検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3〜
I群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
J茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
K茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
L群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
M横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
N栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年11月27日

太陽光法人で不動産買って消費税還付!

こんばんは、アントレです〜!

今日もいいお天気でしたねぇ〜。暖かかったですw

さて、今回は珍しく不動産投資のお話です。
65f3155fa7bcdb7de638689d992b3482.jpg

昨今、色々問題が多い不動産業界ですが、その話は一旦おいておいて、太陽光法人を活用した不動産購入による消費税還付について書いてみたいと思います。

まず、基本的なお話として、不動産投資は個人であれ法人であれ、消費税還付は原則できません。

不動産収入は非課税ですからね。

しかしながら、原則、と書いた通り、イロイロ抜け道はあるにはあって、自販機スキームとか、金スキームとか、事前に課税事業者申請をして、敢えて課税所得を上げておけば消費税還付がOKになったりしちゃいます。

この不動産の消費税還付は物件によりますが、太陽光とは額が違いますw

例えば1億の物件の場合、その上物が7000万くらいだとして、消費税還付は560万とか言う数字になってしまい、太陽光2基の土地代とかが軽く捻出できる。という感じになってしまいますw

その後、賃料が発生しますが、不動産賃料は非課税ですので、消費税を納税する必要はございません。つまり、最初に消費税還付を受けたきり、その後の消費税納税は発生しないという何ともお得な状況を作り出すことが可能となります。

但し、この際ポイントとなるのが、課税売上と非課税売上の発生タイミングと法人の決算時期でして、ココを絶妙のタイミングで組み上げないと不発に終わる、というケースも出ちゃいますので、慎重丁寧に進める必要がありますw

また、多くの読者さんは太陽光用に法人を作っていて消費税還付目的で課税事業者申請をしていると思いますが、このスキームは不動産投資の消費税還付にもベストマッチという事になっておりますw

さらに加えて言うと、消費税は不動産の設備代にかかってくるわけで、例えば土地値、つまり土地の専有面積が比較的小さい物件である、築浅タワマンなどが狙い目であったりするわけで、結果としてだんだんアントレの得意領域になってきてしまいますw

そのタワマンを個人である自分自身に貸し出すというスキームもあったりして(ここを参照)、消費税還付と節税の両取りが出来ちゃったりします。

本ブログ読者さんにおかれましては、サラリーマンで新規法人を設立して信販の審査を連発して信用フルレバでパツパツン状態の方も多いかと思います。

太陽光は業界的には来年からガンガン稼働という状況かと思いますが、太陽光の稼働に合わせて融資実行が起こる訳で、稼働に応じて徐々に信用が落ちていく形になってしまい、当分(太陽光の実績がふた回りするくらいまで)借入を活用した投資活動は一旦休憩状態という感じになってしまいますw

そのような状況の中、今のうちに不動産を買っちゃえ〜という感じで、融資実行の信用棄損が起きる前に不動産投資に触手を伸ばされる方も一定量いらっしゃり、既に購入済みの方も複数いらっしゃいます。

当方のお勧めとしては、不動産の2022年問題を踏まえ、後3年くらいは待ちスタンスなのですが、太陽光投資で融資のノウハウをゲットしてしまった皆さんおかれましては、「3年も待ってられるかい〜!」というような感じで、不動産の物件検索に勤しんでいる、という方も多い状況です。実際にはw

ということで、当方としましてもそー言った状況の中、皆さんが変な不動産を、変なタイミングで買ってしまわないように、卒サポ契約に成功報酬型の不動産購入コンサルを追加サービスとして展開させていただきたいと思います。

既に複数の不動産業者、銀行、そして税理士さんと話をし始めています。

詳細は別途UPしたいと思いますが、先行予約受付中です。
ご興味ある方は以下のフォームにご入力をお願いします。

不動産コンサル申込フォーム

※本コンサルは変な不動産を情弱サラリーマンにガンガン売りつけるような、旧態依然の不動産コンサルではございませんのでご安心くださいw

以上よろしくお願いします。

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

※編集後記※
今日は北関東の地銀に電話しまくりましたw しかしながらやっぱり厳しいですねぇ。都内の人間は原則ムリという回答が多いです。かろうじて1行だけ面談となったので、丁寧に進めてみたいと思います〜



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8337224
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック