広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

汚染水「水位考えると心臓とまりそう」 東電、現場訴えに無策

汚染水「水位考えると心臓とまりそう」
東電、現場訴えに無策
TV会議追加開示


朝日新聞 2012.12.1 朝刊より抜粋

東京電力は30日、福島第一原発事故の対応を巡るやりとりを記録したテレビ会議の映像記録を報道記者に追加開示した。
映像からは、高濃度放射能汚染水が海へ漏れ出す懸念が発電所から本店に伝えられていたにもかかわらず、本店側が打開策を示さず、約1週間後、海洋汚染を引き起こす過程が浮き彫りになった。

「なんかこう手をこまねいてさ。死を待ってるような感じがしてしょうがないんだけどさ」。
2011年3月30日午後6時38分、福島第一原発の吉田畠郎所長は、こう本店に訴えた。

吉田所長はさらにこの1週間ほど前から、1〜4号機のタービン建屋に水位を測るカメラの設置を訴えていた。
気にしていたのは、原子炉から漏れ出す、放射能に汚染された冷却水だった。
建屋の地下に計約10万トンがたまっていて、3月27日には建屋と海の間の坑道に漏れているのが見つかった。
水位があと数十cm上がれば坑道からあふれ出す。

吉田所長は3月30日午後8時20分からの会議では懇願した。
「水位のことを考えると心臓が止まりそうな状態なんですけれども。遠隔でちゃんと正確な水位の変動が測れる仕組みを至近に取り付けていただけるようにお願いしたい」
だが、本店の武黒一郎フエローの危機感は薄い。
「おそらく明日の段階でかなり具体的な目標設定も含めてお話をしていけるようになると思います」

取り付け工事は遅れた。
吉田所長の懸念は現実になり、4月2日午前11時ごろ本店に報告された。
2号機の取水口付近にある作業用のピット(穴)の壁に亀裂が入り、中の放射能汚染水が海に漏れ出ているのが見つかった。

「毎時1,000mSvを超えているような、非常に高い線量の水が海に流れているという最悪の状況が確認できてます」

亀裂部分に砂利をガラス状に固める薬剤を注入する作業などが試みられたが、流出が止まったのは6日早朝だった。
東電の試算では、計約520m^3の放射能汚染水が海に流れ出たとされる。
→ やはり、原発事故は人災です。とくに東電の役員は責任重大です。


開示の概要

東電が追加開示した映像は、
 1.2011年3月16日午前O時2分から3月23日午前3時26分
 2.同年3月30日午前O時31分から4月6日午前O時1分の、計335時間54分。
 1.の冒頭から約3時間分は音声がない。
視聴時の録音・録画の禁止、東電の調査報告書に載った人物以外の名前の掲載を認めないなどの取材・報道規制が、8月の第1回開示と同様にかけられている。
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。