広告

posted by fanblog

ルソンのジャスミンに似た不明ネブト

ジャスミンはスラウェシから1♂で記載され、
その後も追加個体の得られていない 超珍品な種類です。

ルソンからも非常によく似た個体が得られました。
ジャスミンとは歯型・体型・上翅の点刻などで簡単に区別できます。
本種はルソンの他のネブトに1頭だけ混ざっていました。


ジャスミンにしても本種にしても、
ぜんぜん採集されないということは 採集方法(生態)が他のネブトと異なるのかもしれませんね。
また、プレアンガー系統の様に 近縁種が広域で分布している可能性もあり得ます。

プレアンガー系統:西ジャワのA.preangerensis・中央スラウェシのA.masahikoi・ボルネオのA.crassicrenatus・タラウドのA.sp.・レイテのA.sp.・・・他にもいるかも
歯型や頭楯の形状など全体的な雰囲気はよく似てますがそれぞれ区別できます。



Luzon 14.5o


Aegus jasmini Araya et M.Fujioka,2007:103-106,figs.1-13
[Type Locality] Batu Ampan,Mamasa,South Sulawesi,Indonesia

Holotype 13o Araya&Fujioka,2007より

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/1886395

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのコメント

   
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサード リンク
プロフィール

tkyk4
主に大図鑑に載っていなかった種類について書いていこうかと思います。 見解の相違や同定間違いなどもあると思いますが、あたたかい目で見守ってください。
最新記事






スポンサード リンク
サイト内検索 http://fanblogs.jp/anotherstagbeetlesofworld/index1_0.rdf
分類カテゴリ
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。