検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

Twitter→https://twitter.com/tokyonomadclub

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→売出し中
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2019年04月12日

東南アジアも熱かった!

おはようございます、アントレです〜!

今日の日経新聞に気になる記事があったのでUPします。

DSC_0873.jpg
東南ア企業、再エネに熱
買取制度 追い風

いやー、やはり再エネの熱は世界規模に展開されてますね〜
そりゃそうですよね。こんなにクリーンで理にかなった発電手法は他には無いのですからw

ということで、フィリピン、ベトナム、タイ、インドネシア、マレーシアの各国において、再エネ導入がグングン上がってきている、という記事です。

日本と比べて特徴的なのは、現時点で発電中の再エネは各国共に、太陽光というよりは水力メインという構成になっているようです。やはり熱帯地方ということで、雨が多いですからね。なるほどなるほど。太陽光についてはタイが一番で、2017年実績で270万キロワットが発電中とのことで、コレは現時点での茨城県全体の太陽光と匹敵する、という感じですね。単純比較はできませんが、タイの国土面積は日本の1.4倍(人口は半分)なので、ま、言うほど導入は進んでませんね〜、という感じですw 日本全体では現時点で4300万キロワットの太陽光が稼働しておりますので。

それと、注目すべきは2025年(予)のグラフです。各国ともに、太陽光の導入に積極的になっているのが判ります。

うーむ、コレは他人事では無いですねぇ

更に言うと、各国ともに、電力の買取制度、つまり、FITが導入されている、という事になっているようです。

ほほー、一体どんな制度になってるのか、ヒジョーに気になりますw

東南アジアにも孫さんみたいのがいて、ジャブジャブな制度になっちゃってるんでしょうか?

経産省的な省庁はちゃんと機能してるんでしょうか?

スミマセン、コレは完全に個人的偏見ですが、まぁ、基本的にはリゾート大国ですからね。

ユルユルな気がしてなりません(笑)

しかも、原子力ムラというムラ自体が存在しないという、何ともお花畑的な経済環境がソコにある気がしてなりませんw

ということで、コレはイチ太陽光発電家としては、太陽光コンサルをしている身としては、見過ごすわけにはいきませんので、

セミナーと称する呑み会in東南アジア〜!

を年内に開催したいと思いますw

イヤ、開催せねばなりません。せざるを得ません。しない理由が見つかりません(笑)

明日にでも行きたいところですが、色々と下調べとか現地のツテとか、諸々整ってからということで、ご興味ある方は是非とも一緒に行っちゃいましょう〜!

ということで、やはり太陽光は今後とも全世界的に大きく広がっていくことは確実ですねw

日本の発電家のオトーサンの皆さん!
時代の潮流に乗って、引き続きガンガン行きましょう〜!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
UATはココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw

※編集後記※
現在開発中の究極の裁定取引、UAT3ですが、実証試験がほぼほぼ終了しました。年利10%程度を複利で回せる感じになりそうでございます。しかもDay1から。コチラも受け入れ体制が整い次第、一斉に展開しようと思いますので、ご期待ください〜!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8716126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック