広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

Figulus splendens

PNGから記載された種類で、
サイズは13.8o。

顎には内歯が2本 複眼縁は台形状 頭楯は四角くて突出気味。
記載文の絵からすると
新大図鑑1205に似たような感じです。(産地はかなり離れていますが)
同種かどうかはタイプ標本を見比べないとわかりません。


Figulus splendens Bomans,1986:11,fig.16
[Type Locality] Kiunga,Fly River,Papua

記載文の絵 Bomans,1986より

Figulus sarawakensis

ボルネオには小型Figulusが多数いて同定が難しいです。

本種は 前胸後方のみにギザギザがあり 頭楯は台形。
サイズは9.8oとやや大型です。
触角は9節でFigulinus亜科に分類されます。


Figulus sarawakensis Bomans,1987:9,fig.25
[Type Locality] Sarawak,Kapit

Bomans,1987より

Figulus powelli

ブルネイから記載された種類で、北ボルネオの低地からも得られるのではないかと思われます。

触角は9節でFigulinus亜科に分類されます。
やや細身で 前胸側面はギザギザ 頭楯は双山状です。
サイズは7.8o


Figulus powelli Bomans,1986:12,fig.8
[Type Locality] Brunei

Bomans,1986より

Figulus cambodiensis

記載文によると
スカリティフォルミスに似た種類のようです。
複眼縁の違いはよくわかりませんが、
前胸中央部の凹み部分の点刻が荒く 上翅先端部分に光沢があるそうです。

これらの特徴からすると、
新大図鑑1234の不明種が本種に当たりそうです。


Figulus cambodiensis Deyrolle,1874:414
[Type Locality] Canbodia

記載文 Deyrolle,1874より

F.cambodiensis Fujita,2010より(F.sp.)

Figulus caecus

複眼が消失した 非常に得意な種類です。
多種との区別は簡単でしょう。

触角は9節でFigulinus亜属に分類されますが、
サイズは8〜9.5oとやや大型です。


Figulus caecus Bomans,1988:14-16,fig.5
[Type Locality] New Guinea,Mt.Michael,Lufa

記載文の絵 Bomans,1988より

Figulus capensis

名前の通り 南アフリカのケープから記載された種類です。

記載文には絵も出ていますが、
あんなアリンコみたいな絵では・・・(笑)
同定不能と思われる種類ですが参考までに!


Figulus capensis (Thunberg,1781):5,fig.1 [Lucanus capensis]
[Type Locality] Capet bonae spei
※Maxillae=Mandibulus

記載文 Thunberg,1781より

Figulus praecipuus

基準産地は中国としかわかりません。
グアムあたりに分布しているインテグリコリスに特徴がよく似ていますが、
前胸側面は膨らみません。
これだ! という個体は見たことはありませんが
目立つ種類なのではないかと思います。
サイズは16mm。


Figulus praecipuus Bomans,1987:13,fig.31
[Type Locality] China

記載文の絵
50e contribution à l'étude des Coléoptères Lucanides. Notes synonymiques et diverses, et descriptions d'espèces nouvelles du Genre Figulus (Macleay). (3e partie).
: Bulletin de la Société Sciences Nat Bulletin 53:5-14
より





Figulus insulanus

F.fissicollisと同種の様に見えます。
触角はやはり9節。
サイズは8.1mm。

F.fissicollisはフィジー(バヌアツの東側)あたりまで分布していることになってますが、
基準産地のマニラの個体群と比較すると 違いが見られるのかもしれません。(未確認)


Figulus insulanus Bomans,1986:7,fig.10
[Type Locality] New-Hebrides,Vila

記載文の絵
50e contribution à l'étude des Coléoptères Lucanides. Notes synonymiques et diverses, et descriptions d'espèces nouvelles du Genre Figulus (Macleay). (2e partie).
: Bulletin de la Société Sciences Nat Bulletin 52:7-12
より

Figulus schismonotus

記載文自体は持っていないのでなんですが、
記載文の絵を見ると F.mentoによく似ていますが、
細身で頭部は小さく 前胸側面は膨らまず 
前胸上縁は頭部を包み込む様にはならないようです。

これだけでの同定は難しいですが、
何も情報が無いよりは ましかと思われます。


Figulus schismonotus (De Lisle,1975):273,fig.5 [Cardanus schusmonotus]
[Type Locality] C.Papua,Fl. Klkori

記載文の絵
Note sur la position systematique de quelques Coléoptères Lucanidae, avec la description de cinq espèce nouvelles
: Nouvelle Revue d'Entomologie (Nouvelle Série) 5(3):261-274
より



全て金賞受賞!!史上最強「キング・オブ・金メダル」京橋ワイン極旨ボルドー6本セット!!


Figulus serratus

サラワクから記載され、ナツナ諸島からも記録があります。
タイプの写真は不鮮明ですが、ケイ節の形状などなんとなくは特徴がつかめます。

細長い体型と強い光沢 細くて先端付近が湾曲する前ケイ節が同定ポイントになりそうです。


Figulus serratus Arrow,1938:60,fig.2
[Type Locality] Borneo,Sarawak,Retuh,Tabekang

記載文とタイプ Arrow,1983より

Mizunuma&Nagai,1994より



天使の海老バラ1尾

天使の海老バラ1尾/他エビ(海老)通販
    >>次へ
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサード リンク
プロフィール

tkyk4
主に大図鑑に載っていなかった種類について書いていこうかと思います。 見解の相違や同定間違いなどもあると思いますが、あたたかい目で見守ってください。
最新記事






スポンサード リンク
サイト内検索 http://fanblogs.jp/anotherstagbeetlesofworld/index1_0.rdf
分類カテゴリ
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。