2020年08月01日

#4「チーム結成!」バキ 大擂台賽編

司会「強さとは力だ、
強さとは筋力だいうつもりか!
これ見よがしの逆三角形!
中国武術の技術に対しての
明確なアンチテーゼだ!」


この辺りがオリバのピークになってしまうのがね。
刃牙の噛ませにされるわ、自慢の筋力も勇次郎には敵わないわ。
武蔵には遠目からビビりまくって、宿禰には肋骨全壊の大敗北…



新装版 バキ コミック 全18巻セット




陳海王「気、拳、地。
以上3つの融合をもって三合拳。
環境利用と今風にいうとわかりやすいか?」


地の力を利用するというのは
「範馬刃牙」のゲバルに通じるものがあるか。
相手にはほぼまったく通用しなかった点も含めて。
環境利用闘法という点ではガイアがいるし。




烈「日本には花山薫という若きギャングがいる。
束ねたトランプの一部を引き千切るという
凄まじい握技の持ち主だ」


現在連載中の原作「バキ道」で花山登場。
力士相手にどう立ち回るのか見ものだ。
いちおう。とりあえずは。




烈「海王のレベルも落ちたものだ」

バキの作者も落ちたものだ。
といわれても仕方ないですよ。




烈「条件は…
我が中国連合軍の全勝を約束しよう!」


烈の妄言っぷりはもはや可愛くさえ思える。
どうして死んじゃったかな。




烈「老師。
我が拳技の世界で最長老である
あなたの権限は絶対です。
しかし、今のあなたは最低です!」

郭「ええよ、それで」


バキの作者としての板垣先生の権力は絶対です。
しかし、今のあなたは最低です!
と言ったら板垣氏も郭海皇のように開き直るんだろうか。

同じく開き直ってファンを度外視して作者自ら原作破壊したのがドラゴンボール超。
反対に、開き直らずに反省してファンが喜ぶ作品となったのがキン肉マン。
その差はどこから生まれてくるのやら。
どうしてこうなった刃牙にDB。




勇次郎「Mr.不可拘束(ミスターアンチェイン)。
どっちが本物なんだ?」


どちらかというとバキ作者がもう
どうにも止まらないアンチェインかも…



スポンサード リンク


posted by 偉言者Ω at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | バキ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10066479

この記事へのトラックバック
プロフィール
偉言者Ωさんの画像
偉言者Ω
日曜朝とかジャンプ系とかレベルファイブとか。ぷくぷくぷく・・・
プロフィール
ファン
 ブログ内検索



カテゴリアーカイブ
最新記事


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村




RDF Site Summary
RSS 2.0
 相互リンク/RSS


こいさんのアニメーションレビュー(感想)
星屑の流星群
MAGI☆の日記
新・00をひとりごつ


 遊戯王


遊戯王ZEXALナンバーズ一覧


 ゲーム攻略・感想


名探偵コナン マリオネット交響曲
名探偵コナン ファントム狂詩曲
逆転裁判5
逆転裁判6
大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-