広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

雑煮は丸餅、角餅?

西の丸餅は鏡餅の分身


雑煮が誕生したのは室町時代です。
位の高い人を迎える宴席や上流階級の婚礼のお色直しで出す格式ある酒肴でした。
味付けは唐味噌の濃い煮汁を麻袋に入れてぶら下げ、そのしずくをためた「垂れみそ」と呼ぶ調味料で、”味噌のすまし仕立て”だったのです。

元旦に雑煮を祝う記録が出てくるのは、京都の吉田神社の神職だった鈴鹿家の日記(1364年)です。
江戸時代には庶民にも広まり、年中行事を説明する「日次記事(ひなみ)」(1685年)に京都では貴賤を問わず元旦に雑煮を食べると記述されています。

京生まれ京育ちの雑煮が全国化したのは江戸中期です。
すでに餅の形や味付けに東西の違いがあり、西日本の丸餅は鏡餅の分身で昔のままの姿。
上品な白味噌の登場で上方中心に味噌仕立てが残りました。

東日本の角餅は略式です。
江戸は合理性を尊ぶ武家の町。
「垂れみそ」をつくる手間を省けるしょうゆ仕立てに進化しました。
参勤交代で全国に伝わり、西日本の多くは丸餅・すまし仕立てで京風と江戸風の折衷型です。

土地の産物と結びつき、豊かな地域色をうつしだす雑煮は、年に一度食べる食の文化遺産。
→ 日本各地の雑煮を食べ、食の文化を大切に受け継いでいきたいものです。

LFAとサンタななちゃん

名古屋駅付近のトヨタギャラリに行ってきました。
トヨタのスポーツカー
レクサスLFAが展示してありました。






メルサ前のナナちゃんもサンタバージョンになっていました。
写メを撮っているのは、おじさんばかりでした。


来秋のB−1豊川大会

豊川市で来秋、全国のまちおこし団体が集い、ご当地グルメで地元をアピールする「B−1グランプリ」が開かれます。
今年の北九州大会は二日間で61万人が訪れたというビッグイベントです。

豊川市だけでなく、東三河の各自治体が主体的に参加し、地域全体の活性化につながるのを目的としているとのこと。
期待しています。
出来れば、愛知県のB級グルメがグランプリ獲得することを祈っています。

「豊川いなり寿司」は昨年9月の大会で6位、今回は11以下。
本拠地で、グランプリは獲れるのだろうか?


B−1は2006六年に青森県八戸市で始まり、1.7万人が来場しました。
その後、知名度がぐんぐん上がり、兵庫県姫路市で開かれた昨年は、来場者が50万人を突破しました。

豊川市では、有志が参加するボランティア団体「いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」が活動しています。
基準を満たしてB−1に2010年から参加し、全国大会の誘致も成功しました。

豊川大会は来年11月9、10日に開催されます。
出展団体だけで2,000〜4,000人が訪れて2、3泊することが見込まれ、豊川だけでは宿が足りない状態です。
豊橋、田原、蒲郡、新城などへの宿泊も見込まれるので、周辺都市との連携が不可欠となります。

東三河は歴史、文化、食など幅広い特色があります。
B−1を通じて情報発信し、まずは観光面の成果を期待したい。

Vivienneとコラボしたスマホゲット

”NTTドコモは11月28日、人気ファッションブランドVivienne Westwoodとコラボレートしたシャープ製のAndroidスマートフォン「SH-01E Vivienne Westwood」の事前予約を11月30日に開始すると発表した。販売数は限定3万台。”



上記の記事をネットで見つけたゴメままとゴメちゃんは、SH-01E Vivienne Westwoodを早速予約しました。
開店1時間前から並んで、2台をゲットしました。
その店の予約台数は7台でしたので、2台も予約できてラッキーと思っていました。

でも、昨日、ゴメちゃんがビビアン大好きの友達にメールしたところ、その友達もゲットできたとのことでした。

あまり、人気がない商品なのでしょうか?
それとも、あまり宣伝を大々的に行っていなかったので、知らない人が多かったのでしょうか?
販売台数が多すぎる?

何れにせよまだこの商品は残っている可能性が大とのことかな........

デコレーション ハウス

毎年、カー商品販売の自動後進の家が、イルミネーションで飾れられていました。
今年も、超豪華なイルミネーションが施され、綺麗な家になっています。
クリスマス一色です。

ここら辺では、有名な家です。
これだけ、綺麗なイルミネーションの家は少なく、日本一、二を争うほどではないでしょうか?




晩秋のテレビ塔

先日、名古屋の栄に出かけたときに撮影したテレビ塔です。
青空と晩秋のテレビ塔がマッチしていると思います。



↑ 噴水からのTV塔



↑ 紅葉とTV塔



↑ セントラルパークからのTV塔

LEAFのパトカー仕様

先日、栄のニッサンギャラリーを訪れました。

踊る大走査線 The Finalに登場していた、NISSAN LEAFのパトカーが展示してありました。


内装は市販車そのままで、パトカー仕様にはなっていませんでした。
外観だけパトカー仕様です。
少し残念です。




スリーアミーゴス(踊る大捜査線シリーズに登場する湾岸警察署幹部の三人組)
の制服が展示してありました。
織田裕二のコートが展示されていれば良かった。


名古屋にやっぱり活断層?

名古屋にやっぱり活断層?
中心部に2本、10年前にも指摘


朝日新聞 2012.11.07 朝刊より抜粋

名古屋市中心部の地中を2本の活断層が貫いているかもしれない・・・・。
10年前に指摘された学説を裏付ける新たな解析結果を、名古厖大と広島大の研究チームがまとめた。
16日から京都大学で開かれる日本活断層学会で発表する。



活断層と指摘したのは、名古屋城をはさんで東側と西側に、南北方向に平行にのびる2本の断層。
長さはそれぞれ約10kmで、JR中央線や名古屋高速を含む市街地を横切っていた。
→ 怖いです。活断層が動いたら、どれだけの大きな損害が生じるのか?

解析には航空写真と、建物などを取り除いた地上の状態を見ることができる、国土地理院の航空レーザー測量のデータを使った。
標高差などを判読した結果、地形の変形が海や川などの浸食によるものではなく、「地震活動による可能性が濃厚」と判断したという。
縄文時代にあたる6千年前以降に1回以上地震を起こしているとみられる。
→ 6千年前以降に1回という確率は、もうそろそろ動く可能性があるのだろうか?

名古屋市街地に活断層があるかもしれないことは、2002年に出版された「活断層詳細デジタルマップ」でも指摘され、「推定活断層」として2本の線が記されている。

解析した名大の杉戸信彦研究員は「マグニチュード7級以上の地震を引き起こす可能性が十分にある。
活断層の真上にインフラなどがあると重大な影響を受ける恐れがあり、備えが必要」と話す。

今回の指摘を受け、名古屋市の河村たかし市長は「調査して、しかるべき報告をしたい。災害対策本部の議題にも上げたい」と話した。

自動車2税の廃止要求

自動車2税の廃止要求
業界労使「消費増税までに」


朝日新聞 2012.10.30 朝刊より抜粋

自動車にかかる税金を軽くするよう求めている自動車業界の労使らが29日、東京都内で記者会見し、「自動車取得税と自動車重量税を消費税の引き上げまでに確実に廃止すべきだ」と訴えた。
両税の取り扱いは2013年度の税制改正論議の焦点の一つ。
年末に向け政府への要望を強めるが、協議は難航しそうだ。

車の購入時には自動車取得税のほかに消費税、保有には自動車重量税のほかに自動車税もかかり、それぞれ二重課税になっている。
日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は会見で「車への税負担は米国の約50倍」と国際的にも突出して重い負担だと強調。
労使は政府と与野党に2税廃止の要望書を提出した。



焦点となる自動車取得税は、50万円を超える自家用車を買ったときにかかる地方税。
自動車重量税は自家用車の購入時と車検時にかかる国税。
2税はもともと道路をつくるためだけに集める道路特定財源だったが、2009年に一般財源化された。
業界は「課税の根拠がなくなった。廃止は当然」と主張する。
→ 二重増税は絶対にやめてほしい
 一般財源化されたときに廃止されるべきだった。

長引く円高で輸出採算の悪化に苦しむ自動車業界は、国内販売を増やして国内生産を維持できるように、車への税負担を軽くしてほしいとかねて求めてきた。
メーカーの労使や関係業界が共同で会見を関くのも昨秋に続いて2度目だが、自工会幹部は「今年の年末こそ勝負をかける」。
前年を上回る意気込みは、消費増税への危機感の裏返しでもある。

消費税率が3%から5%に引き上げられた1997年度の国内新車販売台数(軽自動車を台む)は628万台と、前年度を101万台下回る大砺波となった。
国内市場はその後縮小傾向が続き、リーマン・ショックのあった08年度以降、4年連続で500万台を割り込んでいる。
記者会見でホンダの伊東孝紳社長は「消一費税が10%に上がれば、国一内販売は年400万台を割り込み、生産や雇用に深刻な影響を及ぼしかねない」と話し、自動車各社に共通する危機感を代弁した。

自治体、財源減を警戒
大村秀章・愛知県知事ら8県の知事は29日、2税廃止を求める緊急声明を連名で発表した。
8県にはいずれも自動車の工場があり、業界と歩調をあわせやすい共通点がある。

ただ、基幹税を奪われることを警戒する地方の反発も大きい。
地方財政審議会(総務相の諮問機関)は22日、2税廃止を「不適当」とする意見書を樽床伸二総務相に提出。
消費増税の負担軽減策としての廃止論にクギを刺した。
双方の綱引きは加速している。

消費増税法は2税について「簡素化、負担の軽減、グリーン化の観点から見直しを行う」と明記。
民主、自民、公明3党は6月に「消費税率の8%への引き上げ時までに結論を得る」ことで合意した。
経済産業省も2税廃止を要望している。
→賛成です。

自工会によると、今年度は自動車重量税で約7千億円、自動車取得税は約2千億円の税収が見込まれる。
貴重な財源を手放したくない財務省の反発は必至だ。
→ 財務省は消費税をUPさせることができるのだから、自動車税を撤廃するか、減税を考えて欲しい。

臨時国会の冒頭から与野党の対立が激化し、政局は混迷。
落ち着いて税制改正論議を進める環境にないことも、先行きの不透明感を増している。
「たとえば二酸化炭素(Co2)の排出量に応じて税金をかけるなど、代替財源がなければ2税の見直しは難しい」(自動車アナリスト)との見方も出ている。
→消費税をUPさせる以上、二重税の減税を図るべきです。
公平な税収を政府にはお願いしたいです。






新そば、開田高原

先日、長野県の開田高原に新そばを食べにドライブしてきました。

紅葉が非常にきれいでした。



新蕎麦を食べに「まつば」を訪れました。
開田高原では、ここが一番美味しいと思います。

店内に入ると、全てのテーブルが常に埋まっている状態で、結構繁盛してました。
名古屋近郊の人たちが多く(車やバイクのナンバープレートより判断)、30分待ちでした。

シンプルにざるそばを頂きました。
ずずずっと一気に。
そば湯が濃いので、そば湯好きには嬉しく、美味しく頂きました。



店の窓から観る御岳が素晴らしく、キレイでした。



そばを美味しく頂いた後、木曽馬の里へ。
木曽馬が十数頭がおり、愛らしかったです。



牧場の隣には、ブルーベリーが鮮やかに紅葉していました。



    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。