<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
あ行(7)
か行(13)
さ行(7)
た行(7)
な行(3)
は行(3)
ま行(1)
ら行(2)
わ行(1)
検索
ファン
最新コメント

2019年05月27日

「ジョーカー・ゲーム」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


世界大戦の火種がくすぶる昭和12年秋、帝国陸軍結城中佐により、極秘裏に設立されたスパイ養成部門、D機関。
ありとあらゆる訓練を受け、人を殺すな、自ら死ぬなと教えられ、世界へ旅立っていく。



感想


スパイ個々の物語を、1話から順に観ていく感じに作られている。
味方を欺いたり敵の裏をかいたりおもしろいが、全体的に静かな感じで物語が作られている。
最後の方はD機関を設立させた結城の正体に迫る部分もあるが、さすがD機関の頭。
若い頃から先を読み色々と仕込んでいたようだ。
そういったような頭脳戦がとても面白かった

「グランクレスト戦記」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


混沌が支配する大陸アトラタンは災害を鎮める力、聖印を持つ君主が人々を守ってきたが、いつしか君主同士の争いが繰り返されるようになっていた。
そんな中、魔術師シルーカと、平民出身の騎士テオは出会う。
主従の契約を結び、そこからテオの運命が大きく変わり、大陸に変革をもたらしていく。


感想


全24話あるが、もっと長くした方が良かった気がする。
テオシルーカと出会ってからの変化があまりにも早く、雑な描かれ方な気がする。
ほとんどシルーカの言いなり、シルーカの人形にしかみえなかった。
テオシルーカを信頼しているのはわかるけど、なんだかな〜・・・

テオに主従していく者がすぐに現れてくるが、戦いに負けたからといって、テオの何処にそまで惹かれていき、忠実に仕えて行くのかが最後まで理解できなかった。

テオの人間性があまり詳しく描かれてない気がする。

もっと丁寧に描かれていればすごく面白いんじゃないかと思った。

「魔弾の王と戦姫」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


若き領主ティグルヴルムド・ヴォルン(ティグル)は、国王の命令により隣国との戦争に出向いた。
そこで敵の大将、七戦姫の一人エレオノーラ・ヴィルターリアと出会い、捕虜にされてしまう。
弓使いに長けているティグルはとても気に入られる。
そんな中、ティグルの領土が狙われているという一報を受け、エレオノーラ・ヴィルターリアの力を借り救助に向う。
そこからティグルの戦いが始まる。


感想


弓使いが主役というのが新鮮で面白かった。
ティグルの人柄もよく、観ていると周りの者に慕われていく理由がわかるような気がする。
弓だからといって、戦闘シーンが地味ではない。
なかなか迫力があったと思う。

戦姫と呼ばれる者達は、武器が人を選ぶらしい。
そういった設定もなかなか面白いと思った。

最後はティグルがいずれ国の王になるのかもといった感じで終わりました

続きがあるのならアニメで観たい

2019年05月22日

「ゼロから始める魔法の書」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


魔女の力を高める為に半人半獣の傭兵は首を狙われていた。その時にゼロと名乗る魔女に出会う。
魔女狩りが横行していた為、傭兵は人間の姿にしてもらう事を条件に、ゼロの護衛を引き受けた。
使い方次第では、世界を滅ぼしかねない『魔法書』を何物かに盗まれ、それを探す旅の途中だという。


感想


ゼロ傭兵のやりとりが、あまりにも可愛らしく暖かみがあったので、私の気持ちまでほっこりとなった。
魔女が大嫌いだった傭兵ゼロの信頼関係が強くなっていく過程で、ゼロの優しさ、傭兵の優しさが所々で見えてとても良かった。

ゼロが、何故ゼロと呼ばれているのかも、話の後半でわかる。

面白かった

「好きっていいなよ。」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


人間関係全般が苦手な主人公橘めいが、
学校一のモテ男、黒沢大和に怪我をさせた事で急接近する。
この出会いが、いつも1人でいためいの人間関係を少しずつ変えていく。
めいを気に入った大和と、大和を好きになっためいは恋人同士になるが、それを面白く思わない連中から色々と嫌がらせを受けたりする。
橘めい黒沢大和のラブストーリー。


感想


いつも1人でいためいが、常に仲間に囲まれている大和と関りを持ち始めた事で、戸惑いながらも少しずつ他人と関わりをもっていく姿が、かわいらしく応援したくなった。
めい大和はお互い一途で、恋愛初心者なので分からないことも多く、無神経な行動で傷つけ合ってしまう。
めいが独りで背負い込んでしまう場面は、観ていてとても切なかった。
恋愛をすれば自分でも気付かぬうちに相手を苦しめたり、嫉妬してしまったり、よく分からない感情も芽生えてしまったりするもの。その部分がよく分かるアニメだった。

2019年05月15日

「ロミオ×ジュリエット」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


シェイクスピアの名作を大胆にアレンジしたアニメ。
空中浮遊都市ネオ・ヴェローナで、モンタギューが反乱を起こし、キャピレット一族を虐殺して以来圧政を敷いていた。
ある日キャピレット一族のジュリエットと、モンタギューの跡継ロミオが出会い、恋に落ちてしまう。

小さい頃から身を隠す為男の子の格好をし、守れながら育ってきたジュリエットは、16歳になると全ての事実を知り、政権を取り戻そうとしている仲間達の思いと、親を虐殺されたモンタギューの息子、ロミオへの思いの間で気持ちが揺れながらも、少しずつ、力強く、前へ進んで行く。

ロミオジュリエットが障害を乗り越えながら、愛し合い、思い合い、成長して行くお話。



感想


ロミオがあの親の息子と思えないくらい良い青年で大好きになった
ジュリエットに関しては、物語の中盤くらいまであまり好きではなかったが、迷いがなくなってからのジュリエットは格好良かった。
2人の思いの強さに比例して、2人が強くなっていく成長がとてもよく表現されていたように思う。
人を愛し思いやる心が、こんなにも人を強くするんだなぁって、改めて考えさせられた。

最後、ロミオジュリエットを救う為、ジュリエットロミオとの約束を守る為、都市、みんなを救う為に自ら死を選ぶ。
感動のあまり涙が止まらなかった

また、最後に流れる唄が感動をさらに盛り上げてくれたように思う。

2019年05月13日

「赤髪の白雪姫 2ndシーズン」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


白雪は連れ去られたりし、更にトラブルに巻き込まれていく。
白雪の父親がこのシーズンで登場する。


感想


ゼンゼンの周りにいる人達はいい人達ばかり。
白雪も嫌いではないのだけれど、こういう世界感で考えてみると、白雪の性格というのは、良くいえば誰にでも平等だけれど、悪くいえば神経が図太い礼儀知らずになるのではないかと思ってしまう。

白雪が父親に再開した時のあっけなさといったら、白雪の性格上どうなのだろうかっと思ってしまった。

話は面白かったけれど、身分がある時代の設定であるにもかかわらず、白雪の誰でも友達みたいな態度、それを許す周りには少し違和感があった。




「赤髪の白雪姫」簡単なあらすじと感想


簡単なあらすじ


林檎のような赤髪の少女白雪
珍しい赤髪を気に入ったラジ王国の王子に愛妾にされかかり、生まれ育った国を出ることにする。
隣国の森に辿り着き、そこでクラリネス王国の第二王子ゼンと出会う。
2人の成長とラブストーリー。


感想


もともと薬剤師をしていた白雪だったが、ゼンと出会った事で宮廷薬剤師を目指し始める。
勉強熱心で、前向きな白雪を見ていると気持ちがいい。
白雪ゼンがお互いを思いやり、助け合っている所がとてもいい!と思う。

プロフィール
アニメおばさんさんの画像
アニメおばさん
アニメが好きで暇さえあれば観てしまいます。 はまったアニメは何回でも観てしまうし、同じシーンで泣きます。 何でも観ますが、スポーツとロボット・メカ系は少し苦手です。
プロフィール
こちらで観てます。※現在配信終了作品があるかもしれません。 アニメ観るなら<U-NEXT> ≪アニメ・ゲーム・キャラクターグッズ専門店≫ あなたの好きなアニメ・漫画・ゲームのコラボグッズがみつかる!AMNIBUS 予約限定フィギュアを手に入れよう!F:NEX(フェネクス) キャラ&ホビー格安あみあみ キャラクターグッズが豊富! エンスカイショップ ペアアクセサリー・シルバーアクセサリー『white clover』