広告

posted by fanblog

マダラクワガタの仲間 新大陸編

アメリカ大陸のマダラクワガタの仲間についてです。

2013年に空白地帯だった中米から多数の新種が記載されました。
いままでAesalus属に含まれていたものはTrogellus属となります。
ちょっと小耳にはさんだところでは、
Trogellus属はヒマラヤ辺りのAesalusとほとんど変わらないとか・・・。
分類は以下のようになります。


Lucanobium Howden et Lawrence,1974:1507
(type: Lucanobium squamosum Howden et Lawrence, 1974)

Trogellus Paulsen,2013:6
(type: Trogellus herrmanni Paulsen,2013)
[Subgenus]
Trogoides Paulsen,2013:10-11 (type: Aesalus trogoides Albers,1883)
Mayaesalus Paulsen,2013:14 (type: Trogellus narizotus Paulsen,2013)

個人的にはAesalus属の亜属程度に考えてますので、ここではAesalus属として扱います。
2013年に記載された種で、 文のみでタイプ標本の写真が載っていないものは
種名と基準産地の紹介程度にとどめておきます。
どれも似たり寄ったりの形状なので、記載文を読んでもよくわかりません。

[関連記事] マダラクワガタの仲間 旧大陸編



Lucanobiumグループ
2.jpg
1: A.guianense Holotype Paulsen,2011より
2:A.squamosus Fujita,2010より
3:A.sp. Suriname Araya,2000より

Aesarus guianense (Paulsen, 2011):1-3,figs.1-3 [Lucanobium guianense]
[Type Locality] FRENCH GUIANA: / Amazone Nature Lodge / 30km SE Roura on / Kaw Rd.

フレンチ・ギアナに分布する、最近になって記載された種類。
Lucanobiumグループはそれぞれの特徴がつかみずらいです。
A.squamosusと比較すると上翅先端はスマートです。
その他、交尾器も異なります。


Aesalus squamosus (Howden et Lawrence,1974):1505-10, figs. 1-3, 9-10, 13-16, 21-22, 24 [Lucanobium squamosus]
[Type Locality] Venezuela,Aragua,Rancho Grande

ベネズエラに分布。
Echinoaesalusグループに似た体形で、胴体はぼってりしている。


Trogellusグループ
3.jpg
1: A.herrmanni Holotype Paulsen,2013より
2:A.neotropicalis Lectotype Paulsen,2013より
3:A.narizotus Holotype Paulsen,2013より
4:A.hawksi Holotype Paulsen,2013より
5:A.trogoides Websiteより
6:A.smithi Holotype Paulsen,2013より

以下 Trogellus
Aesalus herrmanni (Paulsen,2013): 7-8,figs.7,10,11,14,15,18 [Trogellus herrmanni]
[Type Locality] Est. Pitter, Prov. Punta. COSTA/RICA

コスタリカに分布。
A.neotropicalisに似るが、触角は小さく、前ケイ節の太さは均一で、中・後ケイ節はふとい。


Aesalus neotropicalis Bates,1886:2, pl.1, fig. 3
[Type Locality] GUATEMALA,near the city, Zapote, Capetillo(Champion)

グアテマラ・パナマ・メキシコに分布。
A.herrmanniと比較して、触角が大きく、前ケイ節は接合部に向かって細くなる。


Aesalus ticiticus (Paulsen,2013): 8-9,fig.19 [Trogellus ticiticus]
[Type Locality] COSTA RICA: Puntarenas/Monteverde, Estacion Biologica/Monteverde

コスタリカに分布。


以下 Mayaesalus
Aesalus catrachitus (Paulsen,2013):16,figs.25,29 [Trogellus carachitus]
[Type Locality] HONDURAS: Octoepe- / que (sic), El Portillo

ホンジュラスに分布。


Aesalus narizotus (Paulsen,2013):16-17,figs.17,24,28,31 [Trogellus narizotus]
[Type Locality] GUATEMALA: Sacatepéquez: / Antigua, Cerro Carmona, Finca / El Pilar

グアテマラに分布。
A.neotropicalisに似るが、前胸に光沢があり、中・後ケイ節は長い。


Aesalus trifinius (Paulsen,2013):17-18,figs.26,30 [Trogellus trifinius]
[Type Locality] EL SALVADOR: Santa Ana / Parq Nac Montecristo

エルサルバドルに分布。


以下 Torogoides
Aesalus chapinitus (Paulsen,2013): 11,fig.21 [Trogellus chapinitus]
[Type Locality] GUATEMALA: Dept. Zacapa/Sierra de llos Minas

グアテマラに分布。


Aesalus hawksi (Paulsen,2013): 12,figs.16,22 [Trogellus hawksi]
[Type Locality] Mex: Chiapas, W. Jotolito

メキシコに分布。
メスのように細い体型で、前胸は寸詰まり。
ケイ節の棘の発達は弱い。


Aesalus maesi (Paulsen,2013):13 [Trogellus maesi]
[Type Locality] NICARAGUA: Matagalpa / Montaña Selva Negra

ニカラグアに分布。


Aesalus trogoides Albers,1883:228-229
[Type Locality] Mexico bei Oxaca gesammelt
[sny] Aesalus smithi Bates,1889:382 [Mexico,Chilpancingo in Guerrero]

メキシコに分布。
A.hawksiに似るが、前胸はやや長く、ケイ節は細い。
A.smithiは本種の♀。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2732804

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのコメント

   
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサード リンク
プロフィール

tkyk4
主に大図鑑に載っていなかった種類について書いていこうかと思います。 見解の相違や同定間違いなどもあると思いますが、あたたかい目で見守ってください。
最新記事






スポンサード リンク
サイト内検索 http://fanblogs.jp/anotherstagbeetlesofworld/index1_0.rdf
分類カテゴリ
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。