検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2019年01月28日

即時償却案件の底力!

おはようございます、アントレ@新幹線です〜!

今日・明日と大阪で同時買いキャンプが開催されますw
参加者の皆さん、ガンガン行っちゃいましょう〜

さて、話は変わって太陽光の即時償却案件のお話ですw

以前以下の記事を書いたのですが、

太陽光で100%即時償却可能案件登場!


大変ご好評を頂いているようで、70基あった内、既に半分以上、売れてしまっているとのことですw

今回はこの即時償却案件をサラリーマンが個人で買う場合について考察してみたいと思います。

その案件は概ね設備代が2000万前後、土地代が300万前後とか言う感じになっていて、総額で2300万前後で表面利回り7%とかの案件が中心となります。

普通に考えて、利回り7%何て箸にもボーにも引っかからんという事でスルーされちゃいそうですが、即時償却には損益通算という底力がありますw

例えば、年収1000万程度のサラリーマンがこの案件を個人で買ったとしましょう。年収1000万ですと所得は概ね700万。それに対する所得税、住民税は概ね毎年150万前後になろうかと思います。

で、仮にこの方が3年間、年収1000万を継続するとした場合、3年で合計450万を親方に上納する、という感じになっちゃいます。

そこでこの即時償却案件を購入すると、上物の2000万が初年度に一括償却できますので、700万−2000万という事で、ー1300万の所得という形になり、所得税、住民税はゼロ。故に年末の確定申告で、源泉徴収で納め過ぎていた150万が翌年に返ってくる、という感じになります。

さらに青色申告をしておくと3年間は赤字を繰り越すことができますので、つまるところ、3年間無税状態となり、納める筈であった3年分、450万円がキャッシュバックされる、という形になっちゃうんですよね〜

正確には太陽光発電所自体の所得も上がってしまいますので、ココは各種節税アイテムで封じていく、という事になります。

当方もグリーン投資減税時代に上記の状態を作り出したのですが、毎年所得ゼロになると、自治体からお尋ねが来たりします。生活保護のお話とか、給食費免除のお話とかw 当然やんわりとお断りしちゃいましたが、今までとは違う景色が見れて楽しかったですね〜w

という事で、太陽光の即時償却案件を年収1000万のサラリーマンが個人で買ったケースをシミュレーションしてみました。よく、4年落ちの外車を買って節税という話がありますが、即時償却という観点では似てますね。ただ、発電所は利回り7%とはいえ、実質5%くらいの利益を20年間上げ続けますからね、金食い虫の外車とはえらい違い、という事は一目瞭然ですねw

ただ、この案件、1つ欠点があって、融資付けがほぼ不可能という点です。つまり、現金やカードローン等でガツっとやれる方しか、買えません。ソコが難点なんですが、それを凌駕するメリットを享受できちゃうのではないでしょうかw

ご興味ある方は当方(tokyonomadclub@gmail.com)までご連絡をお願いします〜

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
UATはココw
お勧め太陽光保険はココw
お勧め保険見直しはココw
お勧め減税対応はココw
お勧め不動産コンサルはココw
個別面談ご希望の方はココw

※編集後記※
実は当方もこの即時償却案件を狙っていて4基ほど仮確保しています。手持ちのキャッシュを仕込み済みの土地の上物に使うのか、この償却案件に使うべきか、そしてUATに更に投入すべきか、、、うーん、悩ましいぃw
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8509963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック