検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3〜
I群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
J茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
K茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
L群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
M横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
N栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年10月21日

宮古島に視察に行ってきた!A

こんにちは、アントレです!

今日はお天気最高なのですが、いやー、やはり東京は寒いですねw

さて、前回記事では当方が宿泊したホテルの情報をUPしましたが、今回は実際に視察した部分をUPしたいと思います。

DSC_2092[1].jpg
最初に向かったのは宮古島北部にあるゴルフ場の宿泊施設w
かなり辺鄙な場所にあるんですが、ゴルフ場の横に50uほどの宿泊施設が、ズラーっと並んでましたw
ちょっと写真を取り忘れたのですが、後々に聞いた話として、この宿泊施設、どーやらどこかの被災地から不要になった仮設住宅を大量に仕入れて、コテージ化して、それを投資家に販売するというスキームで成り立っているとのことでした。しかもすべて完売御礼ということで、宮古島の投資熱の強さを感じますw

また、各コテージには何と太陽光パネルが中途半端についていました。ただ、ケーブルが繋がっておらず、売電は開始されていない模様。全量売電なのか、家庭用なのか分かりませんが、コテージ+太陽光という、当方が温めていたネタが既にやられているとは、、、うーん、やはり出遅れてるのは事実のようですw

DSC_2093[1].jpg
その隣には大量のキャンピングカー。うーん、宮古島というそれほど広くはない島でキャンピングカーの需要があるんでしょうか。どーなんでしょうか。

で、このコテージからゴルフ場までは車で3分くらいなんですが、そこに移動して、ふと目をやると、、、
DSC_2089[1].jpg
あれ? これ太陽光パネルじゃんw けっこう大量にストックしているようですw

次に、このホテルが運営している(と思われる)別のコテージに移動ですw
DSC_2161[1].jpg
宮古島空港から車で5分ほどの立地。コテージは殆ど同じ作りなんですが、サイズが違います。ゴルフ場の1/3位でしょうか。とてもせまぜましい感じw

DSC_2158[1].jpg
DSC_2157[1].jpg
コチラも良ーく見ると、太陽光パネルが乗っかっていますw

DSC_2159[1].jpg
パワコンらしきものもw ゴルフ場には無かったので、こちらの方が進んでいるようですw

DSC_2165[1].jpg
電柱との接続工事も済んでいるようですね。ただ、各パネルからのケーブル接続が未だのようで、もうちょっとで売電開始、といったところでしょうかw

DSC_2167[1].jpg
この施設は、宮古島では路線バスが珍しいんですが、そのバス停の真ん前に位置してましたw


ということで、どうやら世の中には同じようなことを考える輩がいらっしゃるようで、コテージ+太陽光パネルという、必勝パターンが既に運営されておりましたw

ゴルフ場のコテージはゴルファー向けに広めにリッチ目に作ってある感じでしたが、バス停の方は単に寝れれば良い、的なコンセプトで作られておりましたw

この辺の話を現地の方のコメント等も踏まえて判断すると、

・宮古島では、建設ラッシュ。工事が順番待ち状態w
・ソモソモ労働者が足りておらず、宿泊施設も稼働率99%
・労働者が出稼ぎに来ても、宿泊する場所がソモソモ足りてないw
・観光客は今後爆発的に増える見込みだが、その前に労働者w

という感じになっているようですw

つまり、観光客向けの施設を作りたいんだけど、ソモソモ労働者が足りてない。労働者を呼ぼうにも、ソモソモその労働者が宿泊する施設が無い。という、モー何て言うんでしょうか、デッドロック状態w

ただ、労働者向け宿泊施設が出来上がっちゃった瞬間に、大手建設会社が大人借りをしてくれるそうで、向こう10年くらいは完全に確定利回り状態になっちゃうとの事w 前述のキャンピングカーももしかしたらいざとなったら労働者に貸し出すなーんて魂胆もあるのかもですねw

ほほうw

これは物件のコンセプトを労働者向けとするのか、観光客向けとするのか、両取りするのか、一度方向性を再確認しないといけませんねぇ。ただ、単純に利回り追求であれば、労働者向けが一番手っ取り早そうです。現地開発現場の雰囲気的には、10年以上満室運営(しかも、かなりの高単価で)が実現出来ちゃいそうですw

かぼちゃのサブリースやTATERUで本土の地方にアパマン作ってるバヤイじゃないですねw

まさに、濡れ手に粟とはこーゆーことを言うんでしょうかw

ということで、今日はこの辺でw


※番外編
DSC_2168[1].jpg
都心で走りまくっているマリオカートもズラリと並んでましたw これは完全に観光客向けのソリューションですが、ほとんど稼働していないようでしたが、来年4月からのスタートダッシュに向けて準備万端といったところでしょうか。うーん、コレは何でもアリ、やったもん勝ちの様相を呈してきましたねw

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8222788
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック