広告

posted by fanblog

マダラクワガタの仲間 旧大陸編

旧大陸のマダラクワガタについてです。
未記載種の何種もあり、空白地帯からもまだまだ新種が出そうです。

研究者によって以下のように細かく分類されています。
個人的には亜属程度のものと思っているので、
属名はすべてAesalusで統一しておきます。


Aesalus Fabricius, 1801:254 (type: Lucanus scarabaeoides Panzer, 1794)

Echinoaesalus Zelenka, 1993:235 (type: Echinoaesalus jaechi Zelenka, 1993)
[Subgenus] Zelenkaesalus Krikken,2008:275 (type: Aesalus timidus Krikken, 1975)

Himaloaesalus Huang et Chen,2013:39-40 (type: Aesalus himalayicus Kurosawa,1985)

Lucanobium Howden et Lawrence,1974:1507 (type: Lucanobium squamosum Howden et Lawrence, 1974)

Trogellus Paulsen,2013:6 (type: Trogellus herrmanni Paulsen,2013)
[Subgenus] Trogoides Paulsen,2013:10-11 (type: Aesalus trogoides Albers,1883)
Mayaesalus Paulsen,2013:14 (type: Trogellus narizotus Paulsen,2013)

Aesalus Group

1.jpg
1:A.asiaticus 記載文の絵 Lewis,1883より
2:A.a.sawaii Holotype Fujita,2010より
3:A.imanishii 記載文の絵 Inahara&Ratti,1981より
4:A.scarabaeoides Fujita,2010より
5:A.s.meridionalis Holotype Tarantola,2010より
6:A.s.siculus Holotype Tarantola,2010より
7:A.sichuanensis Holotype Fujita,2010より
8:A.ulanowskii Fujita,2010より
9:A.daghestanicus 記載文の絵 Didier&Séguy,1953


Aesalus asiaticus Lewis,1883:340-341,fig.5
[Type Locality] Miyanoshita, Chuzenji, Oyayama,near Kumamoto

本土と周辺の島に分布。和名「マダラクワガタ」。
A.scarabaeoidesに体型は似るが、前ケイ節は細長い。


Aesalus asiaticus sawaii Fujita et Ichikawa ,1985:2,4-5,11,figs.1-2
[Type Locality] Shiratani,Yakushima Is.,Kagoshima Pref.

屋久島に分布する。
主に毛の生え方で分けられたようで、
その他に上翅の点刻が強くてそれぞれが独立するとあります。
体は若干扁平。


Aesalus imanishii Inahara et Ratti,1981:189-194, figs. 1a-c, 3
[Type Locality] Central Formosa,Nantou County,Meifeng

台湾に分布する。
A.asiaticusの代置種。
体は扁平で、♂の顎の発達が悪くて♂♀の区別は後ろケイ節の形状以外ではわかりにくい。


Aesalus scarabaeoides (Panzer,1794):pl. 26, figs.15-16 [Lucanus scarabaeoides]
[Type Locality] Austriae ligno putrido quercino

ヨーロッパに広く分布する。
ずんぐりした体型で、ケイ節は太くて短い。
前胸はアジアのAesalus属と異なり半月型。


Aesalus scarabaeoides meridionalis Bartolozzi,1989:104-107, figs. 1-2, 5
[Type Locality] Basilicata,Bosco di Policoro(MT)

イタリアに分布。♀で記載された。
よりずんぐりした体型で、前胸は丸みを帯び、前ケイ節はやや長い。


Aesalus scarabaeoides siculus Baviera,2008:585-592,figs.1(A-E),2(A-B)
[Type Locality] Italia,Sicilia,Messina,Montalbano Elcona,Monti Peloritani,Bosco di Malabotta

シチリア島に分布。
体型は細く、前胸は前方が幅広く、前ケイ節はやや長い。


Aesalus sichuanensis Araya,Tanaka et Tanikado,1995:209-219, figs. 1-18
[Type Locality] Central China,Sichuan Province,Bashan,Chengkou Xian

四川省,陝西省に分布。
A.imanishiiに似るが、胴体が長くて厚みがある。
♂の顎の発達は悪く、歯型で♂♀の区別は困難。


Aesalus ulanowskii Ganglbauer,1887:89-90
[Type Locality] Kaukasua bei Logodechy in Kachetien, ferner bei Kuda Keroli
[sny] Aesalus daghestanicus Didier et Séguy,1953:59,190,fig.27 [Daghestan].

コーカサス地方〜イランに分布。
A.scarabaeoidesを細長くして黒くしたような種類。
ケイ節は長い。

A.daghestanicusは主に歯型で分けられ、本種のシノニムとされる。
イランから本種によく似た小型で毛の束が多い不明種が得られていて、
それがA.daghestanicusなのかもしれません。



Echinoaesalus Group

2.jpg
1:A.arayai Holotype Huang,Imura&Wu,2011より
2:A.barriesi 記載文の絵 Zelenka,1993より
3:A.dharma Holotype Fujita,2010より
4:A.gedeensis Holotype Huang,Imura&Wu,2011より
5:A.hidakai Holotype Fujita,2010より
6:A.h.borneoensis Holotype Huang,Imura&Wu,2011より
7:A.jaechi 記載文の絵 Zelenka,1993より
8:A.matsii Holotype Fujita,2010より
9:A.schuhi 記載文の絵 Zelenka,1994より
10:A.yongi Holotype Araya,1993より

Aesalus arayai (Huang,Imura et Wu,2011):97-107,Figs.1-10,13,19-29 [Echinoaesalus arayai]
[Type Locality] Mt.Trus Madi,Northeast Borneo,Sabah,East Malaysia

ネッタイマダラと言われるグループで、丸い体型で体高があるのが特徴なグループ。
ボルネオ北部に分布。
長い体毛がまばらに生え、前ケイ節は長くて関節部は細い。


Aesalus barriesi (Zelenka,1993):237,fig.2 [Echinoaesalus barriesi]
[Type Locality] Sumatra,Brastagi,Mt. Sibajak

北スマトラに分布。
A.arayaiによく似るが、前胸は大きく、体毛はやや少ない。


Aesalus dharma Araya,Kon,Matsui,Nabhitabhata et Panha,1995:73-77, figs. 1-12
[Type Locality] Thailand,Khao Luang National Park near Nakhorn si Thammarat

南タイに分布。
A.matsuiiに似るが、小型で、前胸は寸詰まりで、真ん丸とした体型で光沢がある。


Aesalus gedeensis (Huang,Imura et Wu,2011):97-107,figs.12,17,18,41-50 [Echinoaesalus gedeensis]
[Type Locality] Mt.Gede,West Java,Indonesia

ジャワに分布。
A.javanusに似るが、前胸はかなり小さく、前ケイ節は太短い。


Aesalus hidakai Araya,Kon et Johki,1993:93-107, figs. 1-21
[Type Locality] Gunung Jasar,Cameron Highlans,Malay Peninsula

マレー半島に分布。
A.sabahensisに似るが、前胸は寸詰まりで、前ケイ節は細い。


Aesalus hidakai borneoensis (Huang,Imura et Wu,2011):97-107,figs.11,14-16,30-40 [Echinoaesalus hidakai borneoensis]
[Type Locality] Ranau,Crocker Range,Northeast Borneo,Sabah,East Malaysia

ボルネオ北部に分布。
胴体は細く、前胸は小さい。


Aesalusaesalus jaechi (Zelenka,1993):236-237,fig.1 [Echinoaesalus jaechi]
[Type Locality] N-Sulawesi,Klabat bei Airmadidi

北スラウェシに分布。
記載文の絵から判断するに、前胸の丈は長く、前ケイ節は短くて直線的。
体毛は長くてまばら。
サイズは3〜3.2o。


Aesalus matsuii Araya,1993:697-703, figs. 1-25
[Type Locality] West Malaysia,Pahang,Frasser´s Hill

マレー半島、スマトラに分布。
A.dharmaを大きくしたような種類。
前胸はやや大きく、前ケイ節は太い。


Aesalus schuhi (Zelenka,1994):57-58,Figs.1-2 [Echinoaesalus schuhi]
[Type Locality] Malaysia,Cameron Highlands

マレー半島に分布。
記載文の絵から判断するに、前胸はやや小さく、胴体はやや下膨れ。
体表に毛の束が生える。


Aesalus yongi Araya,1993:703-708, figs. 26-35
[Type Locality] Malay Peninsula,Selangor,Kuala Lumpur,Gombak Valley

マレー半島に分布。
A.dharmaに似るが、前胸は長くて胴体は短い。


Zelenkaesalus Group
3.jpg
1:A.javanus Fujita,2010より
2:A.javanus Holotype Krikken,2008より
3:A.sabahensis 記載文の絵 Zelenka,1994より
4:A.timidus 記載文の絵 Krikken,1975より

Aesalus javanus (Krikken,2008):275-284,figs.1-3,10-15 [Echinoaesalus javanus]
[Type Locality] Java,Preanger,G.Tangkoeban Prahoe

ZelenkaesalusはEchinoaesalus属の亜属にあたり、前胸に前ケイ節が入る溝があるのが特徴のようです。

ジャワに分布する。
体表の毛の束は金毛〜黒毛。胴体はやや長くて大きく、前ケイ節は細くて長い。


Aesalus sabahensis (Zelenka,1994):58-60,Figs.9-17 [Echinoaesalus sabahensis]
[Type Locality] Borneo,Sabah,East of Kota Kinabalu, Crocker Mts.,Gg. Emas

ボルネオ北部に分布。
A.hidakaiに似るが、前胸は長くて胴体は短い。前ケイ節は太い。


Aesalus timidus Krikken,1975:49-51,figs.1-8
[Type Locality] N.Sumatra:Bivouac Three/Mt. Bandahara

スマトラ、ボルネオ、マレー半島に分布。
A.sabahensisに似るが、前胸は小さく、前ケイ節は細い。


Himaloaesalus Group
4.jpg
1:A.himalaycus Holotype Fujita,2010より
2:A.saburoi Paratype Fujita,2010より
3:A.satoi Paratype Fujita,2010より
4:A.zhejiangensis Holotype Huang,Bi&Li,2009より

Aesalus himalayicus Y.Kurosawa,1985:49-51, figs. 1, 3
[Type Locality] Kalapokhri, Singalila Dara, E. Nepal

Echinoaesalusを細長くしたようなグループ。

ネパール〜北東インドに分布。
細長い体型で、前胸はやや小さく、前ケイ節は細い。


Aesalus saburoi Araya,Tanaka et Bartolozzi,1998:407-416
[Type Locality] Rain Forest,Langtang,C Nepal

ネパール中部に分布。
黒味が強く、体型はやや幅広で、前ケイ節は幅広。


Aesalus satoi Araya et Yoshitomi,2003:189-199
[Type Locality] N.E.Laos,Mt.Phu Pan

北ラオス、北ベトナムに分布。
褐色の体色でやや光沢がある。前胸は小さい。


Aesalus zhejiangensis Huang,Bi et Li, 2009:18-42,figs.1-87
[Type Locality] CHINA: Zhejiang Prov.:Longquan City, Mt. Fengyangshan

浙江省に分布。
A.himalayicusに似るが、黒色で体型は俵型。
頭部・前胸は大きい。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2605884

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのコメント

   
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサード リンク
プロフィール

tkyk4
主に大図鑑に載っていなかった種類について書いていこうかと思います。 見解の相違や同定間違いなどもあると思いますが、あたたかい目で見守ってください。
最新記事






スポンサード リンク
サイト内検索 http://fanblogs.jp/anotherstagbeetlesofworld/index1_0.rdf
分類カテゴリ
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。