広告

posted by fanblog

またまた、放射性物質拡散予測を訂正

放射性物質拡散予測を訂正
原子力規制委 浜岡・敦賀・美浜も


朝日新聞 2012.12.21 朝刊より抜粋

各地の原発で重大事故が起きた場合に放射性物質がどう広がるかを示す予測図について、原子力規制委員会はこのほど、訂正版を公表した。
10月24日に初公表後、気象データの入力ミスなどが相次いで発覚し、地図に誤りが見つかっていた。

予測図は、その地点にとどまった場合に、1週間で100mSv被曝する原発からの最大距離を16方位で示している。



浜岡原発(静岡県御前崎市)については、16方位のうち5方位で訂正した。
修正価が最も大きかったのは北東で、原発からの距離が12.2kmから13.1kmへ広がった。
規制委によると、被曝線量が100mSvに達する距離の最大は東方向の30.9kmで、修正はなかった。
このほか陸側では西北西が15.5kmから16.9kmヘ9.7km、西が26.6kmから26.7kmへ0.1kmそれぞれ拡大した。

敦賀原発(福井県敦賀市)については、16方位のうち11方位で訂正した。
修正幅の最大は東方向で、10.7kmから8.1kmヘ2.6km縮小した。
規制委によると、被曝線量が100mSvに達する距離の最大は南南東で、19.9kmから20.0kmへ0.1km広がった。
このほか北北東が3.7kmから6.1kmへ2.4km広がるなど計9方位で拡大した。



美浜原発(福井県美浜町)については、16方位のうち12方位で訂正した。
修正幅が最も大きかったのは西南西方向で、3.1kmから4.6kmへ1.5km広がった。
規制委によると、被曝線量が100mSvに達する距離の陸側の最大は、南18.2kmから南東18.6kmへ0.4km長くなった。
予測計算の際、毎時20mmの降雨量をゼロとして入力したミスなどが訂正の原因だった。

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。