<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリーアーカイブ
あ行(7)
か行(13)
さ行(7)
た行(7)
な行(3)
は行(3)
ま行(1)
ら行(2)
わ行(1)
検索
ファン
最新コメント

2019年08月15日

「Charlotte」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


思春期の少年少女のごく一部で、特殊能力が発症していた。
その能力は個々に違い不完全な能力もあった。
特殊能力は思春期が終わる頃自然になくなる。

主人公の乙坂有宇は、5秒間だけ他人に乗り移れる能力があり、その能力を利用し進学校に入学する。
その後も能力を利用し、成績1位、学校のアイドル的少女といい感じの雰囲気になるのだが・・・

ある日乙坂の元に、他校の生徒会長有利奈緒高城丈士郎がやってくる。
2人が通う学校は能力者達が保護されている学校で、警備もしっかりしている隣接したマンションにも住めるという。
有利は5秒間だけ他人に乗り移れる乙坂の能力は役に立つから、生徒会に入り協力するようにと言われ、いやいや転校することになる。

有利達は能力者を見つけ出し、保護したり今後能力を使わないよう説得する活動をしている。
むやみに能力を使い研究者達に見つかると、実験台にされてしまうからだ。

危険な目に遭いながらもそんな毎日を送っていた有利達だが、ある日、乙坂の妹乙坂歩未も特殊能力があることが分かった。歩未の能力は破壊という恐ろしいものであった。嫌な予感がした乙坂達は歩未を守ろうとするが、歩未は命を落としてしまう・・・

乙坂は堕落した生活を送っていたが、有利に救われある思いに気づき始める・・・

ある事をきっかけにに失われていた乙坂の記憶が一気に戻り、記憶から存在自体を消されていた兄と再開し、自分の本当の特殊能力も思い出す。本当の特殊能力は、他人の能力を自分の物にできるという最強のものだった・・・

そして、乙坂の運命は一気に悲しく切ないものへと変わっていく・・・


感想


乙坂の妹が亡くなるまでは、結構楽しい場面が多く、明るい感じで進んでいった。
あらすじの方では省いたが、人気急上昇中のアイドル、西森柚咲も特殊能力をもっていて、転校してくることになり生徒会に入るのだが、高城が大ファンで、アイドル親衛隊みたいな行動がかなり面白くいい味を出していて面白かった

終わりの方に向けては、明るかった初めの方とは違いだんだん悲しいものになっていく。
乙坂の選んだ道があまりにも辛いもので、本当に切なかった。

物語の初めの方だけを観ていると、この展開は想像できなかった。

最初と最後では、乙坂の性格がだいぶ変わったように思う。
辛い経験をたくさんしたせいだろう・・・


2019年08月11日

「はたらく細胞」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


人の細胞の数は、およそ37兆個。
体内の細胞達を擬人化させた物語。

まだまだ半人前の赤血球は、酸素や二酸化炭素を運ぶのがお仕事。
ある日雑菌に襲われている所、白血球に助けられ知り合いになる。
その後も何度か雑菌に襲われたり、方向音痴でなかなか目的地に辿り着けない赤血球を、優しく見守り続ける白血球

この2人を中心とした、色々な細胞達の物語。


感想


体内細胞の1つ1つがどういう働きをしているのか解りやすいうえに、物語の作り方が上手にできていると思うので、かなり面白かった

私自身、知らぬ間によく怪我をするのだが、怪我をした時も風邪をひいた時も、

あぁ、今あの細胞がああいう風に頑張っているんだから私も頑張ろう・・・

っと思うようになりました。

赤血球はドジでよく道に迷っているけれど、前向きで常に努力しているキャラクターです。

大人も子供も良い勉強になると思うので、親子で楽しく鑑賞できるアニメかと思います


2019年08月09日

「うたわれるもの 偽りの仮面」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


雪山彷徨っていた青年は記憶喪失であった。
巨大な蟲に襲われているところをクオンに助けられ、行動を共にすることになる。
クオンは青年にハクと名付け、無気力で楽ばかりしようとするハクに仕事をさせようとする。
そんな時、後に友人となるウコンと出会い気に入られる。

その後ウコンの仕事の手伝いをするようになり、どんどん親しくなっていき、ピンチの時にはどうにかしてしまうハクに絶対的な信頼を寄せていく。

ハクには不思議な魅力があるようで、知らぬ間にたくさんの仲間が増えていく。

賑やかな二日々が続いていたが、その後ハク達は必然的に戦いに巻き込まれていき・・・


感想


元はゲームのようで前作もあるようだが、この物語から見ても全然大丈夫。

国を治めているミカドハク以外には、耳や尻尾があることや、ミカドハクの驚きの関係、
最後に待っているウコンハクの運命・・・

ハクの毎日は、賑やかでおちゃらけていた感じで進んでいただけに、最後は泣けるのなんのって・・・

何度観ても泣けます

是非是非観て欲しい。

そして続きをアニメ化して欲しい。
ただただそれだけです

2019年08月07日

【劇場版】「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか ーオリオンの矢ー」

簡単なあらすじ



ベル達は、都市を賑わす神月祭りを楽しんでいる中、行事の一環として行われていた槍抜きに挑戦する。

アイズが挑戦するものの全く抜く事ができない。
ベルの順番がまわってきた。
ベルはその槍を簡単に抜いてしまう。

その槍は選ばれし者にしか抜けない伝説の槍だった。
そこへ女神アルテミスがやってくる。
この行事のスポンサーはヘスティア(神様)の友達でもあるアルテミスだった。

アルテミスには深刻な事情があり、その依頼を神様は友達の頼みだからと快く引き受けた。

そこから今回の冒険が始まるが、ベルにとって今回の依頼は、結果的に辛いものとなった。


感想


アルテミス神様と違い、戦いに長けているようだったので、戦闘シーンは格好よかった
ベルとはいい雰囲気だったけど、最後はベルにとって辛い終わり方だったので、泣きそうになりました。

女の子は守りたい、約束は守りたいと、常に思っているベルは、やはり優しく強くいい子です

最後は純粋に強くなりたいと願うベルでした。

力の強さは使う人によって変わると思うので、力の強さを求める人は、心の強さと本当の優しさを知る必要があるんですね・・・

【ダンまち 外伝】「ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか」と同じ時間の流れだが、剣姫アイズ・ヴァレンシュタイン視点のお話。

同じロキ・ファミリアのアイズに憧れ、アイズの事が大好きなレフィーヤ・ウィリディスの成長や、普段ポーカーフェイスのアイズの思いなどがわかる。


感想


アイズを始めロキファミリアの仲間も、ベルの成長ぶりに感化されている様子がわかるので面白い。
ベルの成長ぶりを目の当たりにして、アイズも自分の成長の事について悩んでいたりする。

ベル視点の裏側はこうなっていたのかぁってわかるので面白かった。

ただ、ベルヘスティア(神様)が大好きな私にとっては、2人がほとんど出てこないので物足りなく感じてしまった

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか OVA」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか」最終話直後のお話。

ダンジョンの階層主に潜む強敵との戦いを終えたベル達は、まだ開拓されていなかった場所を偶然見つける。
そこには温泉があり休憩をとることにし、温泉を満喫していたのだが・・・


感想


息抜きのようなお話だった。

何故か水着が用意されていて、個々に個性的な水着に着替えているがダンジョン内なので、やはり敵が出てきてベルが1人で倒す。あの強敵直後の戦いなので、ベルがだいぶたくましくなったように思う。

2019年08月05日

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか」簡単なあらすじと感想』


簡単なあらすじ


主人公のベル・クラネル(ベル)は、英雄譚のような異性との運命の出会いに憧れ、ダンジョン中心に栄える都市、オラリオにやってきます。
冒険者になる為には、暇つぶしに天界から降りてきた神様の恩恵(戦う力)を授からないと冒険者になれません。
個々の神が率いるファミリアに入り、神の眷属になる為にたくさんのファミリアをまわりますが、全て断られてしまいます。そんな時、女神ヘスティア(神様)に声を掛けられ2人だけのファミリアをつくります。

新米冒険者となり、1人でダンジョンに入っていたベルは、レベルの高い魔獣に襲われ、大ピンチになります。そこへ剣姫と呼ばれているアイズ・ヴァレンシュタイン(アイズ)に助けられ、アイズに強い憧れを持ちます。(憧れる反面、女の子に助けられた事を情けなく思います)

それからのベルは、アイズみたいになりたいと純粋に思い、著しい成長をとげて行くのです。
そんな中、一緒にパーティーを組む事になるリリルカ・アーデ(リリ)や、ヴェルフ・クロッゾ(ヴェルフ)と出会い、同じファミリアではないものの、一緒に冒険に出るようになっていきます。

このアニメは、英雄に憧れ、お世話になっている神様の為にも強くなりたいと、純粋に願う冒険者のお話のようです。


感想


アニメの題名を見た時には、あまり印象が良くなかったのですが、(ダンジョンに出会いを求めるって・・・ 変なアニメ?っと思ってしまったのです)
それが、なんとなく観初めたら面白い なんといっても神様ベルを大好き過ぎて、やきもちが凄いのなんのって・・・
でも、まったく嫌な感じではなく、むしろオープン過ぎて可愛いくて可愛くてたまりません

神様ベルの事を思いやり行動し、励まし勇気づけ、ベル神様の事をとっても大事に思っていて、観ていてあたたかい気持ちになれます。

リリとも仲間になった訳だけど、ベルは騙されたり、神様がプレゼントしてくれた大切な短剣を取られてしまった訳だけど、何のわだかまりもなく仲間に迎え入れた。
本当の優しさとか強さってこういうのなんだろうなぁって思う

私みたいに思った方もいるかもしれないが、出会いを求めまくっているだけのようなアニメではない。
出会いといっても変な出会いではない。

内容も濃くてとてもいいアニメだった

2019年08月04日

「君に届け 2ND SEASON」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


前回シーズンの終わりでは、恋人同士の様に見える程、いい感じになっていた爽子風早だけど、1年生の終わりのバレンタインくらいから、気まずい方向へ進んでいく。
爽子風早に対して欲が出てきた事を自覚し始めたから、どんな態度をとっていいのかわからなくなってしまったようだ。

2年生になり、みんな同じクラスになれたものの、新しくクラスメイトになった三浦健人(けんと)にちょっかいを出され、爽子風早はますます気まずい方向へ進んでいくが・・・


感想


こじれまくりだったけど、爽子風早もみんなに助けられ、最後はハッピーエンドになって良かった
君に届けは4回くらい観たのだけれど、観る回数を重ねる程、爽子にイラッとしてきてしまった私・・・
引け目を感じ過ぎていて・・・
それはわかるわかるけれども、
変な所で風早に対してだけは、風早の言葉を素直に受け止められていなく、あまりにも風早が気の毒で・・・

二人の色は傍から見たらあまりにも違うし、仲の良い友達以外のクラスメイトもそう思っている。
それをずっと感じてきたのだから仕方ないのかもしれないけれど・・・

ともかく、最後の方でやっとお互いの思いはすれ違う事なく、ハッピーエンドで終わったので良かった良かった

どんな恋愛にも第3者が入ると、ろくな事になりませんね・・・

個人的には風早よりの方が好きです

素敵で楽しくて切ないアニメでした

2019年08月03日

「君に届け」簡単なあらすじと感想


簡単あらすじ


陰気な容姿が原因で、霊感があると勘違いされ、貞子とあだ名を付けられ、周囲に恐れられている黒沼爽子と、誰とでも分け隔てなく接し、常に友達に囲まれ、女の子にモテモテの風早翔太との、ハラハラドキドキのラブストーリー。

肝試しをする事になり、風早翔太や、その後仲良しになる矢野あやね(やのちん)吉田千鶴(ちづ)と接点を持ち始める。

少しでも人の役にたちたいと願う爽子は、やのちんちづが冗談で進めた、お化け役を自ら進んで引き受ける・・・

その後クラスの席替えがあり、番号くじを引いて席を決める事になったが、隣になると呪われる・・・っと、爽子の席の周辺になる事を、クラスメイトがためらっている中、風早爽子の隣の人に番号を交換してと伝え、爽子の隣に座った。
爽子の近くにやのちんちづも座り、それを機にどんどん距離が縮んでゆく。

爽子の後ろに座った真田龍は、風早ちづと同じ中学校出身で幼馴染でもある。
爽子風早やのちんちづと一緒に過ごす事で、いままで1人でいる事が当たり前で、それに慣れ切っていた爽子だったが、普通の人には当たり前の出来事を経験し始め、喜んだり、頑張ったり、戸惑ったりしながら日々を過ごしていく。

やのちんちづの協力の元、どんどん風早との距離も縮まっていく。


感想


このアニメを観ると高校生活をやり直したくなる

爽子は、何にも染まってなく真っ白といった感じでだ。
心がとてもピュアで、常にみんなの役にたちたいと考えているとても良い子だが、友達経験もなく、もちろん恋愛経験もなく、人に避けられる事、1人で居る事に慣れすぎてしまっているようなので、かなり鈍感な所がある。けれど裏表なく、素直に真っ直ぐに立ち向かっていく強さは持っているようなのでちょっと羨ましい。

爽子の幸運は、やのちんちづと友達になれた事にあると思う。
この2人がポイントだろうなぁっと思う。

風早は初めから爽子の事が気になり、好きだったようなので、身近にいる友達にはすぐに知られる。
爽子自身は自分の気持ちに気付くまでに少し時間がかかる。
自分が頑張れて、みんなと仲良くなれたのは風早のおかげで、誰とでも仲良くできる風早に憧れ、尊敬していると思っていたからだ。

風早のやきもちが、見ていてかわいいというか初々しい
あんなタイプの男の子が高校時代にいたかと考えてしまった・・・

主な登場人物全員に好感がもてるし、個性的だし、
風早の真っ直ぐさが見ていてとても良いです

プロフィール
アニメおばさんさんの画像
アニメおばさん
アニメが好きで暇さえあれば観てしまいます。 はまったアニメは何回でも観てしまうし、同じシーンで泣きます。 何でも観ますが、スポーツとロボット・メカ系は少し苦手です。
プロフィール
こちらで観てます。※現在配信終了作品があるかもしれません。 アニメ観るなら<U-NEXT> ≪アニメ・ゲーム・キャラクターグッズ専門店≫ あなたの好きなアニメ・漫画・ゲームのコラボグッズがみつかる!AMNIBUS 予約限定フィギュアを手に入れよう!F:NEX(フェネクス) キャラ&ホビー格安あみあみ キャラクターグッズが豊富! エンスカイショップ ペアアクセサリー・シルバーアクセサリー『white clover』