020年度末、つまり、2021年度(再来年度)からのFITが消滅する可能性が高い、となります。逆の言い方をすると、我々野立て発電家にとっては14円とその次(12円?)が最後の砦、という事になりそうですね。

■14円以上は大丈夫
コレは初心者向けのお話ですが、こーいった話が出てくると、「太陽光ももう終わりだね〜。ガンガン投資してきちゃって、かわいそうに」といったような、謎な憐れみを情報弱者から受けるケースがあるんですが、14円以上の認定済み案件、稼働済み案件については、全く関係ないお話で、20年間大丈夫。再来年度以降の案件が、FITが無くなってしまう(カモ)というお話でございます。

■ルール次第では旨みが継続する(カモ)

記事によると、原則入札制度に移行という事なんですが、電力市場での売買で、一定の基準価格を下回った場合は国がその分を補填する、とあります。フムフム、制度によってはマダマダ歪みが発生しやすい状況になる(カモ)です。

■50Kw未満の低圧の扱いはマダ決まってない(カモ)
記事によると、「小規模の事業用太陽光や家庭用の太陽光では買取制度自体は残すが、買取は全量ではなく、自家消費で余った分だけにする。」とあります。コレはヒジョーに曖昧な書き方ですね〜。この「小規模の事業用太陽光」は明らかに低圧の野立て発電所を指しているんですが、余剰買取というような概念はソモソモ無いので、何とも解釈しずらいお話ですね〜。低圧は継続してFITが生き残っちゃう(カモ)です。

■卒FITが加速する(カモ)
いずれにせよ、入札制度が活性化されるのは事実の様で、事業者はよりコスト意識を高めつつ、少しでも有利な条件で買ってくれる需要家を探して回る、という感じの時代が本格的にやってきます。となると、より電力市場が活性化され、今まで何度も言ってきてますが、RE100企業への再エネ電気の流通が加速されてこようかと思います。つまり、FIT14円(12円?)の認定が取れたとしても、それ以上に高値で売買できるような可能性が、逆に高まって来る(カモ)ですね。

ということで、個人的にはあるべき方向に進んだなぁっという感覚を持っているんですが、我々発電家はもとより、太陽光業界に関わるモノ全員が、今まで以上に頭を使ってイロイロ進めていく必要が出てきた、という事でしょうか。今まではFITというミルク補給があったが故にアンマシ頭を使わなくとも成り立った部分が多々あったんですが、ようやく、乳離れ、という感じですかね。

何がトモアレ、最後の駆け込み需要という感じで、当方のコンサルも大忙しになりそうな予感がしてきておりますが、皆さんと一緒にしっかり時代を駆け抜けて行きたいと思っておりますので、引き続きよろしくお願いします〜!!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
UATはココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw
大好評のUAT2はココw

※編集後記※
【業務連絡】卒サポ生の皆さんへ
昨今、連携済みの速報を耳にするケースが増えてきております。当方のコンサル報酬についてですが、契約書に記載させていただきました通り、発生タイミングは設備か不動産の契約締結がされた時点、とさせていただいております。大変恐縮ですが、該当される方はコンサル料のお支払いにつき、何卒よろしくお願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8884966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック